大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

メイクに目覚める年齢 vs. あきらめる年齢

   

大学4年の頃、よく遊んでいた同級生の男子に、いきなり、
「っていうかさぁ、コサカさんは、なんでお化粧しないわけ?
A子ちゃんだって、B美ちゃんだって、仕上がりは残念だけど、それなりにがんばってるじゃない?少しは女らしくしなさいよ。」と言われ、衝撃を受けました。

その瞬間まで、自分がお化粧してないなんてことを、ただの一度も意識したことがなかったし、他人がお化粧をしているか、否かなんてことが気になる人がいるなんて、想像もしていなかったし、ましてや、同級生の男子に、そんなことでとがめられるなんて、まったくの心外だったのでした。

メイクに目覚める適正年齢って、いったいいくつなんだろう?

そういえば、『小さな恋のメロディ』では、まだ小学生だったメロディがお母さんのメイク道具をこっそり使って、お化粧をするシーンがあったっけ。

社会人になれば、お化粧は身だしなみとされる風潮さえあるのだから、高校の授業でメイクを教えたってよさそうなもの。
先輩や同級生に素敵なおしゃれをしている人がいれば、自分だって影響を受けて、少なくとも興味は沸いたかもしれない。

メイクや髪染めどころか、ちょっと眉毛を細くしているとか、髪にレイヤーが入っているとかいうくらいで、呼び出されたり、生徒証を取られたりするような、とんでもない中高一貫の女子校に通っていたせいで、お化粧している同級生を見たことがなかった私。
音楽に夢中だったのに、ビジュアル面には全く意識がいかなかったこともあいまって、大学卒業を前に、山出しのジャガイモのような状態だった私を、彼は見るに見かねたのかも知れません。

そんなんでね。苦労しましたよ。
完全に出遅れた形でメイクをはじめて、ルッキズム全盛、セクハラモラハラパワハラのデパートといえる音楽業界に飛び込んで。

あれからむにゃ十年。

何年か前に母に聞きました。
「もうさー、美容院も化粧品もドンドンお金かかるのよね〜。
一体いくつになったら、もういいかなって、お金かからなくなるんだろう。」

「お金かからなくなるときは、死ぬときだね。
おばあちゃんは、80になっても化粧品は上等なの使ってたわよ。」

そう言っていた母も間もなく90才。
先日の引っ越しで、小洒落たドレッサーを買いました。

多少スタートの遅くたって、ちゃんと帳尻はあうのが人生。
まだまだ当分がんばります。

 - Life

  関連記事

「続けること」のチカラ

今、どうしても叶えたいことがあったとして、 それがこの先10年間、 コツコツ何か …

逃した「チャンス」は本物の「チャンス」なんかじゃない。

「チャンスが来たのに、生かせなかった」と感じたことはありますか?   …

飽きず、 腐らず、 あきらめず。

自らが選んだ道の上で、 人に選ばれ、 人に望まれ、 人に期待されること。 &nb …

「アイデンティティ」と向き合う 〜from USA①〜

週明けから10日ほどの予定でニューヨークに来ています。 ニューヨークは1992年 …

人生はリハーサルのない、1度限りのパフォーマンス

ひとりのミュージシャンの生涯には、 どのくらいの苦悩や葛藤、挫折があるのでしょう …

「人前で歌うのが怖い」?

人前で歌う事に恐れを感じる人が多いのは、なにも日本人だけの話ではありません。 & …

「それは、MISUMIさんが無理だって思っているからです」

後に圧倒的な成功を手にすることになる、 ある若き女性と、 食事をしていた時のこと …

「なにがしたいか」にフォーカスする!

はじめて、音楽制作のために買いそろえたのは、Rolandのキーボードとシーケンサ …

人が日課をつくる。 日課が人をつくる。

朝起きた瞬間、 テレビをつけてその前に座り込む人。 もう一回寝ちゃおうと、二度寝 …

ゼロ地点に戻れる曲は あるか?

KIMICOKOライブ以来、不定期ながら朝練を続けています。 最近のお気に入りは …