大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

SNSは「やりたい仕事が舞い込む仕掛け」?

   

デザイナーのウジトモコさんから、最新刊『SNS X Design 22の法則』をご献本いただき、「おおお、これは!」とばかり、一気読みしました。

「目先のバズりより」自分らしさ
「いいね数より」やりたい仕事が舞い込む仕掛け…

SNSをはじめようとする際に真っ先に考えがちな「バズ」や「いいね」よりも、SNSのゴールを長期的に描いて、自分自身のブランドをしっかりくみ上げれば、「やりたい仕事が舞い込んでくる」!?

そうそうそうそう。わかるわかるわかる。
膝を打ち砕きそうな勢いで叩きながら、一気読みしました。

私自身、SNSって、ネット上に継続的に公開し続けるプロフィールのようなものだと考えています。
だからこそ、等身大の自分自身を表現することの潔さと同時に、美意識や品性や知性をしっかり感じさせる魅せ方にこだわることが大事なのよね、ウジさん?

ところがね、自信や余裕がないと、ついつい自分を大きく見せようとがんばる。
あれこもこれもとがんばりすぎてイタ見えする。
宣伝や広告多めになって、必死感が先に立つ。

ああ、やりがちで胸が痛い。

ふと、駆け出しで仕事が欲しかった頃、先輩ミュージシャンに世間話にかこつけて電話をかけて、「なにかお仕事ください」と営業したとたんに、「営業なんて、らしくないことはやめろ!」と一蹴されたことを思い出しました。

以来、音楽の世界では、一度も営業というものをしたことがありません。
もちろん、事務所に所属していたわけでもありません。

ぶれない。媚びない。本質を高める。
これを間違いなく続けていけば、お仕事は向こうから来るようになります。
それが、ウジさんの言うところの「一貫性」。
そして、「なんとなく感じる雰囲気や空気感」というものでしょう。
後は、ひとつひとつ丁寧に、クオリティの高い仕事をしていくこと。
そうすれば必ず次に、またその次にと、お仕事は繫がっていくようになります。

久々に、初心を思い出しながら、ページをめくりました。
でもって、この本を読みながら、あれこれ自分のSNSを点検したことは秘密です。

これは、これからSNSをはじめる人も、なんとなくやっている人も、いや、これで大丈夫だよね?って思っている人も、絶対読んだ方がいい。

今、本書を予約すると、明日、私がゲスト出演する天狼院Cafeにてのウジさまのオンライン・トークイベントに無料でご招待してくれるとか。

やるなぁ、ウジトモコ。

 - Life, MISUMIの日記&メッセージ, 本, 映画, アート...etc.

  関連記事

音楽環境が人をつくるのか。 人が音楽環境を選ぶのか。

今はもうすっかりおとなの甥っ子が、幼稚園生だった頃の話です。 アニメ関係の仕事を …

「極上の挨拶」は多少の不出来を凌駕する。

夏の終わりを楽しもうと、 愛犬と一緒に郊外のドッグプールに行ってきました。 施設 …

やっぱり私、変態でした。

ちょっと前から自分が、 いわゆる”変態”なのかも?と、 うっすら自覚 …

「は?マスクって、なに?」

数年前にロンドンにひとり旅をしたときのこと。   そもそも旅の準備は周 …

人生で大事なことは、みんなバンドから教わった

バンドって、うまく行ってるときは、 「これほど素敵なものはない!」と思えるくらい …

「一緒にバンドやってくれませんか?」

「自分、なんでバンドやらんの? ワシ、自分の歌、ごっつええ、思うで」 人生を変え …

「表現したい」という欲求は、 それが可能な人にのみ与えられるエネルギー。

「クリエイティビティの源は何ですか?」と聞いたら、 「リビドーですよ」と答えたア …

ホンモノか?ニセモノか?

「あいつはホンモノだよ」 「なんか、あの子、ウソくさいのよね」 一般の人たちがど …

生きるって、信じることなんだ。

何年くらい前のことでしょうか。 世界の舞台で活躍した、某有名シンガーとお話をする …

「初めて」の恐怖を克服する

初めて出かける場所。 初めて会う人。 初めて挑戦すること。 人間は「初めて」にワ …