大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「できない気がしない」自分を信じる。

   

「できない」「無理だ」と思えたら、人生はどんなに楽だろう。

高校時代から、現在に至るまで、
常に、そんなことを考えている気がします。

 

やりたいことと出会う。
どんどん夢中になる。
やるほどに面白くなって、もっともっと掘り下げたくなる。

ハッピーにやっていられるのは、このくらいのレベルまで。

掘り下げるほど、前に進むほどに、野望や夢が生まれる。
その野望や夢に胸を捕まれて、離してもらえなくなる。

やがて「やりたい」という楽しさが、
「やらなければ生きられない」という苦しさに変わります。

 

できない。無理だ。

そんな想いが頭をもたげるのは、
学習なのか、悟りなのか、

はたまた、
苦しさから逃れるために心が生み出す言い訳なのか。

 

やがて頭の中で「できない」「無理だ」が占める割合が、
「できない気がしない」や、
「なにがなんでもやり通してやる」よりも、
大きくなったとき、
人は「あきらめる」という選択肢を選ぶのです。

 

一方、理性的に考えれば到底不可能なことなのに、
「できない気がしない」が消せないことがあります。

「できない」理由しかみつからない。
そして、自分自身に「できない」ことは嫌と言うほどわかっている。

それなのに、心のどこかに、
「できない気がしない」という意味不明の感覚が宿っていて、
どうしてもあきらめられない。

これほど苦しいことはありません。

 

学生時代、そんな苦しさのまっただ中で、
当時心酔していたシェイクスピアの『マクベス』で、
マクベス夫人がマクベスに語った、こんな言葉に胸を打たれました。


 

「考えていらっしゃる 御自分と、
思いきった行動をなさる御自分と、
その二つが一緒になるのを恐れておいでなのです ね?

魚は食いたい、足は濡らしたくないの猫そっくり、
「やってのけるぞ」の口の下から「やっぱり、だめだ」の腰くだけ、
そうして一生をだらだらとお過ごしになるおつもり?」

(ウィリアム・シェイクスピア. マクベス(新潮文庫))


 

どうしても叶えたいことなら、
そして、どうしてもあきらめられないことなら、
前に進むしかありません。

 

足だけじゃなくて、全身ずぶ濡れになっても、
欲しいものは手に入れなければ、
私はきっと一生、自分を許せない。愛せない。

そんな風に思い詰め、
自分自身にさまざまな言葉を投げかけました。

 

「できる」根拠がみつからないなら、
「できない」根拠だってみつからない。

「できる」と「できない」は所詮50×50(フィフティ・フィフティ)。

「できる」か「できない」かではない。
「やる」か「やらない」かだ。

同じ後悔をするのなら、
「やらない後悔」より「やった後悔」の方がずっといい・・。

 

自分の最大の敵は自分です。

「できない気がしない」の正体を見極めることができるのも、
結局自分自身しかいないんです。

 

Just do it。

これまでも、これからも、それだけです。


◆いよいよ来週土曜日スタート。
全12ユニット6日間でヴォイトレのすべてを学ぶ【第6期 MTLヴォイス &ヴォーカル レッスン12】。受講希望の方はお早めに。

 - プロへの突破口, 夢を叶える

  関連記事

Keep on Dreaming!〜夢を叶える決意

エアロスミスのヴォーカリスト、 スティーヴンタイラーがステージでこう叫びました。 …

「そこにいること」の大切さを語りすぎることは、たぶんない。

長年、音楽の仕事をしていると、 「そこにいること」の大切さが、しみじみわかります …

「ひどいことを言われた」と感じたときこそがチャンス

20代の前半で、当時10才前後先輩だったプロフェッショナルの先輩たちに、 それは …

プロへの突破口『「最初の仕事」をゲットするために』

メジャーデビューのような、大きな話でなくてもいい。 とりあえず、業界で仕事をして …

「与えるチカラ」と「欲しがるチカラ」のパワーバランス

音楽は人に感動やエネルギーを与えるもの。   音楽家であれば、誰もが多 …

「で?いくら稼ぎたいの?」

「で?MISUMIさんは、いくら稼ぎたいの?」 不躾に、こんな質問をされたことが …

「ケツかっちん」を利用する。

「ライブやりたいなら、とりあえず、小屋から押さえちゃえばいいのよっ!」 &nbs …

ゴールを鮮明に描く。

「がんばっているのに、どうも成果があがらない」、 「なんかうまくいかない」という …

意味ある「1」を積み重ねる

「小さいことを積み重ねるのが、 とんでもないところへ行くただひとつの道だと思って …

自分を好きになるということ。

こどもの頃から、 自分じゃない人間になりたいと思っていた年月があまりにも長くて、 …