大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

バンドのメンバーに歌をけなされたら、真っ先に確認すべきこと。

      2022/03/02

リハやライブでバンドのメンバーに歌をけなされた、
という悩みを相談されて真っ先に確認するのが、
「ちゃんと自分の声は聞こえていたか?」ということです。

そもそも、バンドの人って、音が大きい人が多い。
いや、ほんとに多い。
そして、
「ヴォーカリストには、爆音に負けない音量で歌って欲しい」的な、
暗黙の期待があったりする。

ヴォーカリストは、
バンドの音が大きすぎて、自分の声がよく聞こえない。
聞こえるように歌わなくちゃと気張る。
気張るほどに、ピッチは下がるし、リズムもずれる。
おまけに高い声が抜けなくなる。
抜けなくなるから、ますます聞こえない。
だから、ますます気張って、ますますフラットして、ますます声がこもって、
あげく、枯れてしまう…。

だめだめだめ。
それ、あかんのです。

人間は、自分の声を聞きながら、
話したり、歌ったりすることで、
声の大きさや音色、高さに微調整を加えています。

自分の声が全く聞こえない状態で歌えば、
どんなに歌のうまい人だって、
音痴になったり、一本調子になったりします。

いや、どんな楽器だって、
自分の音がちゃんと聞こえない状態じゃ、
ちゃんと弾けないのは当たり前ですよね?

だから、バンドのみなさん。
ヴォーカルがうまく歌えてないなって、思ったら、
「フラットしてるね〜」とか
「声が全然聞こえないんだけど」などと言う前に、
「自分の声、聞こえてる?」って優しく聞いてみてあげて欲しいんです。
そして、調整のお手伝いをしてあげて欲しいのです。

多くの(奥ゆかしい)ヴォーカリストは、
「自分の声が聞こえない」なんて、
言っちゃいけないと思ってます。

「自分の声が聞こえないのは、自分が声量ないからだ」とか思ってるし、
「声がデカくないと、バンドやっちゃいけないんだ」などと思い込んでいる。

家で歌う時はもっとうまく歌えるのになぁ…
なんでバンド練習や本番は全然うまく歌えないんだろう?

そんな風に思ったら、落ち込む前に、
「自分以外」の要因を洗ってみましょう。

ちなみに、私は、
モニターから自分の声がし〜っかり聞こえてこないと、
歌いにくいと感じるタイプです。

鉄のノドと言われるくらいですから、声はデカいです。
聞こえないということは、めったにありません。

それでも、声を張らない状態で、
くっきりはっきり聞こえる音量で歌いたい。
しっかり聞こえるから、音色や音量のニュアンスがつけられるし、
いろんなフレーズが気持ちよく歌えるんです。

なので、モニターはすご〜く大事に考えています。
調整にも時間をかけさせてもらいます。

ヴォーカリストのみなさんは、
自分の声がよく聞こえないと思ったら、
大きい声で歌おうとがんばる前に、

ヴォーカルヴォリュームを上げてもらう、
もしくは他の楽器の音量を下げてもらう、
マイクに口を近づける、
モニタースピーカーの位置を聞こえやすい角度、高さに変える、
ギターアンプやベースアンプの真っ正面に立たないよう、立ち位置を変える、
…などをやってみてくださいね。

ただし、日々の練習で、しっかり声をつくっていくことも
もちろん、大事だということは、お忘れなく。


◆本日15時頃発行予定の無料メルマガ『声出していこうっ』では、「ゴスペルなどで歌う時、自分の声が聞こえない?」という記事をアップします。(ほぼ)毎週月曜発行を目標!バックナンバーも読めますよ。

 - B面Blog, Live! Live! Live!, バンド!, 声のはなし

  関連記事

自分というエネルギーを全身全霊で表現するのだ。

声はエネルギー。 だから、自分という人間のエネルギーを全身全霊声にして、 聞く人 …

「他者基準」で自分をジャッジしない。

才能あふれる若者たちを教える機会に恵まれています。 レッスンのたびにワクワクした …

声の不調症状ランキングno.1 「痰がからむ」

レッスンで、教え子やクライアントの声の状態が悪いと感じると、 いつも本当にドキリ …

ノドにいい食べ物?悪い食べ物?エピソード

「ノドにいい食べ物ってなんですか?これは食べちゃいけないってありますか?」 こん …

誤解だらけの「ロック声」。そのシャウトでは、危険です。

ハスキーで、ひずんだ感じの、 いわゆる「ロック声」には、いろいろな誤解があります …

歌い手の声の印象はこれで決まる!

プロアマ問わず、 さまざまなシンガーの歌にアドバイスをしていて、 もっとも気にな …

「本番に弱い自分」を払拭する。

さんざんレッスンして、 万全の体制で現場に乗り込んだのに、 「MISUMIさぁ〜 …

カラダを楽器に「最適化」する。

「タマゴが手の中にあるように、 そーっと鍵盤の上に指を乗せるのよ。」 中学になっ …

声の変化の分岐点を探す

今日のA面ではダイエットの話を書きました。 自分のカラダの変化の分岐点を見つける …

「バンド、やりたいんですけど・・・」

「バンドやりたいんですけど・・・」 学生から、そんな相談を、よく受けました。 え …