大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ほんっとに「一期一会」

   

一期一会。

若かりし頃はあまりピンとこないことばでしたが、
年を重ね、世界を巡り、
さまざまな出会いと別れを繰り返して、
ほんっとに身に染みるようになりました。

「また会える」と思うんですよね。
人生がまだまだ続くと信じている頃は。

訪れて気に入った場所に「また来よう」と思う。
けど、ほとんどがそれっきり。

日本に住む誰かなら、
ちょっと勇気を出せばどこかで再会を果たせるかも知れない。

しかし、海外で出会った人たちに再会するのは、
途絶えることなく連絡を取り合っているか、
よほどの幸運に恵まれるか、
猛烈なエネルギーを使わなければ無理です。

仕事の現場でも同じです。

音楽業界のお仕事は、
「はじめまして」の連続です。

スタジオも、サポートも、セッションも、ライブも、
メンバーも違えばスタッフも違う。
ライブやコンサートなら、
もちろん来てくれるお客さんも違います。

恒例のツアーやイベントが終わって、
「また来年ね」と気楽に別れて、
それっきり会っていない人がどれだけいるか。

人や仕事を大切にするって、
たとえそのときが最後となっても、
悔いを残さないように、

心を尽くして語り、
心を尽くして仕事をする、

それ以外にないのです。

コロナの影響で、
いきなり中止になってしまったイベントや
いきなり打ち切りになってしまった育成のお仕事がありました。

「まだまだこれからよ!みんな、がんばって練習するのよ!」
と、がっつりハッパをかけて、
「じゃ、また再来週ね。」と別れた若者たち。

中には、2年、3年とレッスンを見てきた、
ティーンエイジャーたちもいました。

「お休み」でも「延期」でもなく、
「おしまい」です。

エンタメ業界全体がどれだけ大変な状況かを考えれば、
致し方ないこととはいえ、
スタッフさんたちも、
本当に苦渋の選択だったこと、想像に難くありません。

あのとき私は、
彼らと、彼女たちと、どんな顔で別れたか。

彼女たちひとりひとりに、
私はどんなことばをかけたのだったか。

私が伝えてきたことは、
どんな風に彼らの胸に残るのだろうか。

いつかどこかで再会することがあっても、
それは、すっかり成長した、別の彼たち。彼女たち。

二度と共有できない時間を思うほどに、
一期一会の大切さを心に、
カラダに刻みつけ、
日々精進を重ねようと誓うのです。

みんな、元気でがんばるんだよ〜〜。

 

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, Life, ある日のレッスンから

  関連記事

やりたいことを、「はじめるコツ」

人は「はじめられない」生き物です。   何かをはじめるということは、自 …

ヴォイストレーナーという仕事

自分にできないことは教えられない。 いろいろな考え方があるでしょうが、 私は、歌 …

「想像力」と「思いやり」がコミュニケーションの鍵!

ここ2~3日、ものすご〜くいろいろな社会の、 いろんなタイプの人たちと、いろんな …

「バンド、やりたいんですけど・・・」

「バンドやりたいんですけど・・・」 学生から、そんな相談を、よく受けました。 え …

「 自己評価 x 体感努力量 」vs.「他人の評価 x 仕事の成果」

学生時代、こんな人は回りにいませんでしたか?   試験の朝、 「俺、め …

落ちるときにはとことん落ちる

身も心も、奈落の底まで落ちるような感覚を経験したことのないという人は、 世の中に …

素直じゃない人

「ハイという素直な心」。 女子校時代、朝礼の訓示で、 時の校長先生が必ず唱えた『 …

現実が自分にフィットしないときに、 なぜ、自分を合わせに行こうとするのか?

生涯を共にできるようなメンバーになかなか巡り会えず、 日々バンドの人間関係に悩ん …

酒とタバコと断崖絶壁

学生時代からバンドをやって、 学祭やライブなどで歌ったり、演奏したりしていた、 …

当たり前に続けることが、「特別な力」になる。

中学、高校と、 6年間も練習をしまくったにも関わらず、 ピアノもギターも「残念」 …