大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「気づけない」から上手くならないってことに早く気づく。

   

中学1年の夏休み、
長年の夢だったピアノを、
やっとの思いで買ってもらいました。

いわゆる音楽の英才教育を受ける人たちは、
3才くらいからピアノをはじめるといいますから、
10年遅れのスタートです。

通っていた女子校でピアノをやっていた子の
誰よりも遅れていたし、もちろん誰よりも下手くそ。

すでに音楽にどっぷりだった私は、
それがもう悔しくて、悔しくて。

「ピアニストは毎日5〜6時間練習するらしい」。

そんなことをどこかで聞きかじったのもあって、
負けてなるものかと、
毎日指にトクホンを貼りながら、
学校から帰るとピアノの前に座り、
それはそれはよく練習をしました。

 

ところで。

ピアニストといわれる人たちの弾く曲は1曲平均4〜5分。
もっと長い曲もたくさんあります。

レパートリーもたくさんあるでしょうから、
集中して練習していれば、
もちろん、4時間5時間はあっという間に経ってしまうでしょう。

対して、初心者の私が弾いていたのは、
ハノン、バイエル、ブルグミュラー・・・
ごく初心者の弾く曲ばかり。
1曲はあっという間に弾き終わってしまいます。

ここで、はて?と悩んだ私。

ピアニストという人は、一体全体、
5時間も6時間も、なに練習しているんだろう・・・?

そこで、私はハノンの1番から20番までを1曲5回ずつ連続して弾くという、なぞのスポ根練習に取り組みはじめました。

ご存じの方も多いと思いますが、
ハノンといえば、指の強化のために
同じパターンを機械的に連続して弾く、
音楽的要素ゼロの曲。
(ハノンに音楽的魅力を感じている人がいたら、ごめんなさい。)

ハノンが嫌いでピアノのレッスンを断念したという人もいるくらい。

しかし、私は、
そうか、ピアニストはこういう練習をするのだ!と、
大発見に有頂天になり、
指や腕の痛みに耐えて弾き続けることにも快感を覚え、
来る日も来る日もハノンを練習したのでした。

 

ハノンはヴォイトレと似ています。
ラララララララララ〜♪
(ドレミファソファミレド〜)と歌い続ければ、
ベーシックテクニックはもちろん強化されます。

しかし、ヴォイトレと歌はイコールではない。

歌いたい歌があるから、
こう歌いたい!というイメージがあるから、
ヴォイトレが生きる。

ヴォイトレをすることが大切なように、
ハノンを練習することだって、もちろん大切です。

しかしね。
それだけやってて、
ピアノが上達するわけないんですよね。

ジャズ好きの父のレコード棚には、
クラシック音楽のレコードなどというものは、
1〜2枚しかありませんでした。

その1〜2枚ですら、我が家では、
プレイヤーにかけられたことはありませんでした。

つまり、「ピアニストになりたい!」とか言いながら、
私にとってのクラシック音楽の世界とは、
全音(ぜんおん)の譜面と、
ピアノのお稽古に集約されていたわけです。

狭っ!

当時の私にとって、ピアニストとは、
「グランドピアノの前でドレスを着て華麗にショパンを弾く人」。

小さっ。

しかもショパンの曲なんて、せいぜい数曲しか知らなかったわけです。
うまくなんか、なるわけありません。

そこに気づけないから、うまくならないんです。

やがて、同じ家に同居していた叔父が、
そんな私の機械的なピアノに飽き飽きしたのか、
「MISUMI、こういうの聞かなくちゃだめだよ」と、
ラベルとドビュッシーの名演ばかりを集めたカセットテープをくれました。
そうそう。ブルグミューラーやショパンの名演もくれたっけ。

叔父のくれたカセットを聴いて、
あぁ、そうかと。

音楽ってものをわからなくちゃ、
練習って何の意味もないんだと。

こども心になにかを発見した頃には、
すでに「ピアニストになりたい」という幻想は、
別の幻想へとメタモルフォーゼをはじめていました。

タイミング、気づき、そして執着。
何かを上達するためには、
この3つがそろっていることが肝心なのですね。

一生ヴォイストレーナーのいらない自分になる。第8期MTL12、10月開講!第8期ご予約で、無料で参加できるダイジェスト版は残席わずか。

 - B面Blog, イケてないシリーズ

  関連記事

「努力」なんか好きじゃないっ!

「あなたみたいに、努力するのが好きな人のマネはできないわ。」 一緒にお仕事をやっ …

「R&Bって、お洒落やねん」

連日ワークショップの仕込みをしながら、 遠い昔の友との会話を心の中で無限リピート …

誤解だらけの「ロック声」。そのシャウトでは、危険です。

ハスキーで、ひずんだ感じの、 いわゆる「ロック声」には、いろいろな誤解があります …

条件が不利な人ほど、熱意がある

優秀なボイストレーナーのレッスンに通い、 思う存分自主練習を積み、めきめき上達す …

「そんなピッチで気持ち悪いと思わない自分をなんとかした方がいいよ」

「ああ〜〜、やめてぇ〜〜、気持ち悪いぃ〜〜〜っ」 音楽がなんとなくわかった気にな …

no image
「一生うまくならない人」

いろいろなところで、「歌は誰でもうまくなる」と書き続けてきました。 今でもそれを …

「歌いたいっ!」が胸を叩くから。

トレーナーをはじめて、 ずっと大切にしてきたことは、 「昔の自分」のまま感じて、 …

「ど〜せ私はイケてない・・・」からの脱却法

学年にひとり、ふたり、いや、クラスにひとりくらいはいたでしょうか? 誰が見ても可 …

「オケ」じゃなくて、プレイヤーの顔のついた「音」を聞くんですよ。音楽って。

年寄り自慢をするつもりは毛頭ありませんが、 (あたりまえ) 一昔前は歌を歌いたか …

「君、あんなもんでいいの?判断基準甘くない?」

「ま、君は、リズム、もうちょっとシビアにがんばった方がいいね」   1 …