大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「うまくなる」の無限ループ

      2022/02/16

執筆を開始して、早半年あまり。
20万字くらい書いて、半分くらい直して・・・

なんてことをやってるので、都合30万字くらいは書いている見当です。

私の1回のブログが1000文字〜1200文字くらいですから、
なんだかんだ、300本分くらい書いたことになります。

ひひひ・・・・

このくらい書いていると、
自分で言うのもなんですが、
だんだん書くことがうまくなってる気がします。

なんでそう思うかと言うと、
まず、これを言いたいんだけど、と思った時に、
ことばがするする出てくる。

え〜っと、こういうことって、文章でどう表現したらいいんだろう・・・って、
立ち止まることが少なくなっている気がします。

それから、今回の本は、
マニアックな表現とか、
専門用語とか、極力排除し、
誰が読んでもわかるように、がコンセプトなんですが、

書くほどに、
今までいかに自分が、独善的な説明をしてきたか、
もの凄く気づかされているわけです。

「このくらいわかるでしょ」的な…
いや、思い上がっていたわけじゃないんだけど。
目線が高かったな、とか。

なにしろ、編集者さんが、
「ムズいっ!」とか、
「これでは一般の人はわかりません!」とか、
厳しく、きめ細かに赤を入れてくれるので、
あれまー、これ、わからないんだ!と驚愕したり、
え〜〜!?これ、どうやって説明すりゃいいのぉ〜!?
と、悶絶したり。

そうやって、
1000本ノックのように次から次へと突きつけられる課題を、
ちぎっては投げ、するうちに、
自分の中でも、ちゃんと説明ついていなかったことばたちが、
なんだかすっきりと整理整頓されてきたように思えるのです。

でもって、この「うまくなっている気がする」の、極めつけは、
頭から読み返すと、
ありゃ、ここの表現、甘い、とか、
まだ洗練されてないとか、
自分の文章の拙いところに気づいて、
また書き直したくなるからなんです。

書いている時は、どのセクションも、
ちゃんと腑に落ちるまで追い込んでいるわけで、
いわば、その時の自己ベストは出しているはずなんですが、
どうやら、日々、その自己ベストを更新しているらしい。
だって、ヘタに感じるんですよ。
読み返すと、なんじゃ、この文章?となって、
思わず、これって下書きだっけ?と二度見したりする。

やればやるほど、わかるようになる。
だから、自分の残してきたものを振り返ると、
まだまだ青いな、と感じてしまう。

うまくなるって、そんな無限ループなんですな。
歌でも、文章でも、なんでも同じ。


とはいえ、
わかったような顔をして歌われる歌も、
お上手な文章も、
それはそれで、面白味がないに違いない。

鮮度を保ちながら上達していくってのが、
実は一番難しいところなのも、みな同じなんだなぁ…。

この無限ループから抜け出せる時こそが、解脱の時。
果てない修行は続くのだ。。。

 - B面Blog, Life, 夢を叶える

  関連記事

成長痛を抱えて走れ。

今年前半は、 とにかくいろんなことが重なって、 頭の中がパツパツな状態が続いてい …

「適正」って、「恋すること」なんだ。

「私は、ロックが好きなんですけど、 歌の先生に、キミにはそういう音楽は向いてない …

まず、やってみる。

何もかもがものすごくうまく行っているように見える人って、 うまく行っていることの …

視点を変えると価値観が変わる〜from USA②〜

ニューヨークに暮らしはじめて、真っ先に感じたのは身体の中に流れ込んでくる街の音。 …

絶対音感、いりますか?

つい先日、某テレビ局の方から不思議なお仕事の依頼があり、 お話を伺いました。 内 …

肉体は変化する

ずいぶん前のことになります。 クラプトンのコンサートのチケットがあるからと、 友 …

無限大に見える作業量を前に、ひるんだら負けだ!

洋楽のカバーを歌う、英語の苦手な学生たちに、 英語の発音指導をすることがあります …

不満から目をそらさない。 絶対、そらさない。

大学を卒業して、今で言うフリーターをしながら、 音楽学校に通ったり、 ダンスレッ …

「自分の感性をリセットする」

一昨日の『The ワークショップ Show』を振り返って、 今日は自分自身のこと …

「声が低けりゃ威厳を感じるのか問題」を考える。

ヴォーカリストの悩みで一番多いのは、 「高い声が出ない」。 一方で、ビジネスパー …