大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

値切らないっ!

   

アジア圏のとある国へ旅行に出かけた時のことです。

あれはどこの国だったか。。
「ショッピングでは値切るのが文化」、
「売り手の言い値で買い物をするのは損」と、
ガイドブックで明言されている国でした。

買い物のたびに、
ああ、どうしよう、どうやって値切るんだろうと、
いても立ってもいられない居心地悪さに苛まれ、

結局、言われたままにお金を払って買い物をしては、
あぁきっと店員たちは、
あたしたちが店を出たとたんに、
しめしめと舌を出しているんだわと、
今度は無力感に苛まれ、

お買い物が楽しいはずの、その国で、
お買い物のたびに敗北感ばかりが募ったある日、
意を決して、「値切る」に挑戦しました。

どんなやり取りをしたかは、
もはや全く記憶にありません。

しかし、お店を出るときに、
ちらっと私を見た店主の忌々しそうな目つきと、
「値切る」という行為におよんだおかげで、
せっかく手に入れた友人へのおみやげが、
いかにも安っぽいものに感じられ、
さらなる敗北感に苛まれたのでした。

値切ることがあたりまえの文化圏に生まれた人たちは、
きっとスマートに値切って、
軽妙なトークでお店の人をも笑かして、
Win x Winムードでお買い物を思いっきり楽しむんだろうなぁ、、、

なにしろ、江戸っ子の父から、
「武士は食わねど高楊枝」というサムライ・スピリッツを、
嫌と言うほどたたき込まれた私です。

苦しい時も気高く生きるのがサムライ。
見栄を張る、やせ我慢する、というのとは、
ちょっと違います。

「値切る」なんて、みっともない。
そんなことばの根底に流れているのは、

自分が「欲しい」と思うほど価値を感じるものならば、
その売り手や作り手にもリスペクトを払うべきだという、
江戸っ子らしい美学でしょう。

(まぁ、やせ我慢も見栄もゼロじゃないけどね。
ぶっちゃけ。)

 

何十年お仕事をしていても、
値切る、値切られる、
いや、価格交渉やギャラのネゴシエーションということ自体が、
どうにも居心地が悪いのは変わりません。

ミュージシャン時代も、
ある程度「定価表」的なものをつくれるようになってからは、
いつも、
「私の定価はいくらいくらです。
私はギャラのネゴシエーションはしませんので、
お支払可能な金額をご提示ください。」と告げるだけ。

先方から、それより低い金額を提示されたときは、
その定価を目安に、
お仕事の内容やスタッフさんとの関係性がつりあわなければ断る。
を貫いてきました。

もちろん誰かにお仕事をお願いするときも、
値切ることはありません。

「その価格だと残念ながらお願いできない。」と伝えるか、
「価格が抑えられるオプションはありますか?」と質問するか、
またはシンプルにこちらの予算をお伝えするか、
その3つのうちのどれかと決めています。

 

お金ほど人の感情が乗る「数字」はありません。

「札びらを切る」ことなど、
まずもってなくなった昨今、
単なる数字と言ってしまえばそれまで。

だけど、そこには人の人生があり、
価値観があり、文化があります。

その数字の意味や、
そこから受け取るイメージ、
その数字を通じて自分を表現する方法は、
100人いたら、100通りある。

値切ることが得意な人も、
値切られることを楽しむ人も、
「値切る」ってなあに?な人も、
全部正しい。

数字で人を値踏みする人がいて、
数字以外の価値を大切と考える人がいて、
数字の意味なんて考えたことがないという人がいて、
それだって、全部正しい。

自分の価値観を大切にしたいなら、
大切にして欲しいなら、
人の価値観を同じように大切にしたい。

自分の尺度で人の価値観を値踏みすることほど、
不毛で無意味なことはありません。

そして、そんなシンプルなことが、
いかにも難しい。

人生、ほんとに、死ぬまで修行です。

一生ヴォイストレーナーのいらない自分になる。MTL ヴォイス&ヴォーカルレッスン12、2019年10月開講・第8期生募集中

 - B面Blog, Life, 音楽業界・お金の話

  関連記事

こんなに欠点はあるけど、自分はそれほど無能なわけじゃない。

「MISUMIさん、また探しものですかぁ・・・?」   手袋 ペンケー …

「モラハラ」に負けない思考法

「ブスが話しかけるんじゃね〜よ!」 さまざまなハラスメントの標的になっていた、か …

「初めて」が「自分の基準」になる!

オーディションなどの審査をするとき、 最初に出てきたパフォーマーが、まずは採点の …

ウサギとカメはどっちがすごい?

私の生涯の夢のひとつに、 「徒競走で旗の下に座りたい」というのがあります。 笑え …

風邪に克つ方法

普段、どんなに目の前でゲホゲホやられても、 「そんな風邪は絶対にうつらない」、と …

人は、他人のにおいに「敏感」かつ「不寛容」なもの。

「角の○○さんのご主人、若い頃はカッコよかったのよ。 ハワイアンバンドにいたらし …

Never Too Late!今しかない!

大好きな英語表現に”Never too late”があります。 直訳すると「〜す …

200個の骨。600の筋肉。

人間のカラダには、およそ200個の骨があると言われています。 その上に乗っている …

行動のパターンを変えると思考が変わる

6日ぶりの更新です。 丸2年前、思いを新たにブログに取り組もうと決心して以来、 …

年齢の制限なんか、単なる幻だ。

中学のときのこと。 当時、クラスで常に成績の1〜3位の上位を争っていた、仲のよい …