大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「直感」がすべて。

   

「あ、この人、きらい。」

若い頃から、会った瞬間に、
相手の好き嫌いを決めてしまうようなところがあります。

相手を深く知るほどに、
「あぁ、こんなにちゃんとしている人なのに、
あたしったら・・・」
「感じてたほど、悪い人じゃないじゃん!」
などと思い直して、
ちょっとずつ、相手のいいところにフォーカスできるようになる。

その人と仲良くすることで得られるメリットや、
おつきあいすることで、
繋がることのできる人たちのことを考えたりする。

そうやって、
「おとなのおつきあい」ができるようになってはきました。

しかしです。

そうやっておつきあいしてきた人には、
もうね、必ずといっていいほど、
ものすごく嫌な想いをさせられるんです。

傷つけられたり、
罵倒されたり、
理不尽なことを言われたり。

「え?この人、こんなことしちゃうんだ?」
みたいな、
あり得ないことをされたり。

そうやって、
潜在意識のメッセージを無視したことを、
何度後悔してきたことか。

 

ドキドキすることしかしない。
心の底から好きと感じられる人としか付き合わない。

スピリチュアルなことはよくわかんないけど、
あたしは、そんな直感、
おそらくはどこかからのメッセージを追いかけて、
ずっと追いかけて、ここまで来ました。

そうした負の存在がこの人生に登場することにも、
もちろん意味はあります。

徹底的に傷つけられなければ
気づけなかった自分の弱さに気づかされたり、

負の存在にエネルギーを奪われそうになって、
はじめて自分のまわりには、
どれほど素晴らしいもので満ちているかということを
再確認させされたり。

しかし、しかし、しかし。

大切なのは、ワクワク、ドキドキ。

なんかよくわかんないけど、
この人、好き。
これ、大好き。

そんな「理由付け」できない、
左脳では絶対答えの出ない直感。

直感だけが、
根拠であり、動機であり、
生きる指針のすべてなのかもしれない。

そろそろね。
認めようぜ。

好きなものは好き。
嫌いなものは嫌い。

理由なんかいらない。

That’s it.

第3期(0期から数えて4期目)のインストラクター養成コースの受講生を募集を開始いたします。締め切りは4月末日。詳細はこちら

 - Life

  関連記事

いつでもどこでも、歌あればこの世は楽し。

欧米人の友達に、「あなたは歌ったりしないの?」と訊ねると、 よく返って来ることば …

「今に見ていろこのヤロー」

フリーターで、アマチュアで、 仕事もお金も彼氏もなくて、 地を這うどころか、 地 …

人生で大事なことは、みんなバンドから教わった

バンドって、うまく行ってるときは、 「これほど素敵なものはない!」と思えるくらい …

「腐ったリンゴ」を手に入れる

こんな人と付き合った方が得じゃないか? もっと、こんな音楽をやった方がいいんじゃ …

「どう記録するか」より、「どう記憶するか」

スマホの時代になって間もなくのこと。 こちらが、それはもう夢中で、 なかなかいい …

学習や休養のためのスケジュールを優先的にブロックする

仕事が忙しくなって自由な時間がなくなってくると、 自分が本来取り組みたかったはず …

人生のワームホールに飛び込む

大好きな作家、ロバート・A・ハインラインの小説の中でも、 とびきりワクワク読んだ …

一瞬一瞬を大切に、大切に生きる。

ブログを書くようになって、 日々、自分の過去の記憶をたどっています。 ところが、 …

このレースに勝ちたいか。 そもそもレースに出たいのか。

以前、 「最近の運動会では徒競走の順位がわからないようにしていて、 昔のように着 …

成長痛を抱えて走れ。

今年前半は、 とにかくいろんなことが重なって、 頭の中がパツパツな状態が続いてい …