大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「絶対売れる戦略」ってなんだ?

   

ずいぶん前のことになります。

某大手事務所さんが非常に力を入れていた新人がいました。

 

デビュー前から大きなプロモーションプランや、
翌年、翌々年に向けての制作プランもあって、

それなりに予算をドンとつぎ込んで、
大きく売りだそうという意気込みが、
スタッフの方と打ち合わせをするたびに伝わってきました。

もちろん、制作スタッフも超一流です。

ヒットメイカーの作家たちに加え、
サウンドプロデューサーも、
エンジニアも、
ミュージシャンも、
みんな、ぴっかぴか。

声も歌もルックスもバツグンで、
踊りもうまくて、写真映えもするアーティスト。

売るための戦略を知り尽くしているはずの事務所。

一流のクリエイターたちが、
ヒットの法則を駆使してつくりあげた作品。

売れないわけがない布陣です。

あぁ、この子、もんのすんごく有名になっちゃうのね・・・
と、日々わくわくと見守っていました。

 

ところが、です。

あの手この手のプロモーションむなしく、
セールスは伸びないまま。

結局、彼女の次のアルバムがリリースされることはありませんでした。

業界では実によく聞く話。
しかし、彼女をずっとそばで見守っていただけに、
このときばかりは、非常に考えさせられました。

 

戦略って、一体何だろう。

「絶対売れる戦略」を駆使しても売れない人。
たいした戦略を立てなくても、ぐいぐい売れていく人。

これを「アーティスト力」と片付けるのは簡単です。

しかし、世の中には、
誰が聞いても素晴らしい声で、
ルックスも曲も人柄もばっちりの売れない人というのが、
嫌と言うほど存在している。

 

では「運」なのか?

もしもそれを「運」と言うなら、
どんな努力も戦略も無駄です。
棚の下で口を開けて、
ぼとりとぼた餅が落ちてくるのを待つ以外、
やれることはないわけです。

それは、なんとも後ろ向きで、
憂鬱になる話ではないか。

 

さんざん考え、たどりついた結論は・・・

売れるための戦略を立てないより、立てた方が、
予算や人材をつぎ込まないより、つぎ込んだ方が、
うまく行く確率は上がるということ。

指をくわえて見ているだけでは、
絶対になにも起こらないということ。

 

チャンスや運に恵まれないなら、
挑戦する頻度とスピードを圧倒的に上げることで、
チャンスや運をつかむ確率は確実に上がるということ。

そして、

アーティストが情熱を持って、
飽きず、腐らず、投げ出さず、
根気よく、根気よく、
やるべきことをやり続けなければ、
けして結果は出ないということ。
もしも、出たとしても、けして続かないということ。

 

最後は信じる勇気。
継続する忍耐力。
何度でも挑戦する覚悟。

そんな力を蓄えることこそが、
「最高の戦略」なのかもしれません。


◆2019年11月20日(水)あの名プレイヤーたちの演奏でR&Bテイストを学ぶ!目からウロコのワークショップ。アンサンブル・ワークショップ in 東京 vol.3『R&Bクリスマス』開催!

 - B面Blog, The プロフェッショナル, 音楽人キャリア・サバイバル

  関連記事

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。 よく言われることばです。 例えば、 ソロを弾 …

人に認めてもらえない3つの理由

趣味で、仕事で、コミュニティで、 認められたいのに、認められない。 自分は認めら …

バッファーをとる

ビジネス用語として最近よく使われる、「バッファー」ということば。 「緩衝」つまり …

「歌の表現力」ってなんだ?

表現力と言うことばを聞いたことがあるでしょうか?   「彼はテクニック …

ヴォイストレーナーという仕事

自分にできないことは教えられない。 いろいろな考え方があるでしょうが、 私は、歌 …

言わなくていいこと。言うべきこと。

言わなくてもいいことを、 「これはあなたのためだから」と、 上から言う人がいます …

タイムプレッシャーを逆手に取る

「どんなときに名曲が生まれるんですか?」 というインタビューに、 坂本龍一は、「 …

「努力」なんか好きじゃないっ!

「あなたみたいに、努力するのが好きな人のマネはできないわ。」 一緒にお仕事をやっ …

カツゼツッ!!!

普段はほとんど興味のないテレビですが、 さすがに昨今、 ニュースくらいは見ておか …

リズムが悪いんじゃない。カツゼツが悪いんだ。

昨夜、ヒップホップグループN.W.Aの伝記的映画、 “Straigh …