大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

未来を切り開くのは、ひらめき、学び、そして自信。

   

ひらめきは突然やってきます。

「あ!今、これ、やっといた方がいいわ。」
「おぉお。これ、モノにしたい!」

こうしたひらめきを、こどもの頃から私は、
どこかからの、誰かからのメッセージと感じています。

「やりたい」と思うのは、それをやれる能力が自分にあるから。
「やった方がいい」と感じるのは、それが未来を開く鍵だから。

 

どこからともなく降ってくる、この「ひらめき」は、
私たちに夢と希望、そして、ワクワク感を与えてくれる。

しかし、同時に、「試練」もどっさり連れてきます。

 

「英語がしゃべれるようになりたい!」
というひらめきがくれば、

英語の学校を探したり、入学したり、
海外留学するすべを模索したりする必要があるかもしれない。

単語や文法、発音を学び、習得したり、
TOEFL、TOEIC、英検などなどの英語の試験を受けたり、
人前でどんどん英語を使ったり・・・

エネルギーや知力を要するさまざまな壁が立ちはだかるでしょう。

新しい行動には、「学び」という試練がつきもの。

 

そんな「学び」という試練の果てしなさに腰が引けて、
「ひらめき」を見て見ぬふりをしたり、

「どうせ無理」「単なる衝動」と、
たくさんのチャンスを失ってきた人も、たくさんいるはず。

 

「学び」には、粘りが、絶対、いやもう絶対必要です。

人は言い訳の天才ですから、
続けられない言い訳は、いつだって100個以上は思いつきます。

 

時間がない。
お金がない。
体力がない。
気力がない。

馬鹿だから。
年だから。
地方に住んでいるから。

うまくならないから。
どう見ても才能がないから。

できないものは、できないから・・・・。

そこでやめてしまえば、話はそれでおしまいです。

 

学ぶことを続けられるかどうかは、
どこまで自分に自信を持てるかどうかに、
かかっています。

自信が持てないから、

これじゃない。
ここじゃない。
もっと違う場所、もっと違う方法・・・と、

あっちへうろうろ、こっちへうろうろしてしまう。

 

右往左往していては、いつまでも未来は開けません。

道が開けなければ、いつまでも自信は育ちません。

 

1.ひらめきを感じたら、それをガシッとつかんで話さない。

2.できない理由ではなく、できる理由から考える。

3.自分を信じる。
今の自分を信じられないなら、未来の自分を信じる。

4.行動する。粘り強く行動する。

5.叶うまで、続ける。

 

大切なのは、たったこれだけです。

 

ひらめきを現実化した人にしか見えない世界がある。

Just Do It!

悩むのは、それからです。


【第6期 MTLヴォイス &ヴォーカル レッスン12】開講いたします。
全12ユニット6日間で歌が劇的に変化する【MTL ヴォイス&ヴォーカル レッスン12】。いよいよ第6期を開講いたします!!詳しくはこちら

*メルマガ読者様のお申し込み受付開始は8月25日(土)10時〜
メルマガ読者様専用のお申し込みフォームより、8月31日までにお申し込みいただいた方には、早割特典もあります。メルマガのご登録はこちらから。

 - Life, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法, 夢を叶える

  関連記事

「誰にでもできること」を「マネできないレベル」にする唯一の方法

どんなことでも、続ければ必ず上達します。 これには疑いの余地はありません。 楽器 …

基本の「き」

なんか、フェイクがばしっと決まらない。 どうも、歌詞がカミカミになる。 いやはや …

「強制OFF日」=ジャミーデーをつくる

命の次に大好きな音楽が仕事になった20代の頃は、 24時間音楽のことが頭から離れ …

自意識の暴走を屈服させる

ボーカリストも、ミュージシャンも、役者も、ダンサーも、 おそらくはパフォーマーと …

年齢が気になりますか?〜チャンスはいつもフィフティ、フィフティ〜

なかなか将来の見えなかったアマチュア時代。 周りの友人たちは次から次へとお仕事を …

自信がある人のように振る舞う

世の中には、同じような実力があって、同じような地位にいるのに、 なぜか「自信満々 …

アドリブ上達の唯一の方法

「音程感のないアドリブをやるくらいだったら、 素直にストレートメロディだけ歌って …

時間の密度を高める集中のコツとツボ

作品をつくりあげるとき、 制作現場で、 そして、トレーニング、練習、リハーサルで …

「 自己評価 x 体感努力量 」vs.「他人の評価 x 仕事の成果」

学生時代、こんな人は回りにいませんでしたか?   試験の朝、 「俺、め …

「好き」を極める。

「好き」にもいろいろあります。 なんとなく好き。 どちらかと言えば好き。 結構好 …