大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

ニッポンの女子力!

      2024/05/19

今日は、Show-Yaがプロデュースする、”Naon No Yaon”に行き、日本を代表する女性ロッカーたちの変わらぬ勇姿を見て、たくさんの勇気をもらってきました。

日本の音楽業界って、意外なほど狭い。
まして、ある世代以上の、ロックミュージシャンともなると、直接的、間接的に、なんかしらのご縁があるもので。

今日のステージにも、KIMICOKOの同士、山田直子はじめ、先日13年ぶりの再会を果たしたプリプリの渡辺アッコちゃん、同じくプリプリのきょんちゃん、何度かコンサートやイベントで同じステージに立ったSHOW-YAの寺田恵子ちゃんや、SANGO、何曲かレコーディングに参加した相川七瀬ちゃんなどなど、懐かしい顔ぶれ目白押し。

「追悼」コーナーで、かつてサポートでツアーをご一緒させてもらってた葛城ユキさんの”ボヘミアン” を恵子ちゃんが歌った時は、じーんとして、空を見上げてしまいました。

今年になってミュージシャンモード、音楽家モードのスイッチが入る機会がめちゃくちゃ増えていて、そのたびに、いろんな光景や音、カラダの感覚がフラッシュバックします。

個人的には、「こんなすごいお仕事しましたよ」とか、「有名人とお友だちなんですよ」みたいなことをSNSで書き散らかすのは、バカに見える気がして好きじゃないのですが、バキバキにライブやレコーディングの仕事をしている頃にSNSが存在してたら、きっと私も、こんな人とお仕事したとか、こんなステージに立ったとか、嬉しくて毎回書いてだろうなぁと、かつてお仕事をご一緒した名だたる人たちの顔を思い浮かべて、ニヤリとした夕べ。

それぞれの戦いを戦うカッコいい「ナオン」たちの姿に、誇らしげな気持ちになったり、負けちゃいらんないわと思ったり。

よき時間でした。
Thanks♡

 - Life, MISUMIの日記&メッセージ, My History

  関連記事

「信じる勇気」を持てますか?

さまざまな現場で、さまざまな人と出会い、 教えてもらったことは本当にたくさんあり …

とりあえず、「ムカついたら怒る」

音楽のお仕事をしていると、実に数多くの人と接する機会があります。   …

だから、嫌いなものは嫌い!

人の価値観はそれぞれです。 高くても、無理しても、 お気に入りのバッグを買いたい …

スポットライト

大学3年の時、18段変速の自転車を手に入れました。 舗道でも、車道でも、山道でも …

音楽を「職業」にしないという選択

若い頃から音楽を志して、寝る間も惜しんで練習や創作、 ライブ活動に打ち込んで来た …

大どんでん返し!?

『宇宙戦争』というSFの父、H・G・ウェルズの名作小説があります。 ネタバレを承 …

集客ってどうします?

SNSどころかインターネットもなかった時代、 バンドの集客って、一体全体、 みん …

空白の美学

「アマチュアはね〜、ソロ弾いてっていうと、 全部音で埋めちゃうんですよ。 弾かな …

カラダと仲直りする。

“30 Days of yoga”というYoutubeの …

人生の値段、おいくらですか?

おとなになってから、自己投資をいくらしたかが、その人の価値を決める。 そんなこと …