大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

音楽は化学反応だ!

   

アマチュア時代から、
数え切れないほどライブをやってきました。

記念イベントのような特別なライブもあったし、
憧れのミュージシャンたちとご一緒したことも、
テレビカメラの入ったライブも、
レコ発ライブも、
大きなホールでのライブも、
ほんの数人しか入らないアットホームなライブも、

野外でのライブもありました。

どんなライブにも思い出はありますが、
実は、会場の大きさや
自分にとってのイベントの重要性とは無関係に、
強烈な印象の残る、
特別なライブというのを
何年かに一度、体験することがあります。

メンバーひとりひとりの心身のコンディション、
その日、その土地、その場所にある「空気感」、
そこに集う人たちが運んでくる「気」、
そして、演奏される音楽の持っている「パワー」。

そのすべてが、
猛烈なエネルギーとなって、
居合わせる全ての人の魂を震わせる。

いわば「化学反応」としか思えない、
奇跡のようなライブ。

 

そんなライブを体験できるから、
音楽はやめられません。

その特別な感覚はカラダの中に少しずつ残って、
自信やエネルギーをくれます。


仕込んでできることではありません。


そして、いつだって、

そんな、化学反応が起きますようにと、
祈るような気持ちでステージに立つのです。

残念ながら、こればかりは説明できません。
再現性もありません。
ただ起きる。
奇跡のようなものです。

 

ひとつだけ言えるのは、

そんな奇跡を体験するには、
もう、ただひたすら、
真摯に、一所懸命、
ライブをやり続けるしかないということ。

中途半端な気持ちで、
テキトーにやるライブでは、
絶対にそんな化学反応は起きないのです。

これは、経験的に感じていることです。

 

・・・あれこれ考えていたら、
猛烈に濃厚接触したくなってきました。

早くライブやりた〜〜〜いっ!(叫び)

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, Live! Live! Live!

  関連記事

自分というエネルギーを全身全霊で表現するのだ。

声はエネルギー。 だから、自分という人間のエネルギーを全身全霊声にして、 聞く人 …

「譜面台を立てるか、立てないか問題」を考える。

「譜面台を立てるか、立てないか問題」は、 これまで、さまざまなところで 語ったり …

「上達」は、いきなりやってくる。

スポーツジムなどでトレーニングを受けると、 「今日より明日、明日より明後日という …

言い切ったもんが勝つ。 そして、言い切れるやつは本気でカッコいい。

「自分を信じる力を才能という」 かのジョン・レノンの名言として、 とある雑誌で紹 …

正しい「シャウト声」の出し方!

高校時代の自分のバンドのライブ音源という、 恐ろしいものが存在しています。 少し …

あぁ、あこがれの「ビッチ感」

人にこう見られたい、というイメージと、 実際の自分自身が人に与えるイメージに開き …

「プロ」「アマ」という線引きは、 もうそろそろ卒業したい。

「俺なんか、ただのセミアマだからさー」。 高校時代に、 一緒にバンドをやっていた …

どんなときも「本気」が試される。

“MTLネクスト・エッセンシャルズ”、終了いたしました。 …

「自分基準」を育てる。~Singer’s Tips #3~

「本当に実力がある人」って、 今、自分が何をしているか、 確実に理解しているもの …

生(リアル)な音、ください。

溝が浅くなるまで、繰り返し聞いたレコード。 ぼろっぼろになるまで、使い込んだ歌詞 …