大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

まず、自分の出音(でおと)をちゃんとせい。

   

トレーナーズ・メソッド、リズム編のテキスト制作中にて、
古今東西のドラマーの名演や、
レクチャー映像の数々をサーフィンしています。

数枚の写真以外、顔も見たことがなかった伝説のプレイヤーたちが、
あんな曲や、こんな曲を叩いているようすや、
その曲について解説しているビデオを見つけては、
感動したり、興奮したり。

本当に、いい時代になったものです。

調べ方さえ正しければ、
たいがいの情報は手に入ります。

ネットサーフィンのおもしろさは、
どーでもいい情報も、
素晴らしい情報も、
分け隔てなく表示されること。

名だたる名ドラマーの名演が、
ぽろぽろ転がっているかと思えば、
プロによる、その名演の解説&レクチャー映像があって、
器用にマネをしているYoutuberたちがいて、
音楽を楽しんでいる愛好家たちの映像があって。

 

さて。
興味深いのはここからです。

超有名曲ですし、
攻略法みたいのもたくさん出回っています。

ギターなどと違いドラムの場合、
やっていることがすべて見えるということもあって、
プロでもアマチュアでも、巧みにマネして、
それなりの雰囲気で叩いている人はたくさんいます。

しかしね。

さんざん、レクチャー系、叩いてみた系映像を見た後に、
再びご本家の映像を見ると、
もうね、音が出た瞬間に、決定的に違うんです。

問答無用。
一瞬で、すっげぇ〜〜、と持って行かれる。

とにもかくにも、音です。
出音が全然違うんです。

本物のプレイヤーって、
自分の音に、ものすごくこだわります。

ドラマーしかり。ギターリストしかり。
もちろん、ヴォーカリストも同じです。

自分の「音」を極めるのに、
ものすごく時間とお金と労力をかけるものなのです。

いや。
高いセットを買えとか、
ビンテージギターを買えとか、
そういうことじゃない。

今、ここにある機材で、
どうやったらいい音を出せるか。

ドラマーならチューニングや、
スティックをあてる角度や、
そんなことで、自分にとってベストな音はなにかを
徹底的に追求します。

昔、スティーブ・ガッドが来日して、
スタジオにふらりとやってきた、という話を友人から聞きました。

機材どうしますか?セットは変えますか?と、
大騒ぎするスタッフを尻目に、
スティーブガッドは、
スタジオにあった、とてもいい状態とは言えないドラムを
ポンポンポンとチューニングしたかと思うと、
いきなり叩き始めたそうです。

「いやー。そしたらね。もう、ばっちり、ガッドの音なわけよ。」

やっぱり、一流はすごいよ。とその人が、
ひどく感動していたのを覚えています。

ヴォーカリストも同じです。
やれ、ここは、なんちゃらボイスだとか、
ここはこんなテクニックつかって、
こっちはこんな声出して…などと、
小手先のテクニックや、
My マイクにこだわる前に、

まず、自分の出音をちゃんとせい、と。

いい音しない楽器で何弾いたって、
やっぱりいい音しないんですね。

出音がグルーヴの基礎です。

出音がいいかどうかって、
音楽家のスピリッツだと思うわけです。

なんか、久々に、音楽家魂にメラメラと来ている、
今日この頃です。

◆一生に一度、集中的に学ぶだけで、”自分で自分に教えること”を可能にするMTL 12。毎週日曜日10時〜Youtubeにて公開中。
毎週月曜発行中!声に関するマニアックな情報やインサイドストーリーをお届けする無料メルマガ『声出していこうっ』。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, The プロフェッショナル , , ,

  関連記事

「歌いたいっ!」が胸を叩くから。

トレーナーをはじめて、 ずっと大切にしてきたことは、 「昔の自分」のまま感じて、 …

すごいミュージシャンって、ここがすごい。

MTLワークショップ in 東京vol.3の受講生のご感想から。 先日はR&am …

「売れないアーティスト」の回顧録

自分の心がおもむくままに、 なにかをクリエイトすることは、 私の癖のようなもので …

「売れ線狙い」は劣化コピーを生む。

「これ、今、売れてるから、この路線で行こう!」 そんな風に言うおじさまたちが、一 …

とりあえず飛び込め~Singer’s Tips #32~

うまくなったら、バンドやりたい。 いい曲書けたら、音源つくりたい。 自信がついた …

お金、時間、労力、そして愛情をかける

楽器の人たちが機材をそろえるのに使っているお金、時間、労力は、 並大抵ではありま …

「もっと心をこめて歌ってよ」!?

「歌は心」的な話は苦手です。 心をこめて歌おう、 情感たっぷりに歌おうとがんばる …

ネガティブ・スパイラルを抜け出す。

私たちが日常的に心の中で繰り返していることばが、 自らのセルフイメージをつくり、 …

「自分らしさ」、一回置いておきません?

どんなヴォーカルスタイルが「自分らしい」んだろう? 「自分らしい声」って、どんな …

「こんなもんでいいか・・・」の三流マインドを捨てる!

NYのドラムフェアで、テリー・ボジオのクリニックを見たときのことです。 すべての …