大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

あなたはどのタイプ?ミュージシャンの特性チェック!

   

「ミュージシャンには、3種類いるよね。」
先日そんな話を、アーティストであり職業ミュージシャンである友人としました。

音楽が好きでたまらなくって、音楽を聴くことなしには夜も日も明けない。
暇さえあれば、お気に入りのミュージシャンの曲を、エンドレスでかけまくり、聞きまくる。
そんな、音楽ファン/ロック小僧タイプ。

楽器を触ることが大好きで、片時も手元から楽器を離さない、
暇さえあれば楽器をいじり、練習し、とにもかくにも弾きまくる。
そんな、プレイヤー/ギター小僧タイプ。

そして、曲や歌詞をつくったり、アレンジをしたりすることが大好きで、
気づけば空想の世界に飛んで、曲作りに没頭する。
仕事になろうがなるまいが、とにかく創りまくる。
クリエイター/ソングライタータイプ。

もちろん音楽家ともなれば、誰でも、この3つの要素を複合的に持っているので、
一概に、どのタイプかを決めつけることはできないのだけど、
それぞれタイプによって、明らかに、日頃の音楽との接し方や。時間のつかい方が違って、本当に興味深い。

 

私は、もう間違いなく”クリエイター”です。
プロデビュー前は、練習に明け暮れる”プレイヤー”だったのだけど、
曲をつくりはじめてからは、もうとにかくいつでもどこでも曲を考えてました。

「書く」ということでこのクリエイティビティが満足している時期は、
音楽に対する飢餓感のようなものも薄れる気がします。
今は、また、”プレイヤー”モードに入りつつありますね。

ちなみに、うちのジェフ夫さんは”音楽ファン”。
いや、ロック小僧。
結婚したばかりの頃は、彼があまりにしょっちゅう音楽を聴いているんで、
頭の中を空っぽにして、クリエイトに頭を使いたい私と、ぶつかったこともよくありました。
だってさぁ。寝るときに大音量でローリングストーンズとかかけてたんですよ。
もう、ほんと、無理。

一口に「音楽が好き」と言っても、本当にいろいろあって、
そこを自分で、またはお互いに、気づいて尊重しあえたら、
もっともっとよいものがつくれ、よい演奏ができる。
お互いもっと音楽が楽しめる。
そんな気がします。

あなたは、どのタイプですか?

■本気でうまくなりたいと思ったら、迷わず受けて欲しい。
6日間にコミットして、歌に対する自己肯定感を一気にあげてください。
第10期 MTLヴォイス&ヴォーカルトレーニング。11月開講です!

 - バンド!, 音楽

  関連記事

音楽はドラえもんのポケット

音楽に何を求めるか? 音楽から何を取り出すか? 音楽で何を実現するか? &nbs …

音源はお金を出して買ってくださいね。

レッスンなどで、「歌いたい曲を持ってきてね」というと、 いきなりスマホでYouT …

生(リアル)な音、ください。

溝が浅くなるまで、繰り返し聞いたレコード。 ぼろっぼろになるまで、使い込んだ歌詞 …

バンド世代 vs. カラオケ世代

こどもの頃から楽器を練習している人でも、 自分の楽器以外のことはわからないという …

だから、「でかい声」を出したいわけじゃないのよ。

お年寄りが大きな声で話すようになったら、耳が遠くなってきたことを疑えといいます。 …

ギターの6弦のチューニングは”E”と決まってる?

ギターの弦チューニングは6弦から、EADGBEと、決まってます。 ・・・ん? 決 …

譜面台を立てる時のチェックポイント〜本編〜

さて、お約束どおり、 今日は、自分のための記録の意味も込めて、 「譜面台を立てる …

人は、エネルギーに魅了されるのだ!

「音楽はエネルギー」     そんな風に考えています。 &n …

「一緒にバンドやってくれませんか?」

「自分、なんでバンドやらんの? ワシ、自分の歌、ごっつええ、思うで」 人生を変え …

恋するように、バンドする。

棚卸し週間にて、 これまでにやってきたバンドを ひとつひとつ思い出してみました。 …