大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

やりたいことを、「はじめるコツ」

   

人は「はじめられない」生き物です。

 

何かをはじめるということは、自分との戦い。

「自分」という、臆病で保守的で怠惰で自己評価の低い最大の敵を、
納得させ、その気にさせ、さらには行動を起こさせなくてはいけません。

 

まず、「今日じゃなくてもいいか」がある。
それから、「お金ができてから」があって、
「時間的に余裕ができたら」があります。

 

人間、「やりたい!」と思い立った時が一番エネルギーが出るもの。
そこからは、基本、エネルギーレベルは下降線です。
 

条件が整うのを待ったり、時期を見計らったりしているうちに、
やりたい気持ちはどんどん薄れ、エネルギーレベルは落ち、
気がつけば、やりたかったことさえ忘れてしまう。

 

そんな、「いつかやりたいこと」、
いや、「いつかやりたかったこと」のリストがどれくらいあるでしょう。

 

そうこうしているうちに、

人生はどんどん複雑になり、
仕事はどんどん多忙になり、
体力はどんどん衰えます。

気がつけば、あれもすればよかった、これもすればよかったと後悔ばかり。

 

そんな人生はごめんですね。

 

私の場合、「はじめる」にはコツがあります。

 

それは・・・お金をつかうこと。

 

「はぁ〜?お金ぇ〜?」と思うでしょうか?
ちょっと考えてみてください。

 

行きたかったコンサートに実際に行けるか行けないかは、
チケットを手に入れたかどうかが決め手になるのではありませんか?

お稽古事が身につくのは、お金を払ったからでは?

お金をかけてそろえた道具は、なんであれ、
やっぱり、もったいないからつかわなくちゃと思う。
だから、それなりに、練習するのではないですか?

 

 

「お金はエネルギー」とは、よく言われることばです。

 

「○○したい!」と自分の中から生まれたエネルギーは、
本来、行動という形で外に放出すべきなのですが、

なんだかんだと行動にブレーキがかかるなら、
「お金」という、シンプルで楽な方法で、
自分の内なるエネルギーを外側に出し、具現化してしまうのが正解ではないか。

 

すると、外に出た、具現化されたエネルギーの力で、
今度は自分が引っ張ってもらうことができるはず。

 

たとえば、ギターを上達したいと思ったら、ギターを買う。
そのギターの魅力に、今度は自分が引っ張られ、
練習をするようになる。

そのギターを誰かに見せたくなって、バンドをやる。
せっかくだから、もっと上達したいと思ってレッスンに通う。

 

旅行に出かけたいと思ったら、その思いを、チケットに変える。
そうすれば、チケットのエネルギーが、
必ず旅行に連れて行ってくれるようになります。

 

いかがでしょうか?

ひょっとしたら、私がケチだから、うまくいくだけなのかもしれませんが、
思い当たることがあったら、是非、やってみてくださいね。

 

36184679_s

 - Life

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

50分の2の法則

「世の中の“おもしろいヤツ”、“デキるヤツ”の存在確率は50分の2である。」 高 …

「アイデンティティ」と向き合う 〜from USA①〜

週明けから10日ほどの予定でニューヨークに来ています。 ニューヨークは1992年 …

自分を好きになる10の方法

自己評価が低いと、なにをやっても心底楽しめないばかりか、 行動の精度もあがらない …

生(リアル)な音、ください。

溝が浅くなるまで、繰り返し聞いたレコード。 ぼろっぼろになるまで、使い込んだ歌詞 …

手っとり早く「オーラ」を身にまとう方法

「なんか、あの人、オーラがある。」 「あの人がいると、そこだけが輝いて見える。」 …

本質で語れ!

ヴォーカリスト、作詞家、歌の先生とキャリアを重ねて、 なかなかの「いいお年」にな …

数字じゃなく、「ひとりひとりの顔」に想いを馳せる!

ご存じのように、昨年12月から、 「365日毎日メルマガ宣言」をし、 毎朝10時 …

「いつはじめるか」じゃない、 「いつまで続けるか」が重要なのだ。

「やっぱりピアノは幼稚園くらいからはじめないと、モノにならないわよ。」 &nbs …

「この辺でちゃんと仕事に就こうかなと思ってるんですけど・・・」

「MISUMIさん、俺、この辺でちゃんと仕事に就こうかなと思ってるんですけど・・ …

接客が嫌いなら客商売はやめたまえ。

「接客が嫌いなのに客商売をやっている」という、 意味不明な人に、時々出会います。 …