大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

怖いなら、目をつぶって飛び込め。

   

人生のターニングポイントとも言うべき、
大きな出逢いや変化には、
ドキドキやワクワクと同じくらい、

胃の縮むような緊張、
不安や恐怖、
そして時に、具合が悪くなるほどの、どん底感がつきものです。

無謀な挑戦とさえ思えるような仕事。
想像したこともなかったチャンス。
分不相応とさえ思える出会い・・・。

安心領域から抜け出ることなしに、
真の成長はあり得ません。

不安や恐怖は、成長痛のようなもの。

怖いから、飛び込む。
不安だから、学び続ける。
どん底の苦しさに、耐える、戦う、挑み続ける。

いやいや。
けして、不快なことや、危ういことをやれと言っているのではありません。

ただね。
人生最大のチャンスは最大の試練の顔でやってきたりする。
これは、真実なんです。

ワクワク、ドキドキするほどの出会いを前にすると、
果てしなく、自分がちっぽけに見えます。

ああ、無理だ。
自分には、そんな実力はない。
無理するとろくなことない。
いや。かえって、迷惑をかける。
できっこない。
恥かくだけだ。
そもそも、こんなチャンスがくること自体が間違いなんだ。
どうせ自分には、向いてない。
いや、別に、きっとやりたいわけでもない。。。

安心領域にとどまりたい本能が、
そんな風に次々と自分自身を言いくるめようとするのも、

 

「そんなん、無理に決まってる」
「やめとけば?今のままの方が安全でしょ?」
「どこ目指してるの?」
・・・etc.etc.
ドリームキラーたちが、口々にそんな、
親切めかしたことばを投げ掛けてくるのも、

運命に試されている証拠。

怖いなら目をつぶったまま。
不安なら、まだ見えない未来を思って。
苦しいなら、あと30センチ、もう50センチ・・・と。

飛び込む。もがく。匍匐前進で進む。

痛みのない成長なんてありません。

どんなに軽やかにキャリアをトリップしているように見える人だって、
いつだって、勇気を奮いたたせて、
1歩また1歩と、足を前に出しているのです。

そんな勇気が、お腹の底から湧いてくる限り、
まだまだ成長し続けられる。

成長には、引退も卒業もないのです。

 

◆歌う心とカラダに活を入れる2日間。MTLサマースクール2022
リアルとリモート同時開催。
◆公式LINE、はじめました。ご質問やお悩みにもお答えしていきます。
ご登録はこちらから。

 - Life, The プロフェッショナル, 夢を叶える

  関連記事

ひっぱたかれても納得できないことはやらない!

  まだ幼稚園に通っていた頃。 つまりとんでもなく昔のお話ですが。 & …

「生みの苦しみ」

作品をつくり出すことは、非常に苦しい作業です。     例え …

上達するためのプロセス

高い声を出したい。 もっと正確にピッチやリズムを刻みたい。 速いフレーズを的確に …

「ダメ出し」は信頼の証し(あかし)!

レコーディングなどで、歌っている最中、 自分自身が、「あ、イマイチだ」と思った歌 …

「リハーサルって何回くらいやるんですか?」

ライブに来てくれる学生たちによく聞かれる質問のひとつに、 「リハーサルって何回く …

「切り際」で、歌は素晴らしくも、へったくそにもなる。

昨日、「音の立ち上がり」は、 歌い手の声の印象を大きく左右する、 というお話をし …

人間関係は「見極め」と「覚悟」なのだ。

最近、「あぁ、なんでこの人は、わかんないんだろう。」と、 苛立つことが立て続けに …

音なき音楽をキャッチする

歌や音楽を学びたい、極めたいと思うとき、 ついつい、音楽のことばかりを考え、 ま …

出会いの数だけ別れがある

音楽はたくさんの出会いをくれます。 音楽はひとりではできないから。 一緒に演奏す …

「振り返ればいつも若造」reprise

「振り返ればいつも若造」。 何年か前から使っている、お気に入りの言い回しです。 …