大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「うまくなる」の無限ループ

      2022/02/16

執筆を開始して、早半年あまり。
20万字くらい書いて、半分くらい直して・・・

なんてことをやってるので、都合30万字くらいは書いている見当です。

私の1回のブログが1000文字〜1200文字くらいですから、
なんだかんだ、300本分くらい書いたことになります。

ひひひ・・・・

このくらい書いていると、
自分で言うのもなんですが、
だんだん書くことがうまくなってる気がします。

なんでそう思うかと言うと、
まず、これを言いたいんだけど、と思った時に、
ことばがするする出てくる。

え〜っと、こういうことって、文章でどう表現したらいいんだろう・・・って、
立ち止まることが少なくなっている気がします。

それから、今回の本は、
マニアックな表現とか、
専門用語とか、極力排除し、
誰が読んでもわかるように、がコンセプトなんですが、

書くほどに、
今までいかに自分が、独善的な説明をしてきたか、
もの凄く気づかされているわけです。

「このくらいわかるでしょ」的な…
いや、思い上がっていたわけじゃないんだけど。
目線が高かったな、とか。

なにしろ、編集者さんが、
「ムズいっ!」とか、
「これでは一般の人はわかりません!」とか、
厳しく、きめ細かに赤を入れてくれるので、
あれまー、これ、わからないんだ!と驚愕したり、
え〜〜!?これ、どうやって説明すりゃいいのぉ〜!?
と、悶絶したり。

そうやって、
1000本ノックのように次から次へと突きつけられる課題を、
ちぎっては投げ、するうちに、
自分の中でも、ちゃんと説明ついていなかったことばたちが、
なんだかすっきりと整理整頓されてきたように思えるのです。

でもって、この「うまくなっている気がする」の、極めつけは、
頭から読み返すと、
ありゃ、ここの表現、甘い、とか、
まだ洗練されてないとか、
自分の文章の拙いところに気づいて、
また書き直したくなるからなんです。

書いている時は、どのセクションも、
ちゃんと腑に落ちるまで追い込んでいるわけで、
いわば、その時の自己ベストは出しているはずなんですが、
どうやら、日々、その自己ベストを更新しているらしい。
だって、ヘタに感じるんですよ。
読み返すと、なんじゃ、この文章?となって、
思わず、これって下書きだっけ?と二度見したりする。

やればやるほど、わかるようになる。
だから、自分の残してきたものを振り返ると、
まだまだ青いな、と感じてしまう。

うまくなるって、そんな無限ループなんですな。
歌でも、文章でも、なんでも同じ。


とはいえ、
わかったような顔をして歌われる歌も、
お上手な文章も、
それはそれで、面白味がないに違いない。

鮮度を保ちながら上達していくってのが、
実は一番難しいところなのも、みな同じなんだなぁ…。

この無限ループから抜け出せる時こそが、解脱の時。
果てない修行は続くのだ。。。

 - B面Blog, Life, 夢を叶える

  関連記事

未来人たちよ。「リアル」に触れよ。

自分が高校生、大学生だった時代を振り返ると、 あぁ、ずいぶん未来までやってきちゃ …

歌の才能。

はじめてトレーナーのお仕事をしてから、 かれこれ20年。 下は小学生から、上は7 …

やりたいことは、「今」はじめる。 10年続ける。

無条件に何かを「楽しい」と感じられるようになるまで、 人は何かしらの学習を積み重 …

文化は「オタク」と「変態」、そして「ドM」がつくる

忙しがる人は好きじゃないのですが、 最近、自分もそんな、自分が好きじゃない類の人 …

国語力、お願いします!

歌を教える仕事をしていて、 最もフラストレーションを感じるのは、 生徒がなかなか …

「ブログの投稿は終了したのですか?」

「ブログの投稿は終了したのですか?」 というお問い合わせをいただきました。 &n …

オトナとコドモの線引き

コドモの頃、オトナは特別な存在だと思っていました。   コドモとオトナ …

「生みの苦しみ」

作品をつくり出すことは、非常に苦しい作業です。     例え …

「長期記憶のゴールデンタイム」にあなたは何を記憶しますか?

「受験生といえば、まずは『でる単』」。 『でる単』、すなわち、『試験に出る英単語 …

「プロ」「アマ」という線引きは、 もうそろそろ卒業したい。

「俺なんか、ただのセミアマだからさー」。 高校時代に、 一緒にバンドをやっていた …