大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「悔しい」「うらやましい」「憎たらしい」がパワーの源

      2015/12/20

自分が叶えたくて仕方のない夢を、
身近にいた人があっという間に実現してしまったとき、人の反応はさまざまです。

諸手を挙げて、心から、心底、相手の夢の実現、成功をひたすら喜び、
祝福する、という神の領域に近い人。
稀に、ホントに稀にいるようですが、
たぶん、このブログは読んでいないでしょう。

大方の人は・・・

うわ〜〜、いいなぁ〜、ずるいなぁ〜、
なんで私じゃなくて、あの子なわけ〜?
うっそぉ〜、信じられないぃ〜・・・と嫉妬に狂う。暴れる。

あんなにがんばったのに・・・
どうせ私なんて(俺なんて)・・・と、やさぐれる。
あの子は可愛いから(ハンサムだから)、得な性格だから、頭がいいから、
親がお金持ちだから、男好きするから(女にもてるから)・・・などと、
相手の、自分よりも優位な点を次々とあげて、自分を納得させようとする。
どうせ枕営業したんだ、裏でコネ使ったに決まってる、
ホントは超嫌なヤツなのに、みんな騙されてるんだ・・・などなど、
とりあえずディスる。
所詮ポッと出てきて成功したからって、長続きするわけがない、
今に、まわりが気づくはずだ、
いい気になるとろくなことがないって言うじゃないか・・・と、
相手の失敗を期待する。

・・・などなどを、祝福する、しなくちゃ、という気持ちとともに、
行ったり来たりするのではないでしょうか?

(少なくとも、私はそうです。認めます。)
それ自体はけしてポジティブなことではないかもしれませんが、
しかし、ここで、そのエネルギーを押さえ込むことは、意味のないことです。
いい人ぶって、もしくは、いい人になろうとして、
爆発する感情を抑え込んでも、なにも好転しないからです。

むしろ、思いきり身をまかせて、悔しさや辛さやうらやましさに身をまかせ、
どろどろな自分にうんざりするまで浸って、
そこから、不死鳥のように、そのエネルギーを昇華することの方が大事だと思うのです。
ネガティブな気持ちの向こう側に、発想の転換があります。

あの子ができたことなのだから、自分にだってできる。

あの子のやり方をマネすれば、近道がみつかる。

「夢を実現する人」が、この界隈で、たったひとりとは限らない。

彼が(彼女が)ツイテいるということは、もしかして、
自分周辺に、今、チャンスの女神が微笑んでいるのかも。

彼(彼女)を前例として、違うやり方を編み出せば、
自分にもチャンスはある。

彼(彼女)と同じやり方をしていてはダメだから、自分らしさを極めよう。

 

・・・などなど、
やがて、セルフイメージが高まり、新たな扉を開く力がみなぎってきます。

そこからが本当の勝負です。

いつも心に留めておきたいのは、こんなことば。

成功は人の数だけある。

夢に向かって前進し続けている限り、挫折はない。

そして、
うさぎとカメというけれど、
うさぎの寿命はせいぜい7〜8年。
カメの寿命は数十年。
多少出遅れたって、それが何だって言うんだと。

19094701_s

 - Life

  関連記事

まず、やれ。文句を言うのはそれからだ。

「あの程度のコード進行の曲なら、その気になれば何曲でも書けるぜ。」 「こいつ、こ …

「謙遜しない」という生き方

「私はただのシロウトなので」 「下手のよこずきで」 音楽やっているんですか?と聞 …

シンプルでもいい。複雑でもいい。「生きる」を楽しむ。

学生時代、小笠原の父島という島を、 友人たちと共に自転車を担いで訪れたことがあり …

人生は声帯様!

新年おめでとうございます! 2020年初ブログです。 お正月三が日は毎年、 今年 …

年齢の制限なんか、単なる幻だ。

中学のときのこと。 当時、クラスで常に成績の1〜3位の上位を争っていた、仲のよい …

「情報過多」なのではなく、「思考過多」。

毎日、ものすごい量の情報にさらされています。 朝、PCを立ち上げ、webを開いた …

「自信」に根拠なんか、いらない。

ヴォーカルのプロとしてさまざまなお仕事をしながらも、自分に全然自信が持てなかった …

直感にしたがえば、思いがけない未来と出会える!

「なんだか気になる人は、実は、自分が今、求めている情報を持っている人。」 『聖な …

本当に大切なことは現場が教えてくれるんだ。

某映画のバンド演奏のシーンの撮影に立ち合ったことがあります。 役回りは、出演者の …

時間は前にしか進めない。

昨日、ロンドンへ向かうの飛行機の中でのこと。 周囲の人が何度も自撮りをしたり、 …