大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ベストを尽くす。ベストを尊重する。

   

週末の久っびさのリアルセミナーの準備に追われています。

レジメやプロット、オケや教材の準備、
スタッフへの指示などの準備はいつものことですが、
今回は、見えない敵、
そして変化し続ける読めない状況との戦いで、
神経をつかっています。

東京アラート・・・。

どんな業種の方も同じと思いますが、

いつ再開するか。
どんな形で再開するか。
どこまでやれば、安心してやれるのか。
どうしたら、みなさんが安心して参加できるのか。

正直、100%はありません。
運営側の責任は、本当に重いと感じています。

本音を言えば、
いやー、ほんっとに、
ここだけの本音を言えば、

ワクチンできるまで、
ぜんぶZOOMでやれるなら、
どれだけ安心だろうと・・・

ごめんなさい。
思っています。

万が一、私がウィルスを持ってたら。
万が一、誰かがウィルスを持ってたら。
万が一、スタジオにウィルスがあったなら。。。

しかし、です。

ワクチンの開発は1年後とか2年後とか言われている今、
ず〜っとコロナに見つからないように、
逃げ隠れして、暮らしているわけにはいきません。

実際、MTLの仲間たち、受講生のみなさんからも、
そして、プライベートのレッスン生たちからも、
一日も早く、リアルでレッスンを受けたいという、
ご要望をいただいています。

責任の重さから逃げ出すわけにはいきません。

いやー。もうね。
Let’s Rock’n’Rollです。
やったるぜ、です。

セミナー会場の総面積を、
当初予定していた22帖+6帖から、
35帖+20帖にしました。

参加者は12名。
それと数名のスタッフと私です。

スタッフは1時間前にスタジオに集合して、
スタジオの消毒作業をします。

弊社のインストラクターズは、
本当に素晴らしくって、
ドアノブから椅子の裏、備品に至るまで、
とにかく、全員でくまなく消毒作業をしてくれます。

部屋にはサーキュレーターを2台入れました。

座学中は、ドアを開けっ放しにします。

受講生のみなさんには、
ご来場前に検温をお願いする他、
コロナ対策の規約書に署名をいただきます。

もちろん、スタジオに入る際には、
手指の消毒と、マスク着用をお願いします。

飲み物はすべてペットボトル。
お菓子などを食べる際は、スタジオの外で、
他の方と距離を保っていただきます。

マイクを使用する場合には、その都度消毒。
今回は使い捨てのカバーも用意しました。

ヘッドフォンを使う場合を想定して、
(今回ちょっとした録音がもあります)
使い捨てのヘッドフォンカバーも用意しました。

そして、これはもう、
賛否両論ありますが、
こんなもので、たとえ1%でも安心度合いが増えるならと、
みなさんに、フェースシールドも用意しています。

アルコールも、除菌ウエットティッシュも、
たくさん用意します。

懇親会は、やるとしても、
日をあらためてのZOOMです。

なにか落ちはないか?
まだできることはないか?

完全にパラノイアですが、
受講生のみなさんのことを思えば、
やりすぎはないでしょう。

今回のコロナ事件で、
なにが絶えられないって、
感染した人が非難されるという、
意味不明の事態です。

何をしていたって、
何もしていなくたって、
かかる時は、かかる。

明日、それは自分になるかもしれない。

世界中が刺立っています。

ニュースを見るたびに、
腹の立つこと、
悲しくなることばかりです。

ひとりひとりがベストを尽くす。
それぞれのベストを尊重する。

恐怖や怒りではなく、
お互いを思いやる心、
お互いに対する敬意を行動の動機にする。

簡単なことではないかも知れませんが、
それしか答えはないのだと、信じています。

明日も、ベストを尽くして、いきましょう!

 

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, Life, ある日のレッスンから

  関連記事

no image
やる気が出ないときは、やっちゃダメ!

「なんか、どうもやる気がでなくって。 これじゃいけないと思うんですけど。。。」 …

群れない

まわりにいる人を見ると、その人のことが分かると言います。 同じような空気感の、 …

地球の裏側まで、掘って掘って掘りまくる。

「チャンスをつかむこと」や「物事が好転すること」をたとえて、 「扉が開く」と言う …

「あれが人生のピークだったって思いたくないんだ」

とある著名なヴォーカリストと共演させてもらった時のこと。 圧巻のパフォーマンスと …

いつでもどこでも、歌あればこの世は楽し。

欧米人の友達に、「あなたは歌ったりしないの?」と訊ねると、 よく返って来ることば …

「オーツキ社長、いらっしゃいますか?」

「オーツキ社長、いらっしゃいますか?」 最近、こんな電話が会社の方によくかかって …

「悔しい」「うらやましい」「憎たらしい」がパワーの源

自分が叶えたくて仕方のない夢を、 身近にいた人があっという間に実現してしまったと …

シンプルでもいい。複雑でもいい。「生きる」を楽しむ。

学生時代、小笠原の父島という島を、 友人たちと共に自転車を担いで訪れたことがあり …

声の優先順位が低いなら、気にしないのが一番。

「自分の声の印象って、どうなのだろうと気になる」 という人はたくさんいるのに、 …

練習の結果が出ない3つの理由

「毎日練習してるんですけどね・・・」 結果の出ない人ほど、 自分がいかに練習に時 …