大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「もっと遊べ!」という謎のワード

      2016/10/27

「MISUMIちゃんは、もっと遊ばなくっちゃ。」
来る日も来る日も歌のことばかり考えて、
寝る間を惜しんで必死に練習し、ダンスやピアノのレッスンに通い、
レッスン代と機材のローンとスタジオ代を払うための、
バイトに明け暮れていた、愛しのフリーター時代、
歌を習っていたスクールの先生に、そんなことを言われました。
遊ぶ?

当時の自分にとって、こんなに謎なワードはありません。

遊ぶって、何して遊ぶんだろう?
遊ぶって、楽しいことをすることなんじゃないの?

クラブに行って踊ることも、お酒を飲んで歩くことも、
友達と買い物に出かけることも、
スポーツも、ゲームも、レジャーも、興味がない。

音楽が好きで、歌が好きで、曲を書くことが好きで、
できるなら24時間、そのことばっかり考えていたい。

少しでもうまくなって、プロになりたい。

そんな風に、音楽に夢中になりすぎて、
気がつけば彼氏も自分の元を去り、
唯一、「好きな遊び」と思えたデートさえ、
する相手もいなかった頃です。

「遊ぶ」の意味も、「遊ばなくっちゃ」と言われる意味も、
正直さっぱりわからなくて、途方に暮れました。

おとなになって、振り返って、それは、

「必死感が漂いすぎてて、面白みがない。
くそ真面目過ぎて、魅力がない。」という意味だったのだと、
わかりました。

だから「遊べ」、ということだったのでしょう。

 

練習ばっかりしてないで、
もっと深みや奥行きのある人間、
魅力的な人間になるための修行をしなさいと。
確かに、魅力のない人間の歌う歌が、魅力的であるわけがない。

くそ真面目な人間のつくる音楽は、
やっぱりくそ真面目で、面白みがありません。

しかし、この「遊ぶ」の定義は、
夜遊びをしたり、ディズニーランドに行ったり、
ゲームセンターで時間をやり過ごすこととは全然違います。

安心、安全領域から出て、
心臓のバクバクするような、新鮮な体験をすること。

魅力的で、刺激的な人と出会って、
見たこともない世界への扉を開いてもらうこと。

内側にばかり向いていた感性を外側に向け、
出会いや旅や、たくさんのリアルな体験を通して、
自分自身の可能性を切り開いていくこと。

そんなワクワクした日々が、
深みや奥行きのある人間へと、自分を成長させてくれるのです。

とはいえ、「想像もつかない世界」を体験するには、
まず、その世界の存在を見つけなくてはいけません。

目を開いて、ドキドキの種を探す。
未知の世界、ワクワクする情報へのアンテナを立ててみる。

そこからスタートですね。

16329873_s

本日、15時ごろ発行予定のメルマガ、インサイドストーリーでは、
真面目過ぎると言われた私がチャレンジした、さまざまな「遊び」のお話を書いています。

バックナンバーも読めますので、よろしければ是非こちらから登録してくださいね。

 - Life, 夢を叶える

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

自分の本気度は、ことばではなく、行動で証明する。

やりたくないことはやらない。   今、やりたくないと感じることは、やり …

「ときめかない」ものは、「ときめかない」。以上。

こどもの頃から、アイドル歌手というものに、 ホントに興味が持てませんでした。 友 …

「ブログ」って、すごいんだなぁ。。。というお話。

「MISUMIさん、ブログ、読んでますよ!」   以前から知っている人 …

「そんなんで、どうやって食べていくんだ?」

昨日、街で前を歩くオシャレでダンディな年配の男性と、 若い女性の会話が、聞くとは …

「大学って夢をあきらめるために来るところなんですよね?」

夢と希望に胸を膨らませて日本全国からやってくる学生たち。 入学の時の夢は、 「自 …

「人前で歌うのが怖い」?

人前で歌う事に恐れを感じる人が多いのは、なにも日本人だけの話ではありません。 & …

ちょっと「なんか」言われたぐらいでって言いますけど。

大人というのは「なんか」言うものです。   親や教育熱心な先生のように …

行動のパターンを変えると思考が変わる

6日ぶりの更新です。 丸2年前、思いを新たにブログに取り組もうと決心して以来、 …

本当に大切なことは現場が教えてくれるんだ。

某映画のバンド演奏のシーンの撮影に立ち合ったことがあります。 役回りは、出演者の …

「99人が同じ方向に行っても、お前は自分の頭で動け。」

『小学校の時、クラス全員でいたずらをして、大問題になったことがある。父に「なぜや …