大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

夏の価値を高める「8月いっぴっ!」の習慣

   

こどもの頃から、
月初めの日記には、
今月やったるで!なことを書き並べ、
最後に自分のサインと
そして、「○月いっぴっ!」と書くのが好きでした。

この「いっぴっ!」を書き込むと、
なんだかワクワクして、
今月もがんばっちゃおうと思えるのです。

特に8月は1年の中でも大事な1ヶ月。
アクティビティやイベントも多いこともあって、
ワクワクと焦り、
そして、ちょっとだけ憂鬱が一緒にやってきます。

この夏、こんなことを叶えてやる!
あれも、これも、楽しみたい!
でも、ホントにそんなにやりきれるのかな?
そうやって、あっという間に夏が終わっちゃうのかな・・・?

いや。焦っても、焦らなくても、
がんばっても、がんばらなくても、
夏はあっという間に過ぎていくから。

せめて今日くらいは、
夏の目標を書き綴り、決意する時間を過ごしたい。

・・・と、書き始めて、
夏の記憶を辿っていたら、
楽しかったあんなこと、
思えば苦しかったけど、結局はいい思い出になっちゃったこんなことが、
次々と蘇ってきて、
気づいたらめちゃくちゃ時間が経っています。

もちろん、なんとなく忙しかったというだけの夏も、
たくさんありました。

忙しいから、特別な目標も持たず、とにかく毎日がんばろう。
遊んだりする余裕もないし、
どうせ、どこへ行っても混んでるから、仕事しよう・・・。
そんな風に過ごした夏も、思い起こせば、
いや、たくさんありました。

けどさ。
一生に8月を味わえるのは、数十回。
どんなに運が良くても、せいぜい100回。

こんな大事な、素敵な時間を、
ただ、毎日、暑いだるいと文句言って、
お日様を回避して、ウジウジ過ごしちゃいかん。

数年後に振り返っても、
あの夏は、あれ、がんばったよな、と、
思いだせるような意味のあることを、
なんか、企みたい。

かつて、夏に企んだこと。はじめたこと。

小笠原ひとり旅しよう。
アルバム1枚分の曲デモをつくろう。
プチトライアスロンやろう。
企画ライブをやろう。
新潮文庫のお勧め本のパンフの本を片っ端から読もう。
アメリカに留学しよう。
通訳の学校に通おう。
エステに行こう。
痩せよう。(x 何回?)
会社をつくろう。
ロンドンひとり旅をしよう。
ブログを毎日書こう。。。etc.etc…

思い起こせば、
企画倒れしたこと、途中で頓挫したことも、たっくさんありましたが、
どれも、ひと夏のチャレンジの想い出として、
心に深く刻まれていることばっかりです。

やりたい、やろうと思うことには、必ず意味がある。
そんなことを考える時間を持つことが、
やっぱり大切なんですね。

いっぴの日記、これから書きます。

あなたの、この夏の目標は、なんですか?

◆歌う心とカラダに活を入れる2日間。MTLサマースクール2022
リアルとリモート同時開催。
◆公式LINE、はじめました。ご質問やお悩みにもお答えしていきます。
ご登録はこちらから。

 - B面Blog, Life, 夢を叶える

  関連記事

ロックへの反逆

「お前なんかロックじゃねぇよ。オレは認めね〜ぜ。」 少し前のこと。 ロック的なサ …

情報か?経験か?

生まれて初めて弾いたギターは、 姉が持っていたクラシックギターでした。 中学入学 …

高い声は、がんばらずに出す。~SInger’s Tips #17~

「高い声は、がんばらないと出ない」と、 思っている人がいます。 なぜそうなっちゃ …

表現しろ。抑圧するな。(Express yourself, Don’t Repress yourself!)

Express yourself, Don’t Repress yo …

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。 よく言われることばです。 例えば、 ソロを弾 …

かっこ悪いけど・・・「ギックリ腰」

さて、連日、いい感じでカッコよくLondonの街を闊歩している(かのように見せか …

同じ音を、同じ音色、同じ音圧で、 100発100中で出す

人間のカラダは「まったく同じ音」を2回以上出すことはできない楽器。 そんなことを …

腰が硬い人はリズムが悪い!

以前教えていた音楽学校で、 「演奏中の動きがぎこちない学生が多い」という話になっ …

「フィルター」をぶっ壊せ

ティーンエイジャーの頃、 とにかくテレビに出ている「タレント」や「アイドル」 そ …

「 自己評価 x 体感努力量 」vs.「他人の評価 x 仕事の成果」

学生時代、こんな人は回りにいませんでしたか?   試験の朝、 「俺、め …