大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「ペンは剣よりも強し」は、死語なのか?

   

ヴォイトレを担当している若者たちと話していて、
なにが驚くと言って、
物を書く習慣があまりにないことに、本当にびっくりします。

日記をつけている20代女性の割合は
18%程度と言うことですから、
まぁ、100歩ゆずって、日記はつけないにしても、
「手帳ぐらい、つけてないの?」
と聞いても、答えはNO.

紙の手帳はおろか、スマホですら、
なんの記録も残していないというので、
そっかぁと、なんだか淋しくなってしまいました。

え?みなさんもそうですか?

自他共に認める書き魔である私は、
小学校1年生で日記、6年生で手帳を書き始めてから、
手帳とノートとペンは手放したことがありません。

その日にあったこと、
その時に頭に浮かんだことば、
その刹那に心を占めた思い。。。

手帳に、日記用の大学ノートに、歌詞ノートに、そして10年日記に。。。
私にとって書くことはごはんを食べることと同じようなものでした。

ことばは生き物ですから、
その刹那、その瞬間にとらえなければ、
手の届かないところに逃げていってしまいます。

だから、電車のホームで歩きながら、
バスのつり革につかまったまま、
ことばを書き付けたことも、
すぐそばのcafeに飛び込んで、
何時間も書き続けたこともあります。

まぁ、あんまり誉められたことではありませんが、
授業をそっちのけで、大学ノートにびっちり、
思いをぶちまけ続けたこともありました。

あるときには、大学ノート1冊を、
一日で使い切ったこともあります。

先日、作家のジョン・キムさんが、
「誰かと会って話をしたら、
15分以内に振り返りをノートに書き付ける」と話していましたが、
そのくらい、時を移すと逃げて行ってしまう、
大切な情報が山ほどあるわけです。

10代の、毎日が特別なことで彩られた大切な時間。
SNSをやっていることで、
なにか記録を残していると感じているのかもしれないけれど、
内に向かう思いと、外に向かう思いは、全然違うもの。

もちろん、書いたからといって、
時を閉じ込めることはできませんから、
書くことなんて意味を感じない、と言われてしまえばそれまでですが、

ノートって、
必要な時に必要なことばを取り出してながめたり、
大事な思い出を解凍して味わったりできる、
冷凍庫のようなもの。

年を重ねるほどに、
10代、20代の本当に多感な頃に、
書くと言う習慣を持っていてよかったと思うことばかりです。

ペンは剣よりも強し。

スマホやPCとペンとでは、
脳にアクセスするプロセスが全然違うと感じるのは、
私たちの世代くらいまでなのかもしれないけれど、

できごと、思い、ことばを記録するということの価値は、
メディアが変わっても変わらないはず。

そんなことも、少しずつ伝えて行かれたらいいな。

◆基礎力がないわけではないのに、歌の評価が上がらない。思うようにキャリアアップできない。ワンランク上の世界で認められない・・・。そんな悩みを抱えるシンガーたちのための中上級者向けワークショップ、MTLネクスト。2021年2月に第2期を開講!

 - B面Blog, Life

  関連記事

あぁ、時は不思議に巡るのです。

「MISUMIちゃん、日本にもいい音楽いっぱいあるよ。 たまには、日本の音楽聴い …

「心」じゃなくって、「耳」で聞くのだよ。

こんなことを書くと、また誤解されそうですが・・・ 音楽ファンや愛好家はともかく、 …

練習するのは、全てを忘れるため

「テクニックなんかどうでもいいんですよ、歌は。」 ピッチだ、リズムだ、表現力だと …

「やりたい」から、やる。以上。

やりたいと思ったら、もうできる気しかしなくなる。 こどもの頃からの、私の思考のク …

変化は必然。

業界のお仕事が長いせいか、 はたまた海外生活を経験したせいなのか、 変化に対する …

なんで、「できる」って言っちゃうんですか?

まだ小学生の頃だったか、 おとなたちが屋外で音楽をかけながら、 パーティーをして …

迷ったら「続ける」、迷ったら「始める」

「今の仕事を続けていても、なんにもならないんじゃないか?」 「この人間関係を続け …

不満から目をそらさない。 絶対、そらさない。

大学を卒業して、今で言うフリーターをしながら、 音楽学校に通ったり、 ダンスレッ …

「 自己評価 x 体感努力量 」vs.「他人の評価 x 仕事の成果」

学生時代、こんな人は回りにいませんでしたか?   試験の朝、 「俺、め …

Keep on Dreaming!〜夢を叶える決意

エアロスミスのヴォーカリスト、 スティーヴンタイラーがステージでこう叫びました。 …