大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「それは、MISUMIさんが無理だって思っているからです」

   

後に圧倒的な成功を手にすることになる、
ある若き女性と、
食事をしていた時のことです。

めちゃくちゃインドアな雰囲気なのに、
不思議なほど生活感がない彼女。
物静かな彼女との会話に詰まって、
こんなことを聴きました。

「Lちゃんって、普段何しているか想像できないな。
お仕事じゃないときって、どんなことしてるの?」

Lちゃんは心外だとでもいうように、言いました。

「えー。そうですか?普通に旅行とか、好きですよ。
この間もスイスにひとりで行ってきました」

私もたいがいひとりで海外旅行をしてきましたが、
基本は都市部を歩く旅ばかり。

彼女の口から、
アウトドアなイメージの「スイス」という国の名前が出たことが、
なんだかとても意外でした。

まぁ、スイス=アウトドアと感じちゃったのは、
私の偏見かもしれませんが・・・

 

「えー?スイス?スイスでなにするの?」

「普通にアルプスとか登りました」

「うっそぉ〜。Lちゃんがリュックとか背負って登山しているなんて、
まったく想像できないわ」

「そんな格好しません。私、パンプスで登ったんです」

は?
この子、何言ってるの〜?

頭の中に、
がっつり登山服に身を包んだ大柄のヨーロッパ人たちが、
パンプスにワンピースでアルプスを登る、
小さなアジア人の女の子とすれ違って、
怪訝そうな顔で二度見する図が浮かんで、
思わず笑ってしまいました。

「ははは。うっそぉ〜。
パンプスなんかでアルプスは無理でしょ〜?」

そう言った私を、真顔で見つめた彼女は、
ふと目を落とすと、こう言ったのです。

「それは、MISUMIさんが無理だって思っているからです」

 

 

あれから10年。

彼女がどんどん成功して、
スターへの道を駆け上って行くのを目の当たりにするたびに、
彼女のことばが蘇りました。

 

「それは、MISUMIさんが無理だって思っているからです」

 

そして、ワンピースにパンプスの彼女が、
アルプスの山道を、妖精のように、
ひらりひらりと軽やかに登っていく姿が目に浮かぶのです。

あれは、本当だったのかもしれないな・・・。

 

もしも私たちが、
心から信じることなら、
何でもできる、すべて叶う、
世界に住んでいるとしたら・・・。

でもきっと、
「信じよう」と思う時点で、
自分はそれを信じていないわけで。

きっと、自分にとって、
バカみたいにあたり前で、
当然起きるとわかっていることが、
自分が「心から信じていること」。

絶対できる!
やってやる!
とばかりにがんばっても、
やっぱり、がんばる時点で信じてないわけで・・・。

 

だから私は、
アルプスに登るなら、やっぱり、
これでもかというくらい重装備で旅に出る。

 

でもね。
きっと私にだって、あなたにだって、
他の人にとってアルプスみたいに遠いのに、

バカみたいにあたり前に、
当然のように、
軽やかに登れる場所があるはずだから。

ずっと抱えてきた大きなリュックを、
よいしょと下ろして、
お気に入りのワンピースとパンプスで、
あたりを見回してみましょうか。

新しい時間の幕開けです。

◆気づけなかった自分の歌と出会う目からウロコの6日間ワークショップ!【MTL ヴォイス&ヴォーカル レッスン12】第9期のお申込み受付中。
◆ワンランク上を目指すシンガーのためのスーパー・ワークショップ“MTLネクスト”

 - B面Blog, Life, 夢を叶える

  関連記事

言わなくていいこと。言うべきこと。

言わなくてもいいことを、 「これはあなたのためだから」と、 上から言う人がいます …

居心地のいい場所では一生学べないことをアウェイは一瞬で教えてくれる

「一般の人向けの本を出版したいんなら、 一般向けセミナーくらいやらなくちゃダメで …

自分を生きる。 自分を愛する。

日々、たくさんの人と会い、 実にさまざまな事柄をさまざまな角度から、 見たり、聞 …

肉体は変化する

ずいぶん前のことになります。 クラプトンのコンサートのチケットがあるからと、 友 …

「自分の常識は他人の非常識」

「私なんて、ごく普通だから・・・」 という風に言う人は、本当にたくさんいますが、 …

未来の自分を信じる~Singer’s Tips#29~

自分がオーディエンスだったら、 どんなシンガーを見たいか? どんな歌を聴きたいか …

「切り際」で、歌は素晴らしくも、へったくそにもなる。

昨日、「音の立ち上がり」は、 歌い手の声の印象を大きく左右する、 というお話をし …

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。

イケてないプレイヤーは弾きすぎる。 よく言われることばです。 例えば、 ソロを弾 …

何がやりたいかわかんない人に教えるのが一番ムツカシイ。

たいがいの無理難題は受けて立つタイプですが、 レッスンを担当することになって、な …

デモをつくれ!

「音楽の世界で認められたいなら、 とにもかくにもデモをつくれ」と、 音楽学校でも …