大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自分の名前をGoogleで検索する?

      2024/04/30

今日は著者なかま&朋友、デザイナーのウジトモコさんの新刊『SNS xDESIGN 22の法則』の出版記念イベントに登壇させていただきました。
ウジさんといえば、東京の最先端で大手企業のデザインコンサルタントや、アートディレクション、執筆、教育事業などのお仕事をしながら、離島・壱岐島でのデュアルライフを実現。古民家再生事業やハーブ園なども営む、スーパーウーマン。
彼女と話していると、脳みその使ってない部品がパカァ〜ッと開く感覚があります。
いやぁ、楽しい。

彼女の新刊SNS×DESIGN 22の法則』にも書かれている、「SNSの時代だからこそ、あえて、SNSを追いかけすぎない」「本物のプロフィールをコツコツと積み上げることで、ちゃんと必要な人に見出される人になれる」などを中心に、カメラが回っている時間も、終了後も、それはそれはものすごい勢いでしゃべり倒しました。

いや〜、一流の人と話していると、モヤモヤすることがひとつもなくって、もう、ほんっとに気持ちいい。

「Googleで名前を検索すると、Googleがその人をどんな人として認識しているかわかるって知ってた?」とおもむろに私の名前を検索し出すウジさん。
そしたら、なんと、Googleさん、大槻水澄さんのことを「作家」と認識していることが判明。
なんだ、ちょっと嬉しいじゃないの。

検索を画像に切り替えると、なかなかいい感じで、作家、ヴォイストレーナー、アーティストとしての顔が(あと、YouTuber的な顔もちょっぴり)並んでくれてて、あぁ、いい感じで積み上げられているなとホッとしました。

今日のトークイベントのテーマをひと言で言うなら、「SNSはショーケース」。
店先にあるのは、そのお店の商品のサマリー。
ショーケースだから、飾り付けも、お店に入りやすくする仕掛けも大事だけど、なにより大事なのは、お店の中に何があるか。
並んでいるものに、ちゃんと価値があるか。
そこなんだよね、と。

いつもいつも刺激をありがとう。
今日も脳に美意識と気合いを注入されて帰ってきました。


■無料メルマガ『声出していこうっ!』。
ブログから踏み込んでディープなお話や、セミナーや講座、スクールなどの情報もお届けします。ご登録いただいた方全員に、『朝から気持ちい声を出すためのモーニングルーティン10』をプレゼント。バックナンバーも読めますのでぜひ。ご購読はこちらから。

 - Life, MISUMIの日記&メッセージ, The プロフェッショナル

  関連記事

妄想、体験、疑似体験

「芸の肥やし」ということばもありますが、 さまざまな経験を積むほどに、その人の芸 …

オーディションで、勝ち残る

アーティストやその卵たちのレッスンでは、折に触れ、ここ一番の緊張感に包まれる時期 …

「立ち上がり」が悪いから歌がシャキッとしないのだ

音の「立ち上がり」の大切さに気づいていないばかりに、 イマイチ、歌がシャキッとし …

「自然体」を演出する。

「自然体でステージに立っているようすがカッコいい」 などと評されるアーティストが …

膨大な情報が流れこんでくる日の過ごし方

さまざまな情報が一度に流れこんでくる不思議な日というのが、時折訪れます。 今日は …

出会いの数だけ別れがある

音楽はたくさんの出会いをくれます。 音楽はひとりではできないから。 一緒に演奏す …

「この子は、うまくなるな」と思わせてくれる子

現在、ヴォイトレを担当しているのは、15才〜60才前後。 職業も、アーティスト、 …

声の変化と向き合う vol.2〜変化を受け入れ、味わい、楽しんだものが勝ち

「声の老化」についての第2回です。   第1回は、年齢を免罪符にせず、 …

「いいおとながトラウマと向き合う」

思い出すのもぞっとする、 考えただけで嫌な気分になるようなことが、 人にはいくつ …

「クリエイトすること」はゴールではない

「どんな仕事に携わっていても、何をクリエイトしていても、 大切にすべきことの本質 …