大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「一緒にバンドやってくれませんか?」

   

「自分、なんでバンドやらんの?
ワシ、自分の歌、ごっつええ、思うで」

人生を変えるひと言というのは、
特別なシチュエーションで語られることば、
特別な人が語ることばとは限りません。

最適なタイミングで、
すとんと落ちることばに出会う。
神様のメッセージなのかもしれません。

音楽学校に行こうが、
音大に行こうか、
プロの人たちに混じろうが、
特別なことは何も起きない。
行動をする人の前でしか、扉は開かない。

しかしね。
じゃあ、何をすればいいんだ、と。

まわりの人は、みな自分より優秀に見える。
そして、優秀な人たちは、
自分のことなんか、これっぽっちも眼中に入らない。

全然相手にされてないし、
こいつダサいよなと、下に見られている。

なんにも誘ってもらえないし、
声もかけてもらえない。

そんな無価値感に苛まれて、
やめた方がマシだと、逃げ出したくなる。

ここで逃げ出せば、ゲームオーバーです。

実際、私も毎日、やめよう、
今日で最後にしようと、考えていました。

しかし、そんなときに、
あこがれていた同級生から、
冒頭のメッセージを受け取ったのです。

やめるのは、100人に聞かせて、
100人にダメだと言われてからにしろ。
100人に聞かせたのか?
なんでバンドをやらないんだ?
メンバーになってくれそうなヤツなんて、
学校にいくらでもいるじゃないか。
なんで自分から声をかけないんだ?

がつーんと衝撃を感じました。
そうか。
あたしは、まだなんにもやってないんだ。

なんにも行動してないのに、
自分が認めてもらえないって落ち込んで、
ぐだぐだぐちぐち、自分を憐れんでいるだけなんだ。

「魚は食いたい、足は濡らしたくないの猫そっくり」。

大好きなシェイクスピアのセリフが頭の中で無限リピートしました。

「そうして一生をだらだらとお過ごしなさるおつもり? 」

いや。簡単じゃないです。
具体的に、どうすべきかという答えはないんです。

「一緒にバンドやってくれませんか?」ということばほど、
勇気のいることばは、そうはないでしょう。

「え?いやー、君と?」って、困ったように言われたらどうしよう。

そもそも、ひとりもメンバーがいないのに、
「バンドやってください」って、言ったら笑われるんじゃないか?

「バンドって、なにすんの?」って聞かれても答えられない。
何が歌いたいのかもわからない・・・

それでもね。「えいっ!」と心の中でかけ声をかけて、
1歩前に進んでみる。

 

誰だって、自分の心の中に、ひとりぐらいは、
「この人とやってみたい」と思っている人がいるはず。

その人に、声をかけるんです。

どんな人でもいい。
相手が自分を知らなくてもいい。

えいっ!です。

これだけは間違いないのは、
声をかけられて、嫌な気持ちになる人はいないということ。

やる、やらないは、別です。
できない事情はいくらでもある。
だから、断られるかどうかは、フィフティフィフティ。
でも、声をかけると、自分の中で、
何かが大きく前に進みます。

断られたり、失敗したりすることは、
なんにもしないで落ち込んでいる時間に比べたら、
なんてライトで、爽やかなことだろうと、
思えるようになるからです。

欲しいものは、欲しいと声に出してみる。
真っ直ぐに手を伸ばしてみる。

声が、手が、届かなかったら、
次の手を考えればいい。

シンプルなことの中にしか、正解はないんですね。

 

“MTL ヴォイストレーナーズ・メソッド” 〆切間近。
業界トップクラスのメソッドで、圧倒的な結果を出す。ヴォイストレーナーとして活躍されている方はもちろん、ヴォイストレーナーを目指す方、トレーナーという仕事に興味があるという方も。

 - B面Blog, Life, バンド!, 夢を叶える , , , , , , ,

  関連記事

ダメな時はダメ。それでいいのだ。

一昨日から、 書いても書いても仕上がらない記事がありまして。 どうやってもアップ …

ちゃんと寝ろっ!

「えぇええ〜〜っ!MISUMIさんともあろう方が、 今さら、そこですかぁ〜〜〜っ …

「気になる人」。

これから有名になろうという人、 活躍する人に共通の資質は、 「気になる人」である …

「プロ」「アマ」という線引きは、 もうそろそろ卒業したい。

「俺なんか、ただのセミアマだからさー」。 高校時代に、 一緒にバンドをやっていた …

同じ音を、同じ音色、同じ音圧で、 100発100中で出す

人間のカラダは「まったく同じ音」を2回以上出すことはできない楽器。 そんなことを …

シンプルでもいい。複雑でもいい。「生きる」を楽しむ。

学生時代、小笠原の父島という島を、 友人たちと共に自転車を担いで訪れたことがあり …

歌詞が覚えられない?~Singer’s Tips #22~

「歌詞なんか、よく覚えられるね。」 と言う人がいます。 「そこまで真面目にやる必 …

みんな、孤独を戦っているのだ。

人と自分を引き比べることに意味はない。 誰かが、自分と他人を引き比べて、 「どー …

「変」なのか?才能なのか?

先日、とある会社にお勤めの、 才能あふれる、知的な若者とごはんしていた時のこと。 …

音楽家として認められるために大切なこと

昨日は大学の卒業ライブでした。 終了後、旅立つ若者たちに、 「今後活動していくた …