大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「本を読もう!」

      2017/10/10

「本読んでる?」

なんだか国語が通じないなぁ、と感じる生徒に出会うと、
思わず言ってしまうことばです。

「音楽やるのにことばは必要ない」とか、
「そもそも勉強が苦手だから音楽やってるの」、
なんて声が聞こえて来そうですが、

残念ながら、どんな道にいても、
本当に優秀な人に言語力の低い人は非常に希。(一部、天才をのぞく)

漢字をよく知っているとか、
古文や漢文がわかるとか、
そんなレベルの話をしているのではありません。

相手の言っていることをきちんと理解できる。
その上で、自分の考えをきちんと相手に伝えられる。

つまり、コミュニケーションの基礎のことです。

簡単なことのようですが、これが意外にむつかしい。
できない。

こちらが期待している答えがなかなか返ってこないわけです。

足りないのはボキャブラリーなのか、
想像力なのか、
瞬発力なのかはわかりませんが、

本を読んでいる子と、そうでない子は、
あきらかに反応の速度や精度に差があります。

「言語の力は思考の力だ。」

こどもの頃、本が嫌いだった私に父が言ったことばです。

「お前はものを考えるとき、どうやって考える?
ことばで考えているだろう?
なんとなく、嬉しかったり、むしゃくしゃしたり、っていうのは感情だ。
思考じゃないよな?
感じていることをことばにする。
そこからはじめて思考が生まれていくんだ。」

怒れるこどもだった私は、なんだかいつもむしゃくしゃしていました。
それを表現するすべがなかったからです。

やがて本と出会い、音楽と出会い、
自分の思いを音やことばで表現することにのめり込んで、
どんどん世界が開けていきました。

10年ほど前に教えていた生徒に、この話をしたことがあります。

数年前、彼と再会したときに、突然、
「あの日、MISUMIさんに言われてから、
オレ、ず〜っと本読んでるんです。すっごい世界観が変わりました。」
と言ってくれました。

「本は著者が何十年もかけて手に入れた英知の集大成だ。
それをたった1000円で手に入れられる。
素晴らしい投資だ。」

これは私の出版の師のことばです。

今の自分の想いを、人に聞かれたとき、
即座にことばにできますか?

現在の状況や、将来への希望を
相手にわかるように、簡潔に説明できますか?

わからないこと、知りたいこと、発見したこと、人に伝えたいことを、
過不足なく、言語化できますか?

少しだけ時間を作って、本を読む。日記を書く。(できれば手書きで)

人生がふわっと開ける
そんな習慣を作ってみて欲しいなぁと思うのです。

 

ちなみに、マンガは、「絵」という情報があることが前提ですし、
雑誌は、あくまでも断片的な情報でしかありません。
やっぱり本です。ちゃんと本。できれば、紙の本がオススメです。

30325711_s

 

 

 - Life, 「イマイチ」脱却!練習法&学習法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

「知ってる」だけで「わかった気」にならない。

「知識欲」こそが「学び」の基本。 「知りたい!」という気持ちが湧かなければ、 あ …

「曲の可能性」をありったけ取り出す

大好きで、よく引用することばに、 世紀の名ピアニスト・ホロヴィッツの 「楽譜は紙 …

「努力」なんか好きじゃないっ!

「あなたみたいに、努力するのが好きな人のマネはできないわ。」 一緒にお仕事をやっ …

マンツー vs. グループレッスン

「歌のレッスンはマンツーマンじゃなくちゃ」とは、 非常によく言われることです。 …

「キミ、グルーヴないね」に悩んだら

少し前に『で、グルーヴって、なんなん?』 という記事を書きました。   …

胸の痛みを抱きしめて進め

やっとの思いでミュージシャンの端くれになって、 少しでも一流といわれる人たちに近 …

起きて見る夢 vs. 寝て見る夢

常日頃、道に迷う若者たちに問いかけていること。 「ぜんぶ可能だったら、なにがした …

ゆっくりやってもできないことは、速くやってもダメ

そんなの当たり前でしょ?と言われそうなタイトルですが、 実は、この当たり前を知ら …

「苦手なことは、時間と共にますます苦手になる」悪循環を断つ3つの方法

人は、得意なこと、適性があることを、 好んでやる傾向があります。 また、自らは、 …

「じゃ、”ハモる”って、どうするの?」コーラス上達法②

さて、昨日の投稿『きみ、ホントに、よくプロになれたよねぇ。』②でも、 紹介したと …