大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

続けたいことを続ける4つのポイント

   

エクササイズや練習、ダイエット、勉強、日記にSNS…
何をはじめても続かない。
続かないとわかっているからはじめられない。
そんな人に、「続けるコツ、やめないコツはなんですか?」という質問をよくされます。

続けられない主な理由は、
・つい、忘れてしまう。
・ 忙しい、または、めんどうになって後回しにしているうち、できなくなって、「明日からがんばろう」となる。
・がんばろうと思うほどにつらくなって、やめてしまう。
などでしょう。

続けるポイントは4つあります。

ひとつめ。
「続けたいことは朝一にやる」

朝って、一番雑念が少ないんです。
まだ頭が回ってないから、あれこれ考えられない。
自動的にカラダが動くように、時間とやることを前もって決めておけばいい。
他の人からのスケジュール干渉も起こりにくい時間です。
起きる時間をちょっとだけ早めればいいわけです。

ふたつめのポイントは「自分に優しく」

何かを習慣したいなら、最初からハードルを上げないこと。
30分早起きしてジョギングしようとか、
1時間早起きしてブログを書こうとかって、
誰が考えたって気が重い話です。

10分だけ早起きして、まずは、毎日家のまわりをぐるりとひとまわりする。
3行ブログをはじめる。
そのくらいのライト感覚が大事。

「続かなくてもいいけど、ま、やってみるか」
「テキトーでいいから、とりあえず毎日1個、形にするか」など、
と自分に言いきかせるくらいの方が、習慣化しやすいものです。

3つめのポイントは、ずぼらな自分のために、
「ルールはゆるめに設定すること」

「毎朝ジョギング」じゃなくて、「2日に1回」と決めれば、
雨の日はサボれるし、早く仕事に出なくちゃいけない日があったら、
前倒しで2日連続走ればいい。

ブログや日記も、どうしても疲れて書きたくないとか、
何にも浮かばないなら、「今日は書けない」と書くことでもOKとするとか。

こういう、自分への思いやりを盛り込んでルールを決めると、
罪悪感がおきにくくて、続きやすいんですね。

ラスト、4つめのポイントは「期間やゴールを決めること」

最初から「一生続ける」と考えると、なんだか気が遠くなるしぞっとしませんか?
期間やゴールを設定すると、とにかくそこまではがんばり続けようという気持ちが働きます。
だから続けられるんですね。

ただし、ダイエットなど、数値を達成すれば満足できるものはともかく、
健康維持のためのエクササイズやSNSなどは、最低でも6ヶ月〜1年くらいの長期ゴールがお勧め。
半年〜1年がんばると、確実に結果が出ます。
ここまで続けたんだから、もう1年やろう、というように、ほんものの習慣になります。

続けたいことをはじめるのに、最適なのは、元旦より立春。
まわりがお正月気分で湧いているのに、いきなり自分に厳しくすることは無理ですし、
1月は、まだまだ暗い。寒さが厳しい時期でもあります。
一方立春は、春に向かって、日の昇るのが早くなってくる時期です。
まだまだ寒いですが、確実に春に向かっていく空気感が感じられるし、
2月を乗り越えると、3月4月と、どんどん楽になる一方です。

まもなく立春。
ここらでなにか、続けたいこと、はじめてみませんか?
私も、はじめます!

■メルマガ『声出していこうっ!』。ブログから、さらに1歩進んだお話をしています。ご登録いただいた方全員に、『朝から気持ちい声を出すためのモーニングルーティン10』をプレゼント。ご購読はこちらから。

■FBの著者ページにて、歌が大好きなあなたのためのスペシャルコンテンツを(ほぼ)毎日アップしています。FBに登録していない方もごらんいただけます。

 - Life

  関連記事

自分が自分であることの奇跡

今日はお誕生日でした。   いくつになっても、誕生日はとてもワクワクし …

こんなに欠点はあるけど、自分はそれほど無能なわけじゃない。

「MISUMIさん、また探しものですかぁ・・・?」   手袋 ペンケー …

「そこにいること」の大切さを語りすぎることは、たぶんない。

長年、音楽の仕事をしていると、 「そこにいること」の大切さが、しみじみわかります …

音楽を「職業」にしないという選択

若い頃から音楽を志して、寝る間も惜しんで練習や創作、 ライブ活動に打ち込んで来た …

「好き」をどこまでも追いかける。

「好き」という感情くらい強烈なエネルギーを持つものはありません。 どんなに疲れて …

“Discover Book Bar”にてお話させていただきました!

『「自分」が伝わる声ヂカラ』をディスカヴァー21さんから出版させていただいたのが …

人には、人の「道筋」がある。

学生時代、得意だった科目に『論理学』があります。 一般教養の範囲ですし、 正直、 …

「がんばれる」仕組みをつくる

世の中にはがんばれる人と、そうでない人がいます。 がんばれる人からすると、がんば …

「声」はエネルギー。

キャリアの節目を迎え、 「急に、自分の声が気になるようになって」と、 レッスンや …

発信することは、ライブ・パフォーマンス。

「毎日、すごい勢いでブログをあげてるね」 最近、そんな風にいわれます。 しばらく …