大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

表現しろ。抑圧するな。(Express yourself, Don’t Repress yourself!)

   

Express yourself, Don’t Repress yourself!
表現しろ。抑圧するな。

1994年にマドンナが発表したアルバム、
“ベッドタイムストーリー”に収録されている、
『Human Nature(ヒューマン・ネイチャー)』という曲のサビ部分の歌詞です。

他の曲はちっとも覚えていないのに、
なぜかこの歌詞はいまだに、折りに触れ思い出し、
気づけば口ずさんでいます。

思いきりストイックに、
日々自分自身を追い込んでいた頃です。

歌や作詞の評価ばかりがひとり歩きし、
仕事も多忙を極めていたあの頃。

アーティストとしての自分自身を
どうやって表現すべきなのか、
どうしたらわかってもらえるのかと、
苦悩のさなかにいました。

少しでもすき間時間ができれば、
曲を書き、歌詞を書き、アレンジし・・・

誰に聞いてもらえるわけでもない音源を、
つくり続けていました。

どこに向かっているのかわからなかった。

近道があるなら、
別次元にワープできる方法があるというなら、
知りたかった。

誰かに手を引いて、
どこかに連れて行って欲しかった。

スタジオだ、ツアーだ、ライブだと、
派手なお仕事の現場はいつも楽しかったし、
好きな音楽でお金を稼げることは、
本当にありがたかったけれど、

ずっと心の中で、

Express yourself, Don’t repress yourselfと、
反芻しながら、
出口を探し求めていました。

 

あれから25年。(Oh,my god!)

恐ろしいほどの時間を経て学んだことは、

近道なんかないってこと。

ワープなんかできないし、
手を引いてくれる人も、
道を照らしてくれる人も見つけられない。

正解は、結局自分で、
血を吐くような思いで、
地を這い回るような思いで、
見つけ出すしかないんだっていうこと。

そして、いつの間にか、
自分自身がふわっとなにかを飛び越たと感じたときに、
振り返って、はじめて、

あぁ、あの時がワープのタイミングだったんだ、とか、
あの人が私をここに連れて来てくれたんだとか、
そんな風に気づくだけ。

悩んでも立ち止まらない。
誰か他の人の生き方をマネしない。
うまく立ち回ろうとしない。

鉛を引きずるような重たい毎日を。
生爪がはがれるほど地面を這い回って。

それでもあきらめずに、

誰になんと言われようとも、
泥臭く、土臭く、

Express yourself, Don’t Repress yourself!

思いきりカッコ悪い毎日を、
取るに足らない、ちっぽけな自分自身を

Express yourself, Don’t Repress yourself!

それこそが私の価値をつくり、
それこそが私という人間をつくり、
それこそが私自身が認めてあげられる、唯一の自分であるから。

Express yourself, Don’t Repress yourself!

まだまだ、いくぜ。

◆世界初のヴォイトレ自己啓発小説、“Lennon〜ボクの声が叶えてくれたこと〜”、無料プレゼント中。詳しくはこちら

 - Life, My History, 夢を叶える

  関連記事

「歌うことをはじめる」はじめの一歩をどう踏み出すか。

「ずっと歌をやりたかった。」 そんな風に思っている人は、数え切れないほどいるよう …

Never Too Late!今しかない!

大好きな英語表現に”Never too late”があります。 直訳すると「〜す …

変化は必然。

業界のお仕事が長いせいか、 はたまた海外生活を経験したせいなのか、 変化に対する …

「営業」なんて、無理!

「あいつは営業がうまいからね」 若かりし頃、 実力もセンスもイマイチのはずなのに …

自分が見つけたかった音楽の興奮や感動は、今もそこにあるか?

何かを必死に追いかけ続けていると、 ふと、なぜ追いかけてきたのだったか忘れてしま …

「で?いくら稼ぎたいの?」

「で?MISUMIさんは、いくら稼ぎたいの?」 不躾に、こんな質問をされたことが …

幽霊会員ビジネス?

これまで通ったジムやダンススクールの数は、 15〜20の間というところ。 この年 …

シンプルでもいい。複雑でもいい。「生きる」を楽しむ。

学生時代、小笠原の父島という島を、 友人たちと共に自転車を担いで訪れたことがあり …

小さな選択の連続がやがて大きく流れを変える。

人生にはいわゆるターニングポイントというのがあります。 それがいつ訪れるのかはわ …

「天才はみな、オタク?」or「オタクはみな、天才?」

誰に頼まれたわけでもなく、 1円になるわけでもない。 他人から見たら、ただのオタ …