大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

何才までロックします?

   

「外タレのチケットの値段をつり上げているのは、
ストーンズとポール・マッカートニーだ」
と言う人がいて、
ほぉ〜。そういえば、そうかも、と納得してしまいました。

確かに、まだ普通の外タレのチケットが、
数千円レベルだった頃、
いきなり10,000円と大台に乗せたのはストーンズだったし、

「最高額10万円」だなんて、
ドリームジャンボ宝くじみたいな値段設定をしたのは、
ポールでした。

もうなんか、
「いくらまでつり上げたら、
お客が来なくなるかやってみようか?」
的な、半ばギャグのような値段です。

さて。

ストーンズやポールがつり上げているのは、
チケットの値段ばっかりじゃありません。

ドームクラスの箱でワールドツアーをやり続ける、
ロックスターの最高年齢をつり上げ続けているのも、
確実にこの辺の大御所たちです。

ポール・マッカートニー78才。
ストーンズのミック・ジャガーとキース・リチャーズが75才、
チャーリー・ワッツが77才、ロン・ウッドが71才。
エアロのスティーブン・タイラーは72才と言うし。。。

この数字を見て、
おぉ、まだまだこれから。
夢が広がるぅ〜、と考えるか、

うっそぉ〜。化けもんだ〜。
と、凹むか。

人それぞれでしょうが、
少なくとも、彼らの生き様は、
これからの音楽人生をどう生きるかという、
私たちのひとつのベンチマークになると思えます。

心から望み、
心身の鍛錬を怠らないなら、
人間は80才まで、
現役で、なんならスタジアム級のステージででも、
パフォーマンスができるだけの、
ポテンシャルを持っている、ということです。

そのために、彼らが、
どのくらいの努力をしているのかは、
目に見えません。

食事や健康管理にどれほど気を使い、
どんなトレーニングを積み、
どれだけ精神の鍛錬をしているか。
どれほどのプレッシャーや、
責任を背負って日々生きているか。
本人以外にはわからないことも、
たくさんあるでしょう。

そういう意味で、
「すっげー」と人に思わせるわけです。

いや、そういう意味で、「すっげー」んですね。

そんな話をすると、
「スーパースターは、ストイックじゃないとね。」
という人がいます。
「お金かけて、栄養管理士とか、雇ってるでしょ〜。」
という人もいます。

いやいや。
ストイックだから、スーパースターになったんだし。
お金があったって、
そんなことに興味のない人もたくさんいます。

要は、何を望み、
何を叶えるために、
何を捨てるか、ではないのか。

1日でも、1時間でも長い音楽時間を
楽しみたいから、
そのためにちょっとがんばる。
ちょっと他の人より努力する。

きっと本人たちにとっては自然なことなんですよね。

先日、「ロックは20代まででしょ。」と言う、
30代の若者に出会ったという人がいました。

あたしがそんなことばを聞いたら、
確実に、
「はぁ〜?喧嘩売ってんの?」と、
なってたでしょう。

 

自分の可能性を決めるのは自分。

信じることしか実現しない。
だって、人は信じられないことのために、
努力はしませんから。

太ってる場合じゃありません。
腰が痛いとか、目が見えないとか、
言ってる場合じゃない。

「化けもの」と言われる日まで、
いや、「妖怪変化」と言われても、
現役バリバリで行こうじゃありませんか。

Keep on Rockin’!

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, Life, バンド!, 音楽人キャリア・サバイバル

  関連記事

「あなたの勲章なんかに他人は興味ないんですよ」

かつて著者の勉強をするために、 『プロフィール講座』というセミナーに通ったことが …

「自分の名前」と、今一度向き合う。

作詞者は曲のタイトルを。 編集者は、本のタイトルを。 起業家は会社名を。 そして …

行き詰まりを感じたら、まず「行動」。

火曜日からワーケーションで伊豆に来ています。 環境が変わったせいか、 過去を振り …

人を本当に育てるのは、反骨心や反抗心だ!

ミュージシャン仲間に、有名なおしどり夫婦と呼ばれたカップルがいました。 旦那さん …

基本の「き」

なんか、フェイクがばしっと決まらない。 どうも、歌詞がカミカミになる。 いやはや …

「戦略的引き籠もり」のすすめ

自主ロックダウン15日目。 コロナウィルスの菌の保持期間は2週間程度といわれてい …

カラダを粗末に扱わない。

カラダは神様がくれる、生涯たったひとつの大切な宝物。 大切につかえば、ちゃんとこ …

音楽家として生き抜く力

「野良猫を拾って一番困るのは、その猫が子どもを生むことだ。」 ハインラインの小説 …

ちょっと「なんか」言われたぐらいでって言いますけど。

大人というのは「なんか」言うものです。   親や教育熱心な先生のように …

誰に話しても「ウソぉ〜」と言われるOnline映像制作秘話③

当初、編集は誰かに頼む予定でした。 映像編集なんてやったこともないし、 できる気 …