大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

どうせ見えない未来なら、明るい側面だけを期待して生きる。

   

「MISUMI、そんなことしてて、将来どうするつもりなの?」

思春期の頃から、アマチュア時代、
そして、そこそこプロとしての仕事をするようになっても、
さまざまな人にそんなことばを投げかけられてきました。

好きなことばかりして心のままに生きている人には、
どれほど惨めな「将来」が待っているかということを、

ある人はやんわりと、
ある人はド直球で、教えてくれました。

 

こう見えてもへたれなもので、
そのたびに、傷ついて、不安になって、
身震いするほど恐ろしくなったり、
引き返せない情けなさに打ちのめされそうになったり・・・

とにもかくにも、心身ともに引っかき回されてきました。

 

さて。

時は流れ、
あの頃、みんなが予想した私の悲観的な未来は、
見事に、ただのひとつも当たりませんでした。

10年。20年。・・・30年。

今いる場所は、
かつて私自身が想い描いていた未来とも、全然違います。

果てしない道のりを旅して、
呆れるほどたくさんの人たちと出会い、

あらゆる意味で予想をはるかに裏切られた、
不思議な人生を歩んでいます。

それでも私は、今も好きなことだけをして、
大好きな人にだけ囲まれて、
毎日楽しく、
結構幸せに暮らしています。

 

未来のことなんて、誰にも、
これっぽっちもわからない。

 

将来安泰といわれて入社した会社が、
いきなり倒産したという人もいるでしょう。

一生の幸せを約束されていると信じた結婚が、
さまざまな事情で破綻したという人もいるでしょう。

事故や病気でカラダに問題を抱えてしまった人も、
突然、命を失ってしまった人もいる。

 

誰にも将来がわからないなら、
悲観的なことにフォーカスして、
おっかなびっくり生きる理由はなにひとつないではないか。

 

「それで?将来どうするつもりなの?」

かつて、私の未来を悲観的に予想してくれた人たちは、
今も、私の未来を悲観的に予想しては、
いろいろな心配をしてくれます。

 

一生仕事ができるわけじゃないよね?
こどももいないで、年取ったらどうするの?
病気になったらどうするの?
ダンナが先に死んだらどうするの?・・・

 

 

しらんがな。

 

 

起きてもいない未来を心配しながら、
下を向いて、不安に駆られて生きるなんてまっぴらです。

まだまだ20年、30年、
健康で、楽しく仕事ができるかもしれない。
素敵な弟子がもっともっとたくさんできて、
一生、人に囲まれてハッピーに暮らせるかもしれない。
金婚式までジェフ夫さんとロックバンドやってるかもしれない。
ぴんぴんころりと死ぬかもしれない。

未来のことは誰にもわからないなら、
明るい側面だけを見て生きていけばいいではないか。

何かが起こったら、その時に対処方法を考えればよろしい。

自分がどうにもできなくなったら、
周囲に迷惑をかけてしまうのは、誰だって同じ。

だったら、今のうちに、
まわりの面倒をいっぱい見て、
恩送りをすればいいではないか。

 

今までだって、ずっとずっとそうやって生きて来ました。

 

悲観的に予想しても、
楽観的に予想しても、
人生はいつだって予想外の展開をする。

もちろん、ただ奔放に、
野放図に生きればいいとは思いません。
最低限のリスクヘッジも必要でしょう。

それでもなんでも、
明るい面だけを期待して、
やりたいことを、やりたいように、
好きなだけやって行くことこそが、
人生の最高の生き方。

 

30年経っても、40年経っても、
こう言いきれるように、
生きてやろうじゃないの、と心に誓うのです。

◆毎朝お届けしている書き下ろしメルマガ【メルマガ365】。「歌の練習方法」をマニアックに連載中。もちろん無料です。バックナンバーも読めますので是非。ご登録はこちらから。
◆自宅で繰り返し、何度でも。ヴォイス&ヴォーカルのすべてが学べる【MTL Online Lesson12】。

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

「最高の一瞬」を刻むのだ!

人と時間ってのは不思議なもので、 好ましい現時点から、それが終わりとなる未来のあ …

まず、やってみる。

何もかもがものすごくうまく行っているように見える人って、 うまく行っていることの …

大きな声を出せないときに、やるべきこと。

各地で次々と緊急事態宣言が解除され、 コロナ自粛も出口が見えてきました。 とはい …

クリスマスソング、何曲ちゃんと歌えますか?

Merry Christmas!   クリスマスのうきうき感は、 イル …

雑草には雑草の生き方があるんでござんす。

芸歴30周年、40周年なんてお祝いをしている人たちが周囲に増えてきて、 ふと自分 …

毎日が勝負パンツ!?

「勝負パンツ」というインパクトのあることばがあります。 もちろん、言わず知れた、 …

「一緒にバンドやってくれませんか?」

「自分、なんでバンドやらんの? ワシ、自分の歌、ごっつええ、思うで」 人生を変え …

「時間」を武器に変える!

「日本人は、残業するから、作業の生産性が上がらないんだ。 17時なら17時に確実 …

「そこにいること」の大切さを語りすぎることは、たぶんない。

長年、音楽の仕事をしていると、 「そこにいること」の大切さが、しみじみわかります …

「あきらめていた夢」を、もう一度追いかけるということ

「音楽は、何才で始めなくちゃいけない」、なんていう制限はありません。 「好き!」 …