大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「できないこと」は「やらないこと」よりも、ずっとずっとマシ

   

「いつかやりたい」「いつかやろう」と思い続けていること、いくつありますか?

 

こどもの頃、「いつかやりたい」と思っていたこと。

世界一周をする。トゥシューズを履いて、バレエを踊る。
スキューバダイビングをする。新体操をやる。
飛行機を操縦する。フルマラソンを走る。英語ぺらぺらになる。
バンドをやる。富士山に登る。海外留学をする。乗馬をする。。。。

 

こどもの頃の「いつかやろう」は、

やがて、「お金ができたら」「時間ができたら」になり、

「こどもが大きくなったら」「仕事が一段落したら」になり、

気づいた頃には、「いつかやりたかった」「今さら無理だ」になっていく。

 

もちろん、「やりたい」の程度にもよりますし、
なんでもかんでも片っ端からやればいいということではないけれど、

 

心の中にずっとひっかかっている「憧れ」のようなものがあるなら、
それはGOサインととらえるべきではないか、というのが私の考えです。

 

「今さら」と思うかも知れないけど、
これからの人生の中で、今日、この瞬間の自分が一番若いわけで。

できない理由を数え上げてため息をついたり、
周囲への言い訳を考えては恥ずかしくなったりする暇があったら、
とりあえず、やってみればよろしい。

 

絶対に確かなことは、
やらないことはできないということ。
そして、やってみなくちゃ、できるかできないかはわからないということ。

 

年齢が、体重が、筋肉が、反射神経が、記憶力が・・・

しのごのしのごの、いいたい気持ちはわかります。

っていうか、この文章は、私自身にも書いているわけで、
だから、思いっきり、しのごのしのごの、言いたくなります。

 

でも、どんな状況でも、可能性はいつだってフィフティ、フィフティ
できるか、できないか。つまり確率は50%なわけです。

 

じゃ、やれば・・・?

 

年齢を重ねることで、若い頃何かをやるよりも圧倒的に有利なことがいくつかあります。

 

1.余計な見栄や競争意識がない分、失敗してもいいや、と力を抜いてやれるから、楽しい。

 

2.物事の本質はみな似たようなところがある。積み上げたさまざまな経験やスキルから、挑戦する物事の本質もとらえやすい。

 

3.人脈やお金があるので、最短距離、最善の方法を選び取れる。

 

いかがでしょう。

 

できないことは、やらないことよりも、ずっとずっとマシ。
少なくとも納得できる。

一歩を踏み出すことが肝心なのです。

6069051_s

 

 

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「憧れのあの人は持っているのに、私は持っていないものリスト」

音楽に目覚め、 「いつかビートルズになる!」と頭の悪いことを真剣に夢見ていた中学 …

スポットライト

大学3年の時、18段変速の自転車を手に入れました。 舗道でも、車道でも、山道でも …

ボーカリストが20代のうちにやっておきたい10のこと

10代、20代のアーティストたち、学生たちを見ていると、 彼らの脳や肉体の柔軟性 …

起きて見る夢 vs. 寝て見る夢

常日頃、道に迷う若者たちに問いかけていること。 「ぜんぶ可能だったら、なにがした …

「歌いたいっ!」が胸を叩くから。

トレーナーをはじめて、 ずっと大切にしてきたことは、 「昔の自分」のまま感じて、 …

「自分の名前」と、今一度向き合う。

作詞者は曲のタイトルを。 編集者は、本のタイトルを。 起業家は会社名を。 そして …

幸せと。寂しさと。そして嫉妬もちょびっと。

自分の仕事の評価を何で計るか? 稼いでいる金額? メディアで取り上げられた数? …

「情報過多」なのではなく、「思考過多」。

毎日、ものすごい量の情報にさらされています。 朝、PCを立ち上げ、webを開いた …

18才のように夢見て、38才のように考察し、28才のように行動する。

18才のとき、夢は無限大でした。 自分自身にも、自分の可能性にも、未来にも、なん …

逃した「チャンス」は本物の「チャンス」なんかじゃない。

「チャンスが来たのに、生かせなかった」と感じたことはありますか?   …