大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「悔しい」「うらやましい」「憎たらしい」がパワーの源

      2015/12/20

自分が叶えたくて仕方のない夢を、
身近にいた人があっという間に実現してしまったとき、人の反応はさまざまです。

諸手を挙げて、心から、心底、相手の夢の実現、成功をひたすら喜び、
祝福する、という神の領域に近い人。
稀に、ホントに稀にいるようですが、
たぶん、このブログは読んでいないでしょう。

大方の人は・・・

うわ〜〜、いいなぁ〜、ずるいなぁ〜、
なんで私じゃなくて、あの子なわけ〜?
うっそぉ〜、信じられないぃ〜・・・と嫉妬に狂う。暴れる。

あんなにがんばったのに・・・
どうせ私なんて(俺なんて)・・・と、やさぐれる。
あの子は可愛いから(ハンサムだから)、得な性格だから、頭がいいから、
親がお金持ちだから、男好きするから(女にもてるから)・・・などと、
相手の、自分よりも優位な点を次々とあげて、自分を納得させようとする。
どうせ枕営業したんだ、裏でコネ使ったに決まってる、
ホントは超嫌なヤツなのに、みんな騙されてるんだ・・・などなど、
とりあえずディスる。
所詮ポッと出てきて成功したからって、長続きするわけがない、
今に、まわりが気づくはずだ、
いい気になるとろくなことがないって言うじゃないか・・・と、
相手の失敗を期待する。

・・・などなどを、祝福する、しなくちゃ、という気持ちとともに、
行ったり来たりするのではないでしょうか?

(少なくとも、私はそうです。認めます。)
それ自体はけしてポジティブなことではないかもしれませんが、
しかし、ここで、そのエネルギーを押さえ込むことは、意味のないことです。
いい人ぶって、もしくは、いい人になろうとして、
爆発する感情を抑え込んでも、なにも好転しないからです。

むしろ、思いきり身をまかせて、悔しさや辛さやうらやましさに身をまかせ、
どろどろな自分にうんざりするまで浸って、
そこから、不死鳥のように、そのエネルギーを昇華することの方が大事だと思うのです。
ネガティブな気持ちの向こう側に、発想の転換があります。

あの子ができたことなのだから、自分にだってできる。

あの子のやり方をマネすれば、近道がみつかる。

「夢を実現する人」が、この界隈で、たったひとりとは限らない。

彼が(彼女が)ツイテいるということは、もしかして、
自分周辺に、今、チャンスの女神が微笑んでいるのかも。

彼(彼女)を前例として、違うやり方を編み出せば、
自分にもチャンスはある。

彼(彼女)と同じやり方をしていてはダメだから、自分らしさを極めよう。

 

・・・などなど、
やがて、セルフイメージが高まり、新たな扉を開く力がみなぎってきます。

そこからが本当の勝負です。

いつも心に留めておきたいのは、こんなことば。

成功は人の数だけある。

夢に向かって前進し続けている限り、挫折はない。

そして、
うさぎとカメというけれど、
うさぎの寿命はせいぜい7〜8年。
カメの寿命は数十年。
多少出遅れたって、それが何だって言うんだと。

19094701_s

 - Life

  関連記事

誰も「いい声」になんか、興味ない。

『アラジンと魔法のランプ』の実写版、 『アラジン』が話題です。 こどもの頃、 3 …

「やった感」はいつだって、ちょっと痛い。

みなさん、明けましておめでとうございます! 2017年がはじまりました。 みなさ …

行動のパターンを変えると思考が変わる

6日ぶりの更新です。 丸2年前、思いを新たにブログに取り組もうと決心して以来、 …

「そこにいること」の大切さを語りすぎることは、たぶんない。

長年、音楽の仕事をしていると、 「そこにいること」の大切さが、しみじみわかります …

こんなに欠点はあるけど、自分はそれほど無能なわけじゃない。

「MISUMIさん、また探しものですかぁ・・・?」   手袋 ペンケー …

もらったもの

小学校の高学年になったばかりのこと。 教室で男の子たちが真剣な面持ちで将棋を指し …

何を切り取るか。どう切り取るか。

家族や友人たちと、昔の思い出話をしていると、 記憶に蘇ることや、「こんなことがあ …

「今さらそんなことして、どうするつもりなの?」

思わず口をついてでることばには、 その人が日頃、何を信じているかが反映されます。 …

センサー、壊れちゃったんですね。

先ほど、今日発行するメルマガを書き終えました。 今日のメルマガは、 『自分のカラ …

「どうやったらできるか」じゃなくて、「どうやったらなれるか」。

「どうやったらできるか」が知りたいのは、 真面目に学ぶ気のある人のお話です。 た …