大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ギターソロが邪魔くさいぃ〜!?

   

「最近の子はギターソロになると、曲を飛ばすんですよ」

え?なんですか、それ?

とある事務所の方とお話していたら、そんなことを言い出すので、
ひっくり返りそうになりました。

「長いソロとか、イントロとかががまんできなくて、
次の歌い出しまで曲を飛ばして聞いたり、
なんなら、次の曲に飛ばして聞くんです。」

ひぇ。
このソロがたまんないとか、
このギターがぐっとくるとか、ないんですか?

「基本歌いたい。曲を覚えたい。
邪魔くさいんですね。ソロ。」

どっひゃあああ。

じゃ、天国への階段、聞けないじゃん。
Crazy Diamondとか、え?イントロ聞かないの?

まぁ、過渡期なんでしょう。
もちろん、演奏も含めて、
聞いている人だってたくさんいるでしょうし…。

とはいえ、確かにサビ始まりの曲や、
歌で最初から最後まで埋め尽くされているような曲が多い。

これってさぁ。
どっかに行きたいなって思ったら、
どこでもドア以外の選択肢はない、みたいなことでしょ?

いきなりメインディッシュ、
次もメインディッシュ、締めもメインディッシュ…。

 

確かに、求める情報、確信に、ドカンと着地して、
必要な情報だけ拾ったら、またドカンと飛び立つというのは、
効率がよろしい。
時間の節約になるし、集中もできる。

 

しかしね。

人生って、音楽って、回り道や脱線の道の途中に、
思いがけない出会いや発見がある。

求めていた「情報」と
予測もしなかった「無駄な情報」が渾然一体となって、
味わいや色彩や深みを持った、本物の経験として、
自分自身の中にしっかりと刻まれる。

振り返るほどに、
大切なできごとは、みな、
思いもかけないタイミングに、
予想だにしない形で、やってきました。

ドアをあけたら、
エンパイアステートの屋上だったり、
モンブランの山頂だったりしたら、
旅のワクワクや出逢いの意味は、きっと全然違ったものになるでしょう。

本屋の店先でガイドブックを見ながら、
まだ見ぬ彼の地を夢見るように、

航空券を手に入れたくて、
汗水垂らしてバイトに励むように、

重いスーツケースをかかえたまま、
空港からシティへの行き方どころか、
チケットの買い方すらわからなくて、
駅の構内を右往左往するように。

時にはスピーカーと向き合って、
いや、イアフォンだっていいのだけれど、
誰かが何ヶ月、何年とかかって制作したアルバムというものの、
最初から最後までを、
早送りせずに、曲を飛ばしたりせずに、
じっと、聞いてみたい。

プロセスは時に、結果よりも重要。

回り道や脱線を楽しむ心の余裕が音楽そのものだったりします。

◆公式LINE、はじめました。ご質問やお悩みにもお答えしていきます。ご登録はこちらから。

◆さらにマニアックなお話や具体的な歌のアドバイスをお届けしている、無料メルマガ『声出していこうっ』。(ほぼ)毎週月曜発行!バックナンバーも読めますよ。

 - B面Blog, Life, 音楽

  関連記事

「自信」に根拠なんか、いらない。

ヴォーカルのプロとしてさまざまなお仕事をしながらも、自分に全然自信が持てなかった …

「聞こえませーん」

会議の時、 「聞こえませーん」と言われることが恐怖で、 必死に声を振り絞って話す …

夢中になれる音楽は「一生の宝」

少し前のこと、バンド仲間で、キーボーディストの友人に、 「若い頃、影響を受けた音 …

もらったもの

小学校の高学年になったばかりのこと。 教室で男の子たちが真剣な面持ちで将棋を指し …

「なんでも歌える」と言わない勇気

「どんなの歌ってるんですか?」 どんなちっちゃなご縁も仕事に繋げようと躍起になっ …

出会いの数だけ別れがある

音楽はたくさんの出会いをくれます。 音楽はひとりではできないから。 一緒に演奏す …

怖いなら、目をつぶって飛び込め。

人生のターニングポイントとも言うべき、 大きな出逢いや変化には、 ドキドキやワク …

「バンドとやる」の本当の意味

大学の授業に「アンサンブル・レッスン」というのがあります。 なんだかカチッとした …

「知ってる」だけで満足しないっ!

好奇心は学習のはじまりです。 「知りたい」という欲求こそが、 人を、勉強や練習や …

知識でも、思考でもない。メソッドは創造するものなんだなぁ。

どんなに知識を詰め込んでも、 あーでもない、こーでもないと考えても、 クリエイテ …