大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「オーツキ社長、いらっしゃいますか?」

   

「オーツキ社長、いらっしゃいますか?」

最近、こんな電話が会社の方によくかかってきます。

 

私は集中して仕事しているときに、
いきなりかかってくる、
この手の営業電話が本当に苦手です。

なんかね、夢の中で、
気持ちよく氷の上を滑るようなイメージで前に進んでいるときに、
いきなり誰かに頭からお湯をぶちまけられて目が覚める、
みたいな、不快感を感じるのです。

本当に用事のある仕事関係の方は携帯に電話をくれますから、
会社の電話は95%以上が営業電話。
出なきゃいいんでしょうが、
それでも5%は本気のお問い合わせ電話だったり、
名刺交換したお仕事関係の方だったりするので、
そうもいきません。

これでも、思いきり感じよく電話に出るように努めています。
(ちょっとウソ)

先方が「御社のHPの方を見せていただきまして・・・」
とはじめた瞬間に、心の中で悪態をつき、
(いやいや、相手も仕事!冷静に。)
と自分に言いきかせるわけですが、

まぁ、たいがいが
「御社のHPのSEO対策に関してご提案させていただければと。」
「御社の携帯電話のプランをお得にできるのですが。」
という「余計なお世話」系。

次いで、
「『社長の●●』というページを運営しておりまして、
つきましては是非、オーツキ社長の方にも出ていただけないかと。」
みたいな「怪しい」系。

「テレビ●●なのですが、
『カラオケXXXX』という番組にご出演いただける方を探しておりまして。」
という「謎のギョーカイ」系。

そして、ついさっきもかかってきたんですが、
「当社で研修していただける講師の先生をさがしていまして。」
という「一見きちんとしてる」系。

もちろん、ちゃんとお話を聞いた方がいいかな?
と思う案件もゼロではないのですが、
ハッキリ言ってこの時代、
きちんとしたお仕事のオファーが、
いきなり電話でくることは、まずありません。

弊社のHPには「お問い合わせフォーム」を設置してありますから、
どなたかの紹介があるという方以外、
ちゃんとした形のお問い合わせやご依頼は、
みなさま、そちら経由でくださっています。

カチンときながらも、そんなときは丁重に、
「弊社、そう言ったサービスは結構でございます。」
などと、さらっと電話を切ろうとするわけですが、

こちらに相づちを打たせないように、
機関銃にようにたたみかけてくる相手もいます。

「結構です」と言った瞬間に、
「え?本当ですか?そうなんですか?」と、
こちらの興味を引き出そうと必死になる相手もいます。

みんな共通して言えるのは、
なんとかアポを取って、会おうとするところ。

いわゆる”A toe in the door”(ドアにつま先をねじ込む)という、
セールスマンの常套手段なのでしょうが、

もう、こうなってくると、
相手にするのも面倒なので、
「HPの方にお問い合わせフォームがありますので、
そちらの方から、一度詳しいサービスの内容を送ってください。」
と事務的にお答えすることにしています。

それで、サービス内容を送って来る人は、100%いません。

すごいでしょ?100% です。

 

私にそう言われた瞬間、ゲームオーバーを悟るんでしょう。

「弊社は対面で資料をお見せしながらお話する形を取っており」みたいなことを言って、
ほとんどが、さっさと電話を切ります。

いやー、しかし、今日の相手は、もっとあかんかった。

私が「問い合わせフォーム」のことを口にした次の瞬間、

「あーなるほど。
あの、一応伺いたいのですが、
御社は従業員数2名様以上の規模で事業をされていますか?
実は以前連絡が取れなくなるというトラブルがありまして・・・」

などと言い出したんですわ。

そんなこと、ちゃんとHP見りゃぜんぶわかるはず。
っていうか、そんなことも調べないで、
電話をかけてくる営業は本気でやばい。

先方としては、
「おまえんとこなんか、相手にしてないって。」
とでも言いたかったのでしょう。

アホか。

私はオトナなので、にっこり笑って、
「あ、そんな規模の会社ではございませんよ。」
と電話を切った訳ですが(たぶんウソ)
なんか、ムカつきましたわ。
そいつの口の利き方に。

ま、こうやって「ブログに書いたろ」って思うくらい、
怒りのエネルギーはいただけたわけですから、
よしとしますか。

そこのあなた、電話営業は、もういい加減やめませんか?

でもって、どうせ電話営業雇うなら、
少しはまともに話を聞いてみたくなるような人を雇って、
まともに教育しませんか?

でないと、電話代とお給料の両方の無駄遣いですよ。

あー。ムカつく。

◆【ヴォイトレマガジン『声出していこうっ!me.』】
ほぼ週1回、ブログ記事から、1歩進んだディープな話題をお届けしているメルマガです。無料登録はこちらから。バックナンバーも読めます。

 - B面Blog, Life

  関連記事

「まったくおなじ音」は2度と出せない?~SInger’s Tips #19~

長年歌をやっていて、 もっとも難しいと感じることにひとつに、 「おなじ音をおなじ …

no image
「情報」は量より質!

私はボイトレや声、カラダに関する本など、 気になるものを定期的にどかっと大人買い …

「正しく気づけない」から上達しないのだ

「神は細部に宿る」と言われます。 細部の大切さは誰もがわかっているはずなのに、 …

声の変化と向き合う vol.2〜変化を受け入れ、味わい、楽しんだものが勝ち

「声の老化」についての第2回です。   第1回は、年齢を免罪符にせず、 …

基本の「き」

なんか、フェイクがばしっと決まらない。 どうも、歌詞がカミカミになる。 いやはや …

「上達」は、いきなりやってくる。

スポーツジムなどでトレーニングを受けると、 「今日より明日、明日より明後日という …

リミッターをぶっ壊せ。

「MISUMIさんがこれまで味わった挫折ってなんですか?」 先日、とある方にこん …

「歌いたいっ!」が胸を叩くから。

トレーナーをはじめて、 ずっと大切にしてきたことは、 「昔の自分」のまま感じて、 …

「大きい音」を扱うのって、テクニックがいることなんですぞ。

「ラウドな音楽をやっている」と言うと、 デリカシーのない、 雑な演奏をしていると …

「人生のピーク」なんて、死ぬまでわからない

世界的に活躍し、海外の大きなホールでコンサートなども行ったことのある、 ミュージ …