大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「できないこと」は「やらないこと」よりも、ずっとずっとマシ

   

「いつかやりたい」「いつかやろう」と思い続けていること、いくつありますか?

 

こどもの頃、「いつかやりたい」と思っていたこと。

世界一周をする。トゥシューズを履いて、バレエを踊る。
スキューバダイビングをする。新体操をやる。
飛行機を操縦する。フルマラソンを走る。英語ぺらぺらになる。
バンドをやる。富士山に登る。海外留学をする。乗馬をする。。。。

 

こどもの頃の「いつかやろう」は、

やがて、「お金ができたら」「時間ができたら」になり、

「こどもが大きくなったら」「仕事が一段落したら」になり、

気づいた頃には、「いつかやりたかった」「今さら無理だ」になっていく。

 

もちろん、「やりたい」の程度にもよりますし、
なんでもかんでも片っ端からやればいいということではないけれど、

 

心の中にずっとひっかかっている「憧れ」のようなものがあるなら、
それはGOサインととらえるべきではないか、というのが私の考えです。

 

「今さら」と思うかも知れないけど、
これからの人生の中で、今日、この瞬間の自分が一番若いわけで。

できない理由を数え上げてため息をついたり、
周囲への言い訳を考えては恥ずかしくなったりする暇があったら、
とりあえず、やってみればよろしい。

 

絶対に確かなことは、
やらないことはできないということ。
そして、やってみなくちゃ、できるかできないかはわからないということ。

 

年齢が、体重が、筋肉が、反射神経が、記憶力が・・・

しのごのしのごの、いいたい気持ちはわかります。

っていうか、この文章は、私自身にも書いているわけで、
だから、思いっきり、しのごのしのごの、言いたくなります。

 

でも、どんな状況でも、可能性はいつだってフィフティ、フィフティ
できるか、できないか。つまり確率は50%なわけです。

 

じゃ、やれば・・・?

 

年齢を重ねることで、若い頃何かをやるよりも圧倒的に有利なことがいくつかあります。

 

1.余計な見栄や競争意識がない分、失敗してもいいや、と力を抜いてやれるから、楽しい。

 

2.物事の本質はみな似たようなところがある。積み上げたさまざまな経験やスキルから、挑戦する物事の本質もとらえやすい。

 

3.人脈やお金があるので、最短距離、最善の方法を選び取れる。

 

いかがでしょう。

 

できないことは、やらないことよりも、ずっとずっとマシ。
少なくとも納得できる。

一歩を踏み出すことが肝心なのです。

6069051_s

 

 

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

プロの世界で活躍できる子たちの5つの違い

学年の終わりが見えてくるこの時期、 口には出さないけれど、みんな、心の中で 将来 …

『The ワークショップ Show』という挑戦

ヴォイス&ヴォーカルトレーナーとして、著者としての記事はB面、 ヴォーカリスト、 …

「人前で歌うのが怖い」?

人前で歌う事に恐れを感じる人が多いのは、なにも日本人だけの話ではありません。 & …

自分を好きになるということ。

こどもの頃から、 自分じゃない人間になりたいと思っていた年月があまりにも長くて、 …

Never Too Late!今しかない!

大好きな英語表現に”Never too late”があります。 直訳すると「〜す …

「魅せたい自分」を演出する

スポットライトの中の3時間を支えるのは、 何千時間もの、気の遠くなるような、自分 …

「憧れのあの人は持っているのに、私は持っていないものリスト」

音楽に目覚め、 「いつかビートルズになる!」と頭の悪いことを真剣に夢見ていた中学 …

まだやれるから悔しい。 まだ行けるから苦しい。

音楽で食べていかれるかどうか。 そんなことを本気で心配し始めるのは、 大学や音楽 …

「自分」というジャンルを極める

「らしくあれ」。 女子高生時代、創立者のありがたきおことばとして、 朝礼などで、 …

「シンガー」というキャリアのゴールを描く

プロを目差すシンガーたちには、それぞれのゴールがあります。 ゴールが違えば、歩む …