大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

旅の準備がさくさく進む「持ち物リスト」

   

「週末から『びぃた(旅)』なんだよね」
「オレなんか、8月は10日間『出っぱなし』よ〜」
「『移動日』とか、あんの?」
「いや、結構『乗り打ち』が多いんだ」
「まだいいよ、オレの方は全部『2回回しだぜ』」
音楽業界で普通に使われていることばは、
一般には通じないことが多いのですが、
特に、この、ツアー、コンサート関係の隠語は、
種類が豊富で、しかも結構笑えます。

まぁ、いまどき、『びぃた』なんてことばは、
一定以上の年齢のミュージシャンがシャレで使うくらいですが(^^)
さてさて、いきなり脱線していますが、
今日は隠語のお話ではありません。
旅の準備がさくさく進む、「持ち物リスト」のお話です。
さて、旅に出るときの「持ち物リスト」、つくっていますか?
小学生、中学生の頃に、よく学校から配られた、あれです。

いわゆる出張族のみなさんの比ではないでしょうが、
私自身も、旅することが人生の一部と思えるほど、
若かりし頃から、国内外を問わず旅の多い生活を送っています。

しかも、目的によって、毎回持ち物が全然違う。
おまけに、至れり尽くせりに荷物が詰まってなくちゃ嫌、
という完璧主義。

それで、毎回、めちゃくちゃ時間がかかるのがパッキングです。

ミュージシャンとして旅するときは、
衣装に、化粧品に、アクセサリーに、楽器に、譜面に・・・

講演家や講師として旅するときは、
データに、原稿に、著書に、プレゼン用の小物に・・・

プライベートでワンコ連れのときは、
餌に、首輪に、おもちゃに、サンダルに・・・

海外旅行のときは、
ガイドブックに、貴重品入れに・・・

忘れ物があったら、後悔するし、旅が楽しくなくなります。

ライブなどのときに、アクセサリーや化粧品を忘れたら、
それだけで、テンションが下がります。

仕事のときは、ビフォーも、アフターも、
いろんな人と過ごすことになるし、
折りに触れ、写真を撮られるし・・・
服装は常に気をつけなくちゃいけません。

移動のときは、これを着て、
リハのときは、汗かくからこれで。
ごはんのときは、これで。。。。

そんな風に、つらつらつらつら考えるうち、
あっという間に時間が経ってしまいます。

まぁ、この、服を選ぶ時間だけは短縮できないのですが、
それでも、それ以外の小物は、最短の時間でそろえたい!

そこで、活躍するのが、「持ち物リスト」です。

数年前に、この「旅の目的別 持ち物リスト」を制作してから、旅の準備がものすごく効率的になりました。

リストには、「ツアー用」「講演会用」「ワンコ連れ」「海外」
などのように、目的が書いてあります。

このリストを毎回プリントアウトして、
チェックしながら荷物をそろえるだけ。

何しろ、パッキングで一番時間がかかるのが、「考える」時間。
何がどのくらい必要かが一目でわかれば、
後は機械的に、モノをそろえて行くだけです。

時期によって、必要なものは微妙に変わります。

例えば、私は、かつて「ど」のつく近眼だったので、
コンタクト用品やめがねは絶対に忘れられないものでした。

しかし、レーシック手術を受けてから、
一切、目に関するモノはいらなくなったので、
リストから外しています。

こんな風にリストは少しずつ変化させて、
その時の最良の状態にしておくと万全です。

いかがでしょうか?

出張の多い方や、旅仕事の多い方は、
おそらく実践しているであろう、
特に目新しくないネタですが、

これから旅仕事をするであろう若手ミュージシャンや、
毎回、旅の準備にめっちゃ時間がかかるという方のために、
ちょっとしたヒントとなれば幸いです。

18096924_s

明日から私も「びぃた」です。

もちろん、もう準備OK(^^)
楽しみです。

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「夢を叶える日記」の勧め

  日記をつけていますか?   実は私、小学校1年生から日記 …

ケツがむずむずするような曲、 書かなきゃ売れないよ。

PC内の断捨離&オーガナイズも佳境。 昨日、タイトルは見えるけど、 「デ …

大きな声を出せないときに、やるべきこと。

各地で次々と緊急事態宣言が解除され、 コロナ自粛も出口が見えてきました。 とはい …

どうせやるなら「ザ」のつくプロフェッショナルを目差せ!

先日、とある販売店でのこと。 まだまだ新米臭のある若者が、私たちの担当になりまし …

うっそくっさいブランディングは、いい加減やめよう。

かつて業界では、 ミュージシャンでも、タレントでも、 デビューさせるにあたり、 …

基本の「き」

なんか、フェイクがばしっと決まらない。 どうも、歌詞がカミカミになる。 いやはや …

リスペクトくださいっ!

私の通った女子校には、なんとも不思議な風習がありました。 学校のある駅を降りた瞬 …

自分の「イケてるところ」に視線を集める。

「しっかし、綺麗な顔してるわよね〜。 マジでどっこもいじってないの?」 「だから …

何を言われても、自分がぶれなきゃよくないですか?

少し前まで海外には、 「日本人はいまだにちょんまげ結って、着物着ている」 と思っ …

人生のワームホールに飛び込む

大好きな作家、ロバート・A・ハインラインの小説の中でも、 とびきりワクワク読んだ …