大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

群れない

      2021/06/06

まわりにいる人を見ると、その人のことが分かると言います。

同じような空気感の、
おそらくは同じくらいのグレードの人と、
一緒にいるのが心地よいのは自然なこと。

プロアマ関係なく、
ミュージシャンも同じです。

自分のまわりにいる人が、
自分自身を映す鏡なのです。

ところが、
自分のバンド仲間、音楽仲間のことを、
愚痴ったり、けなしたりする人というのが必ずいます。

彼は意識が低い。
彼女には野心がない。
もっとうまい人とやりたい。

要するに、自分は彼らとは違うのだと、
どこかで主張したいわけです。

「じゃ、やめればいいじゃない」と言えば、

とりあえず、他に一緒にできる人がいないとか、
音楽活動の場がなくなるとか、
人間関係はそう簡単にはいかないとか・・・。
ま、要するに、やめる気はない。

正直、外から見れば、どんぐりです。

今の場所にいるから、
自分がちょっと特別だという気分になれる。
だから、他の場所に行って、
自分が評価されないことが怖い。

これは「群れ」の思考です。

自分が今属している社会の中にしか、
自分の居場所を見つけられない。
いわば共依存なのです。

ならば、なぜもっと、
その場を楽しめるように、
自分のマインドセットを変える努力をしないのか。

人を変えることはできません。
ハッピーになりたかったら、
自分が変わるしかないのです。

それが無理なら、その場を去って、
別の居場所を探すべきです。
それが、誰にとっても幸せなことだし、
友だちに対するリスペクトでもある。

群れる思考の人は、
一生自分の安心領域、
いわゆるコンフォタブルゾーンから
出ることができません。

コンフォタブルゾーンにいるから、
優越感を感じていられる。
まわりを下に見られる。

やつらは成長しない、
向上心がない、などと言うけれど、
まわりにいる人が自分の鏡。

成長できていないのは、
自分自身も同じです。

一番不満を感じているのは、
コンフォタブルゾーンを飛び出せない、
自分自身に対してではないのか。

負の感情にエネルギーをつかっている暇があった、
勇気を振り絞って、群れから飛び出す。

自分は、まわりの人たちとは違うんだってことは、
行動で証明するしかないのです。

“MTL ヴォイストレーナーズ・メソッド” 開講!
業界トップクラスのメソッドで、圧倒的な結果を出す。ヴォイストレーナーとして活躍されている方はもちろん、ヴォイストレーナーを目指す方、トレーナーという仕事に興味があるという方も。

 - B面Blog, Life, バンド! , , , , ,

  関連記事

「自分ばかりがちっともうまくならない」~Singer’s Tips #2~

練習をやってもやっても、ちっともうまくない。 まわりのみんなは、どんどん上達する …

自分の中心を確認する

やらなくちゃいけないことが多すぎる。 会わなくちゃいけない人が多すぎる。 忙し過 …

人は「エネルギー」なのだ。

昨日、70日ぶりに、 レッスン室にクライアントさんをお招きしました。 10週間。 …

ちゃんと仕事しろっ!

NYに住みはじめて、 寮の自分の部屋に電話を引き込むため、 電話会社に出向いたと …

変化することは人間らしさ、自分らしさの一部

すべては、時と共に変化します。 変化しないものは、死んでいるもの。 後は腐敗する …

「私はドジでのろまなカメです」

「私はドジでのろまなカメです」   これは、『スチュワーデス物語』とい …

キーは、歌えりゃいいってもんじゃないんですよ。

カバー曲を歌うとき、 無条件にオリジナルのキーで歌っている人は多いはず。 私自身 …

センサー、壊れちゃったんですね。

先ほど、今日発行するメルマガを書き終えました。 今日のメルマガは、 『自分のカラ …

「知ってる」だけで満足しないっ!

好奇心は学習のはじまりです。 「知りたい」という欲求こそが、 人を、勉強や練習や …

みんな、孤独を戦っているのだ。

人と自分を引き比べることに意味はない。 誰かが、自分と他人を引き比べて、 「どー …