大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ゼロ地点に戻れる曲は あるか?

   

KIMICOKOライブ以来、不定期ながら朝練を続けています。
最近のお気に入りはアレサです。

アレサを歌うと、ボロカス言われながら、必死で通っていた歌の学校時代に、一瞬で引き戻されます。

時はブラコン全盛期。
レッスンで、ジェフ・ベック・グループの曲を歌いたいと持っていったら、講師の先生に、「R&Bを持ってきてちょうだい!」と不機嫌そうに突き返されたこと。

自分の選曲のなにがいけなかったのか、そもそもR&Bってなんなのか。
考えあぐねて、同期の関西出身のボーカリストで、憧れてたコイワくんに電話をかけたんだっけ。
コイワくんに、「R&Bって、なに?」と聞いたら、「R&Bは、そーね、オシャレやね」と、気取って答えてから、「まずはアレサや。後はアリスタかハイレコードのレコード聴くとええよ。」って教えてくれたっけ。

東京タワーでのバイト帰りに三田図書館で、アレサのベスト盤と、フィルモアのライブと”You” ってアルバムを借りてカセットに取り込んで、歌詞カードコピーして…。
図書館のレコードはボロボロでしたよ。

何日もかけて、”Think”や”Respect”を完コピしたな。
結局、本当に歌えるようになったのは、それから何年もしてからなんだけど。

初めて単独でライブを企画して、アレサや、グラディス・ナイトなんかをいっぱい歌ったら、ライブに来てくれた友だちに口々に、「すげー!ジャニスみたいじゃん!」って言われて、「あたしはしょせんR&Bってやつは歌えないんだ」と、なんだか落ち込んだことも鮮明に思い出します。

そうそう、初めてライブやるって言ったら、メイクなんかからっきしだった私のために、父が舞台メイクの本を買ってきてくれたな。
ドーランとか、つけまつげとか、あまりに「舞台」用のメイクで、わけわかんなくて、青山のスパイラルビルに勇気出してメイクしてもらいにいって。
帰ってきたら父がやたらと「お前、おんな前あがったぞー。いいぞー」褒めてくれたな。
姉が、オレンジの和服みたいな布で、不思議なステージ衣装つくってくれたなぁ…。

アレサを歌うと、そんなゼロ地点にすっと立ち返ります。
ちっちゃなライブだったけど、もう、めいっぱい、全力で。
怖くて怖くて、いっぱい泣いたこととか。
漠然とした夢とか、遠い遠いかすかな希望とか。
鉛のおもりを引きずりながら歩いているような、苦しい毎日だったよなとか。

でも、この時のライブが、私のそれからを大きく変えてくれることになりました。
それはまた別の話。

あなたをゼロ地点に戻してくれる曲はなんですか?


■無料メルマガ『声出していこうっ!』。
ブログから踏み込んでディープなお話や、セミナーや講座、スクールなどの情報もお届けします。ご登録いただいた方全員に、『朝から気持ちい声を出すためのモーニングルーティン10』をプレゼント。バックナンバーも読めますのでぜひ。ご購読はこちらから。

 - Life, My History, 夢を叶える, 音楽

  関連記事

「持っているもの」に焦点を当てる。

自分の嫌いなところ、ダメなところを並べはじめたら、 誰だって、たくさん出てきます …

陰口を言うなっ!

世の中には陰口を言うのが好きな人というのが、 少なからず存在します。 こうした人 …

行動しないで成功できる「成功法則」なんかないっ!

夢を叶えたいと思う人なら、 誰でも一度くらいは、 「成功法則」や「引き寄せの法則 …

メイクに目覚める年齢 vs. あきらめる年齢

大学4年の頃、よく遊んでいた同級生の男子に、いきなり、 「っていうかさぁ、コサカ …

なにこれ?こんなんでいいの?

20代前半まで、 アートなんて自分とは無縁のものだと思っていた私が、 ツアーのす …

てやんでえ、ばかやろう!

「そんな年からピアノはじめて、モノになるわけないでしょ?」 「あなたは耳が悪いか …

「がんばれる」仕組みをつくる

世の中にはがんばれる人と、そうでない人がいます。 がんばれる人からすると、がんば …

スポットライト

大学3年の時、18段変速の自転車を手に入れました。 舗道でも、車道でも、山道でも …

時間の密度を高める集中のコツとツボ

作品をつくりあげるとき、 制作現場で、 そして、トレーニング、練習、リハーサルで …

情報か?経験か?

生まれて初めて弾いたギターは、 姉が持っていたクラシックギターでした。 中学入学 …