大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

肉体は変化する

   

ずいぶん前のことになります。

クラプトンのコンサートのチケットがあるからと、
友人に誘われ、意気揚々と出かけました。

しばらく熱は薄れていたものの、
高校時代は、ずいぶん聴いていた愛しのクラプトン。

ストラトを低く構えて、
気だるそうに弾く、あの心地よいディトーションサウンドと、
時にやさしく、時に激しく歌い上げるシブい声。

長いこと、新譜とか聴いてないけど、
あの頃のあんな曲、やるかしら?
バンドやってたときの、こんな曲もやるのかしら?

そんな期待に胸を膨らませて、
なんの予備知識もないまま向かった武道館。

しかし、です。

私の大好きだった曲はアンコールで1曲やっただけ。

それ以外は、
椅子に座って、しんみりとアコースティックをやったり、
渋すぎるブルースを、しっとりやったり。。。

うっそぉ。。。

あの曲たち、やるの、やめちゃったの・・・?

もちろん、音楽は素晴らしい。
声だって、ギターだって、曲だって、
クラプトンですから、最高水準です。

うっとりとした雰囲気に包まれる会場で、
私だけが(たぶん)、
あぁ、ぎゅいーんっての、聴きたかったなぁ。。
ちょっぴり残念な気持ちで、
会場を後にしたのでした。

 

年齢を重ねて、音楽性も、見た目も、
おとなっぽい、シブい方向に、
変化していくアーティストはたくさんいます。

突き抜けるようなハイトーン、
アドレナリン出まくるハイテンションな楽曲たち、
首や腰がちぎれんばかりに踊り狂うオーディエンスの頭の上に、
ダイブしては運ばれていく若者たち。

 

爆音のステージを楽器を担いで、
縦横無尽に走り回ったり、

ミニスカートで美脚を売り物にしたり、
胸をはだけてキャーキャー言われたり、

あぁ、一体いくつまで、やれるんだろう?と
悩む人たちもいるでしょう。

とっくのとうに開き直って、
お腹が出ても、
髪の毛が淋しくなっても、
かつての鈴虫の鳴くような声が割れ鍋のようになっても、

ずっと変わらぬ衣装を着て、
同じ曲をやって、
たとえ、物珍しげに見られても、
死ぬまで自分を演じて行く覚悟の人たちもいれば、

ダイエットに
エクササイズに
エステにボトックス。
なんなら適宜、お直しもして、
修練に修練を積んで、
さらには、いろんなテクノロジーも駆使して、
「変わらぬ自分」で居続けることが、
自分の美学、という人もいる。

年を重ねれば肉体は変化するのが自然というもの。

肉体だけではありません。
求める音楽が変わっていく。
そこにありたい、環境が変化していく。

脳内物質やホルモンを刺激されまくる、
激しかったり、セクシーだったりする音楽より、
ぐっと心に迫る、
落ち着いた音楽を欲する人もいるかもしれない。

「心はずっとロックだぜ」と、
やんちゃな音楽しか、
好きになれない人もいるかもしれない。

正解はないんですね。
こればっかりはもう、
自分の心に聴くしかないのです。

ただ、もしも、叶うなら、

どんな音楽を、
どんなキーで、
どんな衣装を着て、
どのようにパフォーマンスするか、

いくつになっても、そんなことを、
心のおもむくままに、選び取れる自分でありたい。

そんな自由だけは、いつまでも持ち続けたい。

それには、やっぱり鍛錬しかないんだよなー、と、
遠い空を見上げるこの頃です。

 

RadioTalkにて、MISUMIのヴォイトレ・ラジオ”声出していこうっ!”をはじめました。
スマホで簡単にダウンロードできるRadioTalkというアプリで、無料で聞いていただけます。

 - B面Blog, Life, 未分類

  関連記事

no image
限りなく「百発百中」を目差す

プロとアマチュアの圧倒的な違いは、 そのパフォーマンスに対する信頼度です。 人間 …

「何言ってやがんでぇ」と吠えてみる。

かれこれ10年近く前のこと。 さる著名な文筆家が主催する食事会に参加させていただ …

「バンド、やりたいんですけど・・・」

「バンドやりたいんですけど・・・」 学生から、そんな相談を、よく受けました。 え …

「ケツかっちん」を利用する。

「ライブやりたいなら、とりあえず、小屋から押さえちゃえばいいのよっ!」 &nbs …

音楽だけじゃ不安だから、やっぱ就職しちゃおっかなぁ〜?

「音楽を仕事にしたいけど、食べて行かれるのかどうか不安。」 「将来のことを考えれ …

こんなに欠点はあるけど、自分はそれほど無能なわけじゃない。

「MISUMIさん、また探しものですかぁ・・・?」   手袋 ペンケー …

誰に話しても「ウソぉ〜」と言われるOnline映像制作秘話③

当初、編集は誰かに頼む予定でした。 映像編集なんてやったこともないし、 できる気 …

何才までロックします?

「外タレのチケットの値段をつり上げているのは、 ストーンズとポール・マッカートニ …

「腐ったリンゴ」を手に入れる

こんな人と付き合った方が得じゃないか? もっと、こんな音楽をやった方がいいんじゃ …

シンプルでもいい。複雑でもいい。「生きる」を楽しむ。

学生時代、小笠原の父島という島を、 友人たちと共に自転車を担いで訪れたことがあり …