大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

声のリハビリ

   

3月からのライブ・ラッシュに向けて、
朝トレをしているわけですが、
ここ半年あまり、
あまりにひきこもり&座りっぱなしだったもので、
練習というより、リハビリの様相になっています。

「最近、老化で声が出ない」みたいなことを言う人が
よくいるんですが、

それね、たいがいは、
ライフスタイルの変化による発声筋の衰えです。

年齢と共に、おとずれる生活の変化。

たとえば、
お仕事しなくなったり、
家族構成が変わったり、
お友だちづきあいが減ったり、
というライフスタイルの変化で、

運動量が減るから、呼吸が衰える。
家に引き籠もるから、
座りっぱなしで姿勢も悪くなる。
緊張感がなくなるから、
全身の筋肉がゆるむ。
しゃべらなくなるから、
発音にまつわる筋肉が衰える。

というプロセスを経て、
声が出にくくなったり、
ガラガラしやすくなったり、
ひっくり返りやすくなったり、
カツゼツが悪くなったりするのです。


これをまるっと「老化」と言ってしまうと、
ゲームオーバーです。

だって、人は若返ることは絶対ないもん。
老化。おしまい。ちゃんちゃん、です。

しかしね、運動不足は確実に解消できます。
しかも、ちょっとやるだけで
面白いほど回復していくのがカラダというもの。
声を新たに開拓して行く感覚は、
気づきもたくさんあって、めちゃくちゃワクワクします。

ちなみに、
運動不足で声が出にくくなった時こそ、
高い声を開拓するチャンス。

日頃、大きい声や太い声を出そうと踏ん張っている筋肉たちが、
ちょっと弱々しくなってくれているおかげで、
ギュインと伸ばす筋肉が活躍しやすくなります。
ノドにストレッチをかけるチャンスというわけです。

逆に言えば、この時に高音も一緒に出にくくなるということは、
日頃、力まかせに高音を出しちゃってる証拠とも言えます。

声の響きが弱まった時ほど、
自分の共鳴ポイントを探すチャンスでもあります。

同じ音量でも、鳴らす場所をちょっと変えるだけで、
声はわ〜んと伸びる。
単に発声のための筋肉が落ちたというより、
共鳴させる感覚を見失っている、という場合もあります。

声を出し始めると、
痰が絡んだり、鼻がつまったり、
なんだか耳の聞こえが悪くなったりという現象も起きますが、
すべて、「あ、また声出します?」と、
カラダが活性化&調整を始めてくれた証拠。

そんな風に、あれこれ考えながら声を出していると、
こんなはずじゃない、という気持ち以上に、
まぁ、楽しい。

音楽の楽しさはプロセスにあり、です。

もちろん、生きとし生けるもの、
経年変化はあります。
えぇ、えぇ、老化もあるでしょう。

しかしね、
「だから、がんばっても無駄なの」とばかり、
自分に言い訳したり、自分を慰めたり、
なにかができないことの免罪符につかったりするのは、絶対違う。

変化は気づきのチャンスであり、
くふうの見せ所。

どんなことにも必ず、
ポジティブな側面はあるものです。

自分はまだ当分関係なさそう・・・
という若者たちほど、
覚えておいて欲しい大事なことです。

◆来週月曜発行予定の無料メルマガ『声出していこうっ』では、「声のリハビリってなにすんの?」的な、マニアックな記事をアップ予定。(ほぼ)毎週月曜発行中!バックナンバーも読めますよ。

◆一生に一度、集中的に学ぶだけで、”自分で自分に教えること”を可能にするMTL 12。毎週日曜日10時〜Youtubeにて公開中。

◆痰がからむことが気になる人は、18万人以上の人に読んでもらっている、
こちらの記事もお勧めです。
声の不調ランキングno.1「痰がからむ」

 


 - B面Blog, 声のはなし , ,

  関連記事

確信だけが、人の心を動かす。

「MISUMIさん、バッチっす!OKです!」 レコーディングのお仕事では、 歌っ …

本気でやりたいなら、「なんか」やれ。

アーティストやタレント、声優の、 新人育成を担当させていただく機会が多々あります …

聞いてるつもり。できてるつもり。がんばってるつもり。

「え?ホントにそんな風に聞こえるの? なんでそんな風に聞こえるかなぁ・・・・」 …

世界観を限定するほど、多くの人に刺さる!

先日『THE GUILTY ギルティ』というデンマーク映画を見ました。 あまり詳 …

ヴォーカリストは「声」が命

歌に関することを、ずいぶんいろいろと書いてきました。   姿勢、呼吸な …

自分自身を幸せにすることなんて、 本当はめちゃくちゃシンプルなことなんだ。

ロンドンに長期滞在したい、という思いは、 もう何年も前からあります。 最低でも半 …

no image
「自分の声に興味ある人なんかいませんよ」

芸能界や音楽業界の人とばかり関わりあってきたからか、 それとも、私自身がボイスト …

歌を学ぶ人の3つのステージ

私は歌を学ぶ人には、 3つのステージがあると考えています。 ひとつめは楽器として …

「変わってる」って、なんだよ?

自分は何に、どんなことに、反応する体質なのか。 自分のアンテナは何に反応し、どん …

分解して聞く。分解して練習する。~Singer’s Tips#27~

「片手ずつ練習しなさい。 右手と左手、一緒に弾いていたら、 間違っていることに気 …