大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「できたらいいな」と思うことと「本当に好きなこと」の決定的な違い

   

書くことが好きです。

ほっといても書く。
学生時代など、授業中に全く授業聞かずに、
丸1日ノートを書いてたことなんて、ざらでした。
疲れるほど書く。頭がぱんぱんなほど書く。

これが好きなことっていうもんだよなと、我ながら思います。

「好きなことを仕事にする」ってよく言うけれど、
それって、「こんなこと仕事にできたらいいな」って、
なんとなく思うことを指しているのではないんですよね。

放っておいてもやらずにいられないこと。
やめろって言われてもやっちゃうこと。
苦しくても、辛くても、
やっぱり好きで好きでやめられないこと。

「歌手になりたい」って言う若者に、本当にたくさん会ってきたけど、
ほっといても気が付いたら曲書いてるとか、
言われなくても死ぬほど歌っているとか、
そういう、音楽馬鹿みたいな子は、ほんの一握り。

「うまくなりたい」のは、
まわりに「うまくなれ」って言われるからだし、
「曲がつくりたい」のは、
「アーティストになりたいなら曲ぐらい書けなくちゃ」って思うからだし。
つまり、なんかのためにやらなくちゃって思っている。

それは、「好きなことを仕事にしたい」というのとは違います。

歌手というコンセプトで有名になりたい、目立ちたいっていうのが、
その人のやりたいことで、
クリエイトしたいわけでも、パフォーマンスのクオリティを上げたいわけでもない。

だから、歌ったり、曲をつくったりするプロセスが
そのまんま、「がんばらなくちゃ」という苦痛の対象になるわけです。

「毎日すっごいがんばってる」とつらくなったら、
一度、立ち止まって、
本当にやりたいことは、何なんだろうと考えてみるべきです。

今がんばっていることをばーっと並べて、
それはやらなくてもいいよって誰かに言われたら、
やめるであろうことを排除していく。

逆に、これが自分の人生からなくなることが考えられないってことを見極める。

歌手じゃなくてもいいのかもしれない。
音楽じゃなくてもいいのかもしれない。

本当にやりたいことが「有名になりたい」なら、
曲だって、歌詞だって書かなくたっていいし、
なんならうまく歌えなくても、今の時代、なんとでもなります。

苦痛を感じながら、がんばるより、
本当にやりたいことを実現するための方法を、
いっぱい考えて、どんどん実行に移す方がいい。

苦痛を感じてもがんばるべきなのは、
心の底から実現したいことが思うようにできない、
形にならないときだけ。

毎日すっごい歌っても理想通りの歌にならないとか、
何曲書いても、突き抜けないとか。

「練習しなくちゃ」、じゃないし、
「曲書かなくちゃ」、じゃないんですよね。

あなたが本当に好きなことはなんですか?

●初心者からプロフェッショナルまで、月刊誌のように手軽に楽しく歌がうまくなるサブスク“声出していこうっ!Monthly Video Program”、はじめました!

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

「歌うのが嫌い」という人の本当のわけ

「音楽に興味がない」「興味が持てない」という人は、ときどきいますが、 「音楽が嫌 …

「型」か?没個性か?

日本の幼稚園の先生たちは、 「さぁ、みんなでブランコに乗りましょう。」 「次はお …

誰に話しても「ウソぉ〜」と言われるOnline映像制作秘話②

まだセミアマぐらいだった頃、 映像系音楽プロデューサーの アシスタントをしていま …

上達するためのプロセス

高い声を出したい。 もっと正確にピッチやリズムを刻みたい。 速いフレーズを的確に …

仕事中毒=「超人病」が、カラダと心を破壊する

ワーカホリック。 日本語で言うと、仕事中毒。 常に仕事をしていないと、または、そ …

今日も静かにハイテンション。

今日もよくお仕事をして、頭の中がわんわんしています。 昨日なんとなく書いてみた「 …

「負の妄想」をぶっ壊せ!

一昨日のマインドセットセミナーで、 15年前の妄想日記の一部を紹介するという、 …

とりあえず飛び込め~Singer’s Tips #32~

うまくなったら、バンドやりたい。 いい曲書けたら、音源つくりたい。 自信がついた …

スタートを切る

いつも「空想」に成り下がる 私の思考 私の思想 人に甘え 時代に溺れ 平凡な日々 …

「迷い」に耳を貸さない覚悟

「これだ!」と閃いて、 ワクワクはじめたはずなのに、 なぜかうまくいかない、 こ …