大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

人間の記憶は消えない?

   

「人間の記憶は消えない」という話を
何かの本で読んだことがあります。

実は、脳は経験したことのすべてを記憶していて、
単にその記憶を取り出せないだけ。

古い記憶も、新しい経験や学習によって、
上書きされるわけじゃなく、
すべてが、ディテールもふくめて、
バームクーヘンのように、脳に蓄積されていくというのです。

だからなにか引き金になるできごとがあると、
その記憶がわ〜っとあふれ出すのだというような話でした。

真偽のほどはわかりませんが、
自分の中に、自分が通過してきた世界のすべてが完全な形で眠っているって、
なんだか脳の未知の可能性を感じてワクワクしませんか?

 

10年日記というのを25年近くつけています。

10年日記は、
1ページに同じ月同じ日のできごとを
10年分書けるようになっている日記で、
昨年…5年前…10年前の今日、
自分が何をしていたかが一目でわかります。

書くのはほんの5~6行ですが、
毎晩ベッドに入って、寝入る直前に、
その日の朝から起きたことを振り返るのも楽しければ、

え!?あれからもう3年!?
あぁ、あれって、5年前の今日だったんだ!などと、
古い記憶を取り出すのは実に興味深くて、
ほぼ毎晩、欠かさずつけ続けています。

びっくりするのは、
完全に忘れていたようなことも、
古い日記に書き殴られた短い文章を読むだけで、
その時の感情だけでなく、
その場の空気感や匂い、肌触りと一緒に、鮮明に蘇ることです。

もう会えない人。
失われてしまった場所。
そんな世界で必死に生きている、
遠い昔の、若くて馬鹿くて必死な自分。

大木が年輪を刻むように、
そんな遠い記憶のひとつひとつが、
今の自分をつくっている。

 

楽しかったことや嬉しかったこと、幸せだったことはもちろん、
苦しかった、つらかった、腹の立った経験さえもが、
すべて今の自分の一部だと感じると、
なんだか感謝の気持ちがあふれてきます。
やがてそれは、自らの大きな自信とエネルギーに変わるのです。

 

無駄な経験なんて、ひとつもない。
全部が「今」をつくっている。

遠い場所、遠い人たちに思いを馳せる、静かな朝です。
ありがとう。

◆歌う心とカラダに活を入れる2日間。MTLサマースクール2022。リアルとリモート同時開催。
◆公式LINE、はじめました。ご質問やお悩みにもお答えしていきます。ご登録はこちらから。

 - Life

  関連記事

その心ないことば、目の前の本人に直接言えますか?

どんな作品にも、どんなアーティストや活動にも、 批判的な意見やネガティブな気持ち …

「適正」って、「恋すること」なんだ。

「私は、ロックが好きなんですけど、 歌の先生に、キミにはそういう音楽は向いてない …

旅に出よう!

「外国語を知らない者は自分自身の言語について何も知らない。」 と言ったのは文豪ゲ …

「真っ白な灰」に、なりますか?

リングの上で真っ白な灰になった、『あしたのジョー』。 命を賭けられるほどのものに …

音楽を「職業」にしないという選択

若い頃から音楽を志して、寝る間も惜しんで練習や創作、 ライブ活動に打ち込んで来た …

まず、やれ。文句を言うのはそれからだ。

「あの程度のコード進行の曲なら、その気になれば何曲でも書けるぜ。」 「こいつ、こ …

「あと一周」のベルが、まだ聞こえない。

出版に向けラストスパートに入りました。 え?まだスパートかけるの?という街の声が …

ことばの解釈に「正解はない」

高校時代の大半は、ロックとバンドとギター(そして男の子)に夢中で、 「学校の勉強 …

手っとり早く「オーラ」を身にまとう方法

「なんか、あの人、オーラがある。」 「あの人がいると、そこだけが輝いて見える。」 …

どうせ見えない未来なら、明るい側面だけを期待して生きる。

「MISUMI、そんなことしてて、将来どうするつもりなの?」 思春期の頃から、ア …