大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「R&Bって、お洒落やねん」

      2019/10/30

連日ワークショップの仕込みをしながら、
遠い昔の友との会話を心の中で無限リピートしています。

あれは私が歌の学校に通い始めて半年以上経ったときのこと。

大嫌いだった課題曲たちに、
なんとか合格点をもらうことができ、
歌いたい曲を歌えるフェーズに入りました。

嬉しくなった私は、
当時好きだったクルセイダーズや、
ジェフベックグループの曲を持ち込んだと記憶しています。

 

ところがです。

講師の先生は、どうも私の選んだ曲がお気に召さないようす。

私の持ち込んだカセットテープを、
飛ばし飛ばし聞いたかと思うと、
ガシャリとデッキを止めて、
テープを私の方に押し戻すようにしながら、
不機嫌そうにいいました。

「こういうんじゃなくって、R&Bとか、持ってきてよ」。

ブラックミュージックを得意とするといわれていた方です。
プロフィールにもそんな風に書いてあったと記憶しています。

しかし、クラスにはハードロックを歌っている子も、
フォークソングを歌っている子もいました。

おそらく、私の何かが癇にさわったのでしょう。
人と人なので、それは仕方のないことです。

 

しかし、そう言われて、私は途方に暮れました。

R&Bって黒人さんの音楽のことじゃないのか?
ジェフベックグループだって、クルセイダーズだって、
ヴォーカルは黒人なのに、
一体全体何が違うって言うんだろう?

Googleどころか、インターネットもない時代です。
Youtubeも、Applemusicも、itunesもありません。
R&Bとはなんのか、調べるすべはありませんでした。

 

思いあまって、同期で入学した、
コイワくんに電話をかけました。

コイワくんは関西から、
バンド仲間と一緒に東京で一旗揚げようと上京し、
カッコいい音楽をやっている、
歌もうまくて、なかなかにイケメンな好青年でした。

「ねえねえコイワくん。R&Bってなあに?」
私の唐突な質問に、
コイワくんは面食らったようでした。

「へ?自分、R&B知らんの?」

今思えば、これって、「ロックってなあに?」という質問くらい、
「なに言ってんの?」な質問だったでしょう。

 

困ったような沈黙の後、
コイワくんはこう言いました。

 

「R&Bって、お洒落やねん」。

 

禅問答です。
これではさっぱりわかりません。

「は?なにそれ?」
「だから、アレサとかや。」
「アレサって誰?」
「え?自分、アレサ、知らんの?」

そうして、コイワくんは、
R&Bの代表的なレーベルには、
モータウンと、ハイレコードがあること、

とりあえず、アレサと、レイチャと、オーティス、
それからアンピーブルスを聞くべきであることなどを、
根気よく教えてくれました。

関西圏のミュージシャンたちにとって、
R&Bというのは、まさにソウルミュージック、
関西文化に根ざした音楽であること。

だから関西のミュージシャンたちは、
R&Bに対する愛着も、
こだわりもことさら強いのだということを知るのは、
それから20年ほど経ってからのことです。

 

当時私のまわりにR&Bを聞いている人はひとりもいませんでした。

情報は手に入れたものの、
今度は音源をどうやって手に入れたらいいか、わかりません。

学生ですから、
手当たり次第レコードを買うお金もありません。
(そう、レコードですよ。)
もちろん、お店で気軽に試聴することもできません。
(レコードですからね。)

 

そんなとき、
いつも私が途方に暮れていることを嗅ぎつける父が、
図書館でレコードを借りられるらしい、
ということを教えてくれました。

そこでバイト先にほど近い図書館に行ってみると、
ブラックコンテンポラリーだったか、
リズムアンドブルースだったか、
ちゃんとコーナーがあるじゃありませんか。

 

そこで出会ったのが、
アレサ・フランクリンの『ライブ・アット・フィルモアウエスト』であり、
『You』でした。

それから、毎週のように図書館に通う日々がはじまりました。

グラディス・ナイト、パティ・オースティン、ミリー・ジャクソン、
ポインターシスターズ、パティ・ラベル・・・

手当たり次第持ち帰っては、
カセットテープに録音し(今なら違法コピーと叱られるんでしょうが)、
歌詞カードをコピーして、
片っ端から完コピをしました。

その頃使っていた手垢のついた、
ボロボロの歌詞カードの山は、
つい最近まで捨てることができませんでした。

 

思いがけず、遠い昔に心が旅してしまいました。

 

今もR&Bということばを聞くたびに、
心の中で無限ループする、
「R&Bってお洒落やねん」も、

そのことばを言ってくれたコイワくんも、

図書館の匂いの染みついたレコードたちも、

その後私がはじめてやった、
R&Bばっかりを集めたライブを、
嬉しそうに見に来てくれた父の笑顔も・・・

あれから10年もしないうちに、
みんななくなってしまったものです。

 

時間も人も過ぎ去ってしまうけど、
思い出と音楽は残るのですね。

 

【追記:この記事はブログの不具合で消えてしまった、10月29日の朝書いた記事を、12時間後に記憶をたどって復元したものです。ご了承ください。】


◆2019年11月20日(水)あの名プレイヤーたちの演奏でR&Bテイストを学ぶ!目からウロコのワークショップ。アンサンブル・ワークショップ in 東京 vol.3『R&Bクリスマス』開催!

 - B面Blog, My History, 音楽

  関連記事

「東京って、やっぱりすごいんですか?」

週1回ほど京都の音楽学校で教えていた頃。 よく顔を見るギター科の学生と エレベー …

「弾き語り」は自分の存在感をアピールできる、 最高にクールな飛び道具だ!

カナダはトロントの郊外の、とあるエージェント宅に居候していた時のことです。 週末 …

本物に触れる。 本物を知る人の感性に触れる。

ずいぶん昔のことになります。 親戚の知り合いだったか、 知り合いの親戚だったか、 …

最後は「自分の声」を聞くのだ。

「MISUMIサンはね、 もっと、自分じゃ恥ずかしくって赤面するくらい、 下世話 …

「原体験」こそが自分を動かす原動力

「どんな音楽が好きなの?」という問いに、 アイドルやV系スターの名前を言うことが …

リモートはコミュニケーションのハードルを上げた。

最近、連日のように受ける側として、 オンラインセミナーに参加しています。 学ぶと …

雑草には雑草の生き方があるんでござんす。

芸歴30周年、40周年なんてお祝いをしている人たちが周囲に増えてきて、 ふと自分 …

「営業」なんて、無理!

「あいつは営業がうまいからね」 若かりし頃、 実力もセンスもイマイチのはずなのに …

キーは、歌えりゃいいってもんじゃないんですよ。

カバー曲を歌うとき、 無条件にオリジナルのキーで歌っている人は多いはず。 私自身 …

「慣れる」と「油断しない」の塩梅がムツカシイ。

今日、久しぶりにひとりで買い物に出かけました。 買い物に出たのは文具なのですが、 …