大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

生きるって、信じることなんだ。

   

何年くらい前のことでしょうか。

世界の舞台で活躍した、某有名シンガーとお話をする機会があり、
心から尊敬の念を伝えました。

私が夢に見ることしかできない景色を、
実際に自分の目で見、全身で感じた人、
羨ましいという感覚さえ麻痺するほどの、
遠い遠い夢を叶えたその人です。

おそらく、数えきれない人たちから、
同じような賞賛のことばを受け取ってきたに違いないその人は、
恐ろしくクールに、こう言いました。

「みんなそう言ってくれるけど
俺にとってはもう終わったことなんだよね。
ひとつの通過点というか。
あれが自分の人生のピークだったとは思いたくないんだ。」

 

「経歴」という言葉に思いをはせる時、
いつも心によぎるのは、
登山道の途中に置かれていた積み石のイメージです。

 

道を歩いた証がひとつ、
またひとつと積み上げられていく積み石。

やがて、その積み上げられた石は、
後を歩く人たちの道しるべになるかもしれない。

先を行く人たちへの、
羨望や憧れのシンボルとなるかもしれない。

しかし、通り過ぎていく人たちにとっては、
そこは、ただの通過点。

立ち止まることもないし、
記憶に残る特別な場所ですらないかもしれない。

ただ石を積んで、通り過ぎただけ。

人生の通過点に過大な意味づけは、たぶんいらない。
後から来る人たちが勝手に評価するだけ。

自分のペースで、
自分の信じる道を、
一歩。また一歩。

ちっぽけな足跡をひとつ、
ちっぽけな石のかけらをひとつ、
残しながら。

飽きることなく。
腐ることなく。
ただ、淡々と。
登り続けるしかない。

きっとね。
生きるって、
信じることなんだ。

 

まだまだ行こう。

第3期(0期から数えて4期目)のインストラクター養成コースの受講生を募集を開始いたします。締め切りは4月末日。詳細はこちら

 - Life

  関連記事

「自分」というジャンルを極める

「らしくあれ」。 女子高生時代、創立者のありがたきおことばとして、 朝礼などで、 …

「どう記録するか」より、「どう記憶するか」

スマホの時代になって間もなくのこと。 こちらが、それはもう夢中で、 なかなかいい …

自分の意見を口に出すことを恐れない

最近、若者たちがお互いに対して優しすぎる、と感じています。 バンドのリハーサルを …

地球の裏側まで、掘って掘って掘りまくる。

「チャンスをつかむこと」や「物事が好転すること」をたとえて、 「扉が開く」と言う …

ねつ造できない感動が、人の心を動かす。

How じゃなく、Why。 このブログでも幾度となく取り上げてきているこの命題は …

「がんばれる」仕組みをつくる

世の中にはがんばれる人と、そうでない人がいます。 がんばれる人からすると、がんば …

「直感」がすべて。

「あ、この人、きらい。」 若い頃から、会った瞬間に、 相手の好き嫌いを決めてしま …

予定調和をぶっ壊せ!

どんなにイケててカッコいい人にだって、 だっさい時代やダメダメな瞬間は絶対あった …

思い込みと勘違いで他人に意見するのは一種の迷惑行為。

何年か前、知り合いの女性ヴォーカリストに、 「私、衣装は全部ネットで買っているわ …

「雰囲気」とは身にまとうもの

「わかってないなぁ。 ああいうスキャンダラスな雰囲気、お前、出せるわけ?」 &n …