大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

カセットテープ、どうしてます?

      2020/05/26

データ断捨離もほぼ終了したところで、
「眠っているデモ音源をライブラリーに登録しませんか?」
という、ありがたいお話をいただいていたことを思い出し、
80年代からつくり続けてきた、
オリジナル曲のデータをまとめはじめました。

もの凄い曲数と、
関わっていただいたミュージシャンやプロデューサーの人数、
そして、つくった場所やシチュエーションの
バリエーションもさることながら、

そのフォーマットのバリエーションに眩暈がしそうになりました。

4トラックカセットがマスターで、
それを2トラックカセットにトラックダウン。

それを「コピーマスター」と称して、
ダブルカセットデッキでコピーして、
さまざまな人に聞いてもらうプロモ音源をつくる。

で、そのコピーマスターを、
「いい音でキープしておくため」、
DATにまとめて保管。
(奥さん、ご存知ですか?DATですよ。DAT。)

もしくは、MDに落として保管。

で、それをですね、
PCに取り込んで、
お馬鹿な私はこの時点でmp3に変換してまして、
保存しておりました。

ところが、音を聞いてみると、
そもそもカセットテープだったものは、
な〜んかシャーッって言ってるし、

それをDATにダビングした時点で、
レベルを確認しなかったんでしょうね、
なんか、デジタルのノイズが入っているし、

MDになっちゃってたやつは、
もうその時点でぺらっとしてるし、

でもって、せっかく元はアナログだったのに、
mp3って・・・。
しょぼいやんっ!

さて、どうしたものか。

かつて一緒に制作していただいていた方に
ご連絡してしまったおかげで、
今度はその方が、
「倉庫ひっくり返し」に巻き込まれちゃったみたい。

こんなんあったよ・・・と、
私も持っていないようなバージョンや、
ライブレコーディングのテープを、
これまたWAVで送ってくださって・・。
ありがたいです。すみません。

さて。

やっぱりカセットのマスターを、
もう一回PCにWAVかなんかで取り込むしかないわね、
と思ってみたら、

ほら、カセットデッキなんか、
2人の合わせて、何台もあったはずなのに、
残っているのはたった1台。
しかも、動作不安定。

しかも、それをPCに取り込むには、
今度はインターフェースがいるとくる。

いや〜ん。

わかった。

そんなら、まぁカセットはジェフ夫さんも死ぬほど持ってるし、
このままいくと、一生聴けない音源ばかりだからと、
思い切ってカセットデッキを、
今さらですが、買っちゃおう!ってなったら、

お客さん、
今度は、
PCに取り込めるのを日本でつくっているのは、
TEACだけで、
しかも、2種類しかないって言うんですよ。

で、なぜか、ダブルカセットなんですよ。

「今さらカセットデッキ買う?」
という質問は受け付けません。

明日届きます。

USB付き、最新型・・・カセットデッキ。。。

部品を作っている会社がなくなったとかで、
きっと間もなく販売終了。

 

・・・で、みんなは、カセットテープ、
どうしてます?

 

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, Life, 音楽

  関連記事

「好きだから」っていう動機が一番すごい!

「キミのためなら死ねる」 『愛と誠』という漫画の脇役である岩清水くんの名セリフで …

Never Too Late!今しかない!

大好きな英語表現に”Never too late”があります。 直訳すると「〜す …

ウソをつくなら、自分を騙せ!

ウソはダメだとわかっているのに、人は時々ウソをつく。 いや、時々じゃなく、意外に …

「とろい」って言うなっ!

「キミは運転、向いてないねー」 この人生、 「向いてない」と言われたことは数々あ …

行き詰まりを感じたら、まず「行動」。

火曜日からワーケーションで伊豆に来ています。 環境が変わったせいか、 過去を振り …

「迷い」に耳を貸さない覚悟

「これだ!」と閃いて、 ワクワクはじめたはずなのに、 なぜかうまくいかない、 こ …

「いいわけ」100連発。

お金がない、 時間がない、 ノウハウがない、 若さがない、 美貌がない、 エネル …

肉体は変化する

ずいぶん前のことになります。 クラプトンのコンサートのチケットがあるからと、 友 …

「この辺でちゃんと仕事に就こうかなと思ってるんですけど・・・」

「MISUMIさん、俺、この辺でちゃんと仕事に就こうかなと思ってるんですけど・・ …

バンドやりたい。

若者の頃に出会ったメンバーと、 生涯バンドを続けて行く。 これって、初恋の恋人と …