大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「努力」なんか好きじゃないっ!

   

「あなたみたいに、努力するのが好きな人のマネはできないわ。」

一緒にお仕事をやっていこうと盛り上がっていたグループのメンバーたちに呼び出されて、口々に言われ、ひどく傷ついたことがあります。

せっかく活動するからには、クリエイティブなことをやろう、
もっと自分たちの精度や価値をあげようと、
ひとり簡易音源を制作してネタを仕込み、
企画をみんなに投げた直後のことでした。

どうやら、私はひとりだけ前を走りすぎていたらしい。

「一緒にお仕事取れたらいいわね」くらいの、
軽い気持ちでスタートしたのに、
なんだかこの子、どんどん泥臭い方向に向かっているわ、
ということだったようです。

できもしないことを、あなたはなんでやりたがる?
あれこれがんばっている感じは見苦しい。
もっとスマートにしていないと、手伝ってくれる人も出てこない。。

私のいないところで、
みんなでさんざん話し合った後での呼び出しだったようで、
その事実も私を酷く傷つけました。

とどめに言われたのが、冒頭のことばです。

「あなたみたいに、努力するのが好きな人のマネはできないわ。」

 

がんばっても、がんばっても結果が出せなくて、
毎日泣きながら練習したり、制作したりしていた頃です。

嘲笑されるように言い放たれたそのことばは、
自分自身の存在を否定されているかのように感じ、
本当にこたえました。

 

きっぱり言います。
「努力することが好き」などという人間は存在しません。

Googleによれば、「努力」とは、
「目標の実現のため、心身を労してつとめること。ほねをおること。」

人は自らが理想とする結果を出すために行動する。

「努力」は目的ではないのです。

努力しなくてもあっさり結果を出せる人がいて、
どんなに努力しても結果を出せない人がいる。

努力しなければ結果を出せない人を泥臭いと笑う人がいて、
努力しても無駄だと見切りをつける人もいて。
努力しなければ手に入れられない結果なんかに興味はないと、
軽やかに世の中を渡って行く人がいて・・・

でも、そうではない。

そもそも、目標達成に向かって進んでいくことを、
「努力」と位置づける時点で違うんです。

ただ夢中で、がむしゃらで、ひたすら集中しているだけ。
気がついたら、いっぱい時間かかっていて、
いっぱい練習していて・・・ただそれだけ。

結果が出なければ悔しいし、
出すにはどうしたらいいだろうと七転八倒もするけれど、
「結果を出したい」という気持ちにフォーカスしていれば、
そこまでのプロセスは、いわゆる「努力」ではなく、
ただ「無我夢中」。

 

出したい結果にコミットして、ひたすら邁進する人だけが、
一流になれるのだと、何年もかかって学びました。

 

10年近い時を経て、
再会した彼女たちは、お仕事も半ば引退状態。
歌う機会もほとんどないと聞きました。

最初から私たちは「ゴール」が違っていたのだな、と。
そのことに気づけずに、
傷ついたり、自暴自棄になったりした私は、
あぁ、本当に若くて弱虫だったわよね、と。

遠い昔の自分に教えてあげたいけれど、
まぁ、あの時間も私にとって必要なエネルギーをくれたのでしょう。

 

そして私は、今も日々、
突き動かされるように行動しています。

これを「努力」と感じるようになったら、
その時こそが「辞め時」ですね。

2019年11月20日(水)ヴォーカリストのためのアンサンブル・ワークショップ in 東京 vol.3『R&Bクリスマス』開催!

◆4日間でヴォイトレのすべてを学べる、第8期MTL12、10月開講

◆MISUMIからの無料ビデオレターのお申込はこちらから↓
最初の一歩を踏み出せないでいるあなたへ、5日間のメッセージ。

 - B面Blog, Life, My History, 夢を叶える

  関連記事

ハードでもソフトでもなく、「ヒューマン」ですね。

現在、マジカルトレーニングラボのサイトのリニューアルで、 才能あふれるデザイナー …

その瞬間、ちゃんと声出してますか?

一昨年の夏。満員電車の車内でのこと。 入口付近に、憔悴したようすのお年寄りが立っ …

「今さらそんなことして、どうするつもりなの?」

思わず口をついてでることばには、 その人が日頃、何を信じているかが反映されます。 …

はじめること 続けること やめること

なにかを始める時は直感に従うことにしています。 電気的な啓示、というか、 ビビビ …

やっと話せる、熱い想いを聞いてください①

来月、本スタートのオンラインコース。 教材制作や、システム関係の準備もほぼ終了し …

誰に話しても「ウソぉ〜」と言われるOnline映像制作秘話①

MTLオンライン12というオンライン講座を作り上げ、 やっとスタートにこぎつけた …

「私のカラダはギターには向いていないんだ・・・」

高校時代、ギターリストを目差していた頃のお話。 クラプトンに憧れて、黒いストラト …

人が日課をつくる。 日課が人をつくる。

朝起きた瞬間、 テレビをつけてその前に座り込む人。 もう一回寝ちゃおうと、二度寝 …

キャリアの節目をポジティブに旅する

「節目」というものをポジティブに捕らえるか、ネガティブに捕らえるかで、 人生のク …

「それは、MISUMIさんが無理だって思っているからです」

後に圧倒的な成功を手にすることになる、 ある若き女性と、 食事をしていた時のこと …