大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

音は「楽器」じゃなくって、「人」が出すものなのです。

   

かつて、ドラムの神様と言われたスティーヴ・ガッドが来日した際のお話です。
 

ふらりとスタジオに入ってきたガッドは、
その場にあった、ごくごく普通のドラムセットを、
ちゃっちゃっちゃと、チューニングし、いきなり叩きはじめたそうです。

 

「その音は、まさに、ガッドの音だったんだよね」
とは、その場に居合わせたというミュージシャンのお言葉。

 

弘法筆を選ばずとはよく言ったもの。
 

そういえば、ふと回りを見回してみても、
名人と言われるプレイヤーたちは、
どんな楽器を弾いたって、叩いたって、
やっぱりその人の音になる。

 

実は我が家にも、
まぁ、いろんなギターがあるわけですが。
 

うちのジェフ夫さんも、一時期、
さまざまな種類のギターを集めては弾いていた時期があります。
 

彼の定番のストラト、レスポール、テレキャスは言うにおよばず、
フライイングV、アンペグのアクリルギター、ファイアーバード、
カジノ、セミアコ・・・etc.etc…
 

ギターは、ギア好き&収集癖のBoys心をかき立てる、
最高のグッズのひとつでしょう。
 

そして、ライブになると、手に入れたギターたちを、
嬉しそうに並べて、とっかえひっかえプレイする。。。
 
そういうの、やってみたいわけです。

 

 

もちろん、本人的には、
この曲をやるなら、あのギターじゃなくちゃとか、
この時代のサウンドは、このギターじゃなくちゃという、
こだわりがあるわけですが、

 

傑作なのは、ライブに来たお客さんが口をそろえて、

「いやぁ〜。さすが大槻さん。
どんなギターを弾いても、大槻さんの音になっちゃうんだよね〜。」
と言うこと。

 

ふふふ。

 

まぁ、それが、プレイヤーというもの。

 

 

結局、音は楽器じゃなくって、人が出すものなのです。

 

さて。
 

声も同じです。

 

どんなにがんばっても、
ストラトじゃレスポールの音が出ないのと同じように、

 

ビヨンセのカラダじゃなくちゃ出ない声、
スティーヴン・タイラーじゃなくちゃ出ない声、
というのは、もちろんあるでしょう。

 

 

しかし、ほとんどの人が、その域に行く前に、勝負を降りてしまうのです。

 

 

「所詮、私の声では、ここまでが限界」と言っている人で、
自分の声の限界まで出せている人には会ったことがありません。

 

私はそういう人たちを、
「フェンダー持ってる小学生」と呼んでいます。

 

神様がくれたノドという楽器は完璧です。
 

弦を変えなくても、
高いお金を払って調整しなくても、
素晴らしい音がする、唯一無二の楽器です。

 

いい音がしないのは、持ち主のせい。

 

音は、楽器じゃなくって、人が出すものなのです。

 

あなたの楽器、ちゃんとつかえていますか?

44118680 - teenage girl playing electric guitar studio background photo stands sideways shouts sings

コアでマニアックなネタを中心に不定期にお届けしているヴォイトレ・マガジン『声出していこうっ!me.』
購読はこちらから。

 

 

 - The プロフェッショナル, 声のはなし

  関連記事

「譜面がなくちゃだめ」と思ってしまう自分にまず疑問を持つ

「ボクは音楽は全然ダメですよ。そもそも譜面が全く読めないんだから」   …

「そんなこと、基本の「き」だろう!!?」

某ビール会社のCM制作のお仕事で、 ある著名なボーカリストが歌うイメージソングに …

人に認めてもらえない3つの理由

趣味で、仕事で、コミュニティで、 認められたいのに、認められない。 自分は認めら …

「クリエイトすること」はゴールではない

「どんな仕事に携わっていても、何をクリエイトしていても、 大切にすべきことの本質 …

歌は1人で歌うものではなく、チームプレー

「歌は1人で歌うものではなく、チームプレー」 今日、週末に大きなライブをひかえた …

「ライブ前にやらなくちゃいけないこと」なんて、なんにもない!?

「ライブ前に、絶対しなくちゃいけないことってありますか?」   そんな …

プロフェッショナルの徹底ピアノ調整!

10月末から1週間ほど休業&家を留守にするということで、 思い切って、ピアノの一 …

頑固な、間違ったプログラムを解除して、「声」を解放する

カラダの構造や、発声のメカニズムを教えて、左脳からアプローチしても、 カラダに触 …

カムバックを狙え!

足を骨折したことがあるでしょうか? ギブスにすっぽりと守られて、 まったく動かせ …

タイムプレッシャーを逆手に取る

「どんなときに名曲が生まれるんですか?」 というインタビューに、 坂本龍一は、「 …