大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「なに、夢みたいなこと言ってるの!?」

   

何年か前。
知人の家に幾人かの人と集い、
他愛もない話をしていたときのこと。

誰かが、これからのことをぽつりと話しはじめました。

そこで、私もその時描いていた、
「将来の夢」を熱く語ったのです。

すると、その中のひとりが、
あきれたように言いました。

「なんかさぁ、MISUMIちゃんの話を聞いていると、
17〜18才のティーンエイジャーの話を聞いてるみたいだわ。
なに、夢みたいなこと言ってるの!?」

これには、とてもがっかりしました。

夢を描くのはティーンエイジャーの特権なのか?

ある程度以上年を重ねた人間が夢を語ることは、
馬鹿げたこと、恥ずかしいことなのか?

夢を描けないなら、
一体全体、人はなんのために生きるんだ?

 

当時、まだまだ不安定だった私の想いを、
いきなり踏みつけられたような、
そんな瞬間でした。

 

年齢を重ねれば、いろいろな制約ができます。
家族もいる。親もいる。
仕事もある。
さまざまな責任もある。

残された時間と、
限りある体力、知力、財力を天秤にかけ、
きちんと人生設計をすることが大切だということくらい、
私だってちゃんとわかっています。

 

しかしです。

想い描く理想の未来に、
どんな制約が必要なのでしょう?

夢に向かって邁進しようという情熱に、
なぜ、賞味期限が必要なのでしょう?

おとながそうやって、
人生にリミッターをかけて、
半分諦めながら生きているから、
若者たちは、いつまでもおとなになりたがらないのではないのか?

夢はいつか諦めなくちゃいけないものなのだと、
消去法で将来を決めてしまうのではないのか?

現実とかけ離れた理想を描くから「夢」というのです。

夢と現実のギャップにひるんで、立ち止まれば、
夢はただの夢で終わるでしょう。

一方で、現実に目を背け、
夢ばかり語っていても、ただの夢想で終わってしまいます。

夢を現実に近づけるのではなく、
現実を夢に沿わせて変えていく。

そんな勇気を、努力を積み重ねることこそが、
生きている証と感じる人生もあるのです。

 

あれから何年経ったのか。

現実になった夢もあります。
まだ道半ばの夢もあります。

私は今も、
毎日、夢を描いて、夢を紡いで、生きています。

一生「夢みたいなこと」を言い続けて生きていく予定です。

Keep on dreaming!

◆プロからアマチュアまで声と歌に興味のある方必見のマニアックな情報を365日間毎朝配信中のメルマガ、ご登録はこちらから。
バックナンバーも読めます。

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

思い込みと勘違いで他人に意見するのは一種の迷惑行為。

何年か前、知り合いの女性ヴォーカリストに、 「私、衣装は全部ネットで買っているわ …

「 自己評価 x 体感努力量 」vs.「他人の評価 x 仕事の成果」

学生時代、こんな人は回りにいませんでしたか?   試験の朝、 「俺、め …

オレの方がすごい?「優越感シンドローム」

ある程度キャリアのあるプロフェッショナルなら、 誰しも、自分自身の仕事や能力にプ …

「火事場の馬鹿力」を操る!?

切羽詰まったとき、 追い込まれたとき、 人は、思いもよらなかった力を発揮し、 周 …

自分の本気度は、ことばではなく、行動で証明する。

やりたくないことはやらない。   今、やりたくないと感じることは、やり …

旅立つ若者たちに、伝えておきたい3つのこと

大学の卒業ライブが終了し、 いよいよ卒業生たちを送り出すときがきました。 &nb …

数字じゃなく、「ひとりひとりの顔」に想いを馳せる!

ご存じのように、昨年12月から、 「365日毎日メルマガ宣言」をし、 毎朝10時 …

常に最善を期待する

アマチュアだから。 学生だから。 新人だから。 そんな手加減がないのが、 私の、 …

この子、「化ける」かもしれません。

歌が本格的にお仕事になる前、 CMや映画などの音楽プロデューサーのアシスタントを …

時間の密度を高める集中のコツとツボ

作品をつくりあげるとき、 制作現場で、 そして、トレーニング、練習、リハーサルで …