大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

どのくらい馬鹿をやれるか。

   

めちゃくちゃ久しぶりに
“Trainspottting”(トレインスポッティング)と、
その続編である”Trainspotting2″(トレインスポッティング2)を見ました。

見たことのない人もいると思うので、
詳細は書きませんが、

1作目はジャンキーの若者たちの、
破滅的な日常を描いた青春映画。
そして続編である「2」は、
その若者たちの20年後の再会を通して、
「人生」というもののはかなさを描いた映画です。

脚本、演出が実に秀逸で、
何度見ても、ど~んといろんな感情が押し寄せてきます。

 

この手の映画には、
顔を背けたくなるほど嫌悪感を感じる人も、
現実味がない、共感できない、
などと感じる人も多いでしょう。

私自身、クリーンに生きて来ていますから、
クスリで身を持ち崩していく彼らに、
そこまで感情移入できるわけではありません。

しかし、
ブレーキも、ストッパーもぜんぶぶっ壊して、
振り切って生きる、という感覚には、
たまらなく共感できるものがあります。

 

どのくらい馬鹿をやれるか。

それが、自分の人生の在り方のようなものを、
決めるのではないか、と考えています。

 

それは、
必ずしもポジティブな方向であるとは限りませんが、

自分自身の人生と、
そして、あらゆる種類の人の人生と、
とことんリアルに、
本音で、本気で向き合うチカラをくれるのではないか。

もちろん「馬鹿なこと」の種類やレベルは、
人によって全然違います。

どんなに「人生勉強になる」などと、
言葉巧みに誘われても、
私は薬物系にも、
その他「ヤバイ系」のことにも、
まったく興味はありません。

とはいえ、

胸に手をあてて思い返せば、
穴があったら入って、
そのまま土をかぶって死んでしまいたいくらいの、
「馬鹿なこと」は、

生まれてからこの半世紀、
ありとあらゆるタイミングで、
ありとあらゆる場所で、
ありとあらゆる人を相手に、
それはそれは、数え切れないくらい、
やらかしてきました。

そのひとつひとつが、
時折、フラッシュバックしてきて、
「あーーーっ」と叫びたいくらいの、
なんとも言えない感情を
私の中に呼び覚まします。

そして、そのたびに、
人間というものの愚かさや弱さ、
人生というもののはかなさを、
全身で感じ、

人間って、すごいなぁと。
それでも生き続ける、
それでも人生は続いていくってすごいことだなぁと、
なんだか妙に関心してしまうのです。

だからね、
まだまだ、アクセルべた踏みで、
当分、馬鹿なこと、やっていきたいな、と思うのです。

 

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 

 - Life, 本, 映画, アート...etc.

  関連記事

人生は声帯様!

新年おめでとうございます! 2020年初ブログです。 お正月三が日は毎年、 今年 …

やりたいことを、「はじめるコツ」

人は「はじめられない」生き物です。   何かをはじめるということは、自 …

変化することは人間らしさ、自分らしさの一部

すべては、時と共に変化します。 変化しないものは、死んでいるもの。 後は腐敗する …

音楽だけじゃ不安だから、やっぱ就職しちゃおっかなぁ〜?

「音楽を仕事にしたいけど、食べて行かれるのかどうか不安。」 「将来のことを考えれ …

オトナとコドモの線引き

コドモの頃、オトナは特別な存在だと思っていました。   コドモとオトナ …

声の温度。歌の肌触り。音の匂い。

ボタンひとつで音色を自在に変えられる、 いわゆるデジタル・シンセサイザーが登場し …

成長痛を抱えて走れ。

今年前半は、 とにかくいろんなことが重なって、 頭の中がパツパツな状態が続いてい …

ミュージシャンに、定石も王道もない!

「MISUMIさんは、何才から歌っているんですか?」 「やっぱり楽譜が読めないと …

「一部」は「全部」 

足の薬指を骨折したことがあります。 発熱まではいきませんでしたが、 一日中、なん …

人が日課をつくる。 日課が人をつくる。

朝起きた瞬間、 テレビをつけてその前に座り込む人。 もう一回寝ちゃおうと、二度寝 …