大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

すべては「可能」であり、「正しい」は自分が決めるのだ。

   

「クラシック」という音楽のイメージに、
ヨーロッパ的華やかさと優雅さを重ね、
妄想のおもむくままに、ピアノを志した中学時代。

しかし、クラシックという音楽は、
そう簡単にドアを開いてはくれませんでした。

指の形はこう。こうやって弾いて。
これとこれとこれができないと、次に進めないからね。
この曲を弾くには、こっちの曲が終わらないとダメなのよ。
音大行きたいなら7才くらいまでにピアノはじめなくちゃ無理よ。
あなたは指が短いから、この曲は弾けないわね。
この年からだと、聴音できるようになるのは難しいわね。
・・・etc.etc.

 

時代もあるでしょうが、
とにもかくにも、
「これが正しい」と「あなたには無理」の壁が、
高く高く立ちふさがっていました。

 

ロックにどんどん傾倒していったのは、
そんな壁に嫌気が差し始めた頃。

だって、ロックには、
「これが正しい」も「お前には無理」もなかったからです。

 

好きな曲から弾けばいい。

自分が弾きたいように弾けばいいし、
歌いたいように歌えばいい。

弾きづらいなら弾きやすいように曲を変えればいい。

やりたい曲がないんなら、自分でつくればいい。

楽器が自分の手に合わないなら、
手に合うように楽器を選んだり、変えたりすればいい。

楽器は何色だっていいし、
何なら、どんな形をしていたっていい。
チューニングだって、どうやったっていい。

叫んだって、囁いたって、うめいたって、
キレイな声だって、汚い声だって、なんだっていい。

どんな髪型だって、化粧だって、
なにを着たって、
なんならなんにも着なくたっていい。

すべては「可能」であり、
「正しい」は自分が決めるのだ。

ロックのルールは、私のような反逆児にぴったりでした。

 

自分が弱っていると、ふと、
このルールから逃げ出したくなるときもあります。

誰かが決めた「正しい」を追いかけて、

これを着て、
こう話して、
こう振る舞って・・・と、
マニュアル通りにしていれば、
安心領域に身をおけるのにと、
葛藤に苦しむこともあります。

 

「正しい」を振りかざす人に心傷つけられて、
道に迷うこともあります。

 

しかしです。

 

ロックに生きる私たちが、
「自由」の恐怖と戦っているように、

「正しい」を振りかざす人たちだって、
自分たちを守ってくれる「正しい」という檻の中で、
がんじがらめになって、身悶えしながら生きている。

どちらがしっくりくるか。
どちらを心地よいと感じられるか。

最後は、自分が選ぶこと。決めること。

 

すべては「可能」であり、
「正しい」は自分が決めるのだ。

 

私は、当分、このロックのルールで行こうと思います。

◆2019年11月20日(水)あの名プレイヤーたちの演奏でR&Bテイストを学ぶ!目からウロコのワークショップ。アンサンブル・ワークショップ in 東京 vol.3『R&Bクリスマス』開催!◆MISUMIからの無料ビデオレターのお申込はこちらから↓
最初の一歩を踏み出せないでいるあなたへ、5日間のメッセージ。

 - B面Blog, Life, 音楽

  関連記事

どうして私はがんばれない?

「なんか、最近、がんばれないんですよ〜。   がんばらなきゃいけないの …

「変化」を恐れずに生きる

10代の頃は、10代のうちに死にたいと思っていました。 10代が一番美しい。 穢 …

人は、他人のにおいに「敏感」かつ「不寛容」なもの。

「角の○○さんのご主人、若い頃はカッコよかったのよ。 ハワイアンバンドにいたらし …

つながらない!

振り返れば、一昔前まで、 人と「つながる」にはそれなりの努力がいりました。 親子 …

ロック?メタル?ハードロック? (1)

ニューヨーク時代、久々にダイアナ・ロスが聴きたくなって、 タワーレコードへ出かけ …

ありがとう

2017年も間もなく終わろうとしています。 みなさんにとって、2017年はどんな …

「いいね」が消えた日。

他人の評価なんか気にするな。 自分で自分をどう思うかが大切なんだ。 数字のゲーム …

アチチュードが、結果をつくる。

なにから始めたらいいかわからないなら、 憧れの人がやっていることを観察して、マネ …

「初めて」が「自分の基準」になる!

オーディションなどの審査をするとき、 最初に出てきたパフォーマーが、まずは採点の …

「真っ白な灰」に、なりますか?

リングの上で真っ白な灰になった、『あしたのジョー』。 命を賭けられるほどのものに …