大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

すべては「可能」であり、「正しい」は自分が決めるのだ。

   

「クラシック」という音楽のイメージに、
ヨーロッパ的華やかさと優雅さを重ね、
妄想のおもむくままに、ピアノを志した中学時代。

しかし、クラシックという音楽は、
そう簡単にドアを開いてはくれませんでした。

指の形はこう。こうやって弾いて。
これとこれとこれができないと、次に進めないからね。
この曲を弾くには、こっちの曲が終わらないとダメなのよ。
音大行きたいなら7才くらいまでにピアノはじめなくちゃ無理よ。
あなたは指が短いから、この曲は弾けないわね。
この年からだと、聴音できるようになるのは難しいわね。
・・・etc.etc.

 

時代もあるでしょうが、
とにもかくにも、
「これが正しい」と「あなたには無理」の壁が、
高く高く立ちふさがっていました。

 

ロックにどんどん傾倒していったのは、
そんな壁に嫌気が差し始めた頃。

だって、ロックには、
「これが正しい」も「お前には無理」もなかったからです。

 

好きな曲から弾けばいい。

自分が弾きたいように弾けばいいし、
歌いたいように歌えばいい。

弾きづらいなら弾きやすいように曲を変えればいい。

やりたい曲がないんなら、自分でつくればいい。

楽器が自分の手に合わないなら、
手に合うように楽器を選んだり、変えたりすればいい。

楽器は何色だっていいし、
何なら、どんな形をしていたっていい。
チューニングだって、どうやったっていい。

叫んだって、囁いたって、うめいたって、
キレイな声だって、汚い声だって、なんだっていい。

どんな髪型だって、化粧だって、
なにを着たって、
なんならなんにも着なくたっていい。

すべては「可能」であり、
「正しい」は自分が決めるのだ。

ロックのルールは、私のような反逆児にぴったりでした。

 

自分が弱っていると、ふと、
このルールから逃げ出したくなるときもあります。

誰かが決めた「正しい」を追いかけて、

これを着て、
こう話して、
こう振る舞って・・・と、
マニュアル通りにしていれば、
安心領域に身をおけるのにと、
葛藤に苦しむこともあります。

 

「正しい」を振りかざす人に心傷つけられて、
道に迷うこともあります。

 

しかしです。

 

ロックに生きる私たちが、
「自由」の恐怖と戦っているように、

「正しい」を振りかざす人たちだって、
自分たちを守ってくれる「正しい」という檻の中で、
がんじがらめになって、身悶えしながら生きている。

どちらがしっくりくるか。
どちらを心地よいと感じられるか。

最後は、自分が選ぶこと。決めること。

 

すべては「可能」であり、
「正しい」は自分が決めるのだ。

 

私は、当分、このロックのルールで行こうと思います。

◆2019年11月20日(水)あの名プレイヤーたちの演奏でR&Bテイストを学ぶ!目からウロコのワークショップ。アンサンブル・ワークショップ in 東京 vol.3『R&Bクリスマス』開催!◆MISUMIからの無料ビデオレターのお申込はこちらから↓
最初の一歩を踏み出せないでいるあなたへ、5日間のメッセージ。

 - B面Blog, Life, 音楽

  関連記事

「変」なのか?才能なのか?

先日、とある会社にお勤めの、 才能あふれる、知的な若者とごはんしていた時のこと。 …

「雰囲気」とは身にまとうもの

「わかってないなぁ。 ああいうスキャンダラスな雰囲気、お前、出せるわけ?」 &n …

音ジャンク vs. 音グルメ

先日、お友達の某有名ドラマーKさんとお話していた時のこと。 レコーディングの際の …

現実が自分にフィットしないときに、 なぜ、自分を合わせに行こうとするのか?

生涯を共にできるようなメンバーになかなか巡り会えず、 日々バンドの人間関係に悩ん …

パフォーマーなら「好かれたい」自分を恥じない!

人前で歌う、演奏する、演じる、など、 パフォーマンスをする人は、いわゆる人気商売 …

「感覚の違い」を教えることが、一番難しい。

家の近くのチェーンで有名な定食屋さん。 最近、どうもようすが変わってきました。 …

「できない」と言える「自信」を育てる。

レコーディングのお仕事に 呼んでもらうようになったばかりの駆け出しの頃。 スタジ …

no image
安心領域から出る

「自分の年収は親しい友達10人の年収の平均だ」という説があります。 親しい人とい …

みんな、孤独を戦っているのだ。

人と自分を引き比べることに意味はない。 誰かが、自分と他人を引き比べて、 「どー …

「売れないアーティスト」の回顧録

自分の心がおもむくままに、 なにかをクリエイトすることは、 私の癖のようなもので …