大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

「どうせ私の声は人に届かない、私の歌なんか聴いてもらえない」

   

ビデオレターにて取り組んでいただいている課題から。

今日もDay1の課題「自分の歌いたいという気持ちと向き合って、今のあなたの気持ちを自由に書き綴ってください。」からご紹介します。

 


 

私は子供の頃から母親に自分の意見を聞き入れてもらえず、自尊心を傷つけられる言葉を浴びせられて育ってきました。

高校生の時に歌手になりたいと思い卒業後音楽の専門学校に入学しましたが、家庭環境の影響もあり性格も暗く人見知りで、歌も音痴で下手だったので「どうせ私の声は人に届かない、私の歌なんか聴いてもらえない」と感じていました。

専門学校卒業後、ワーキングホリデーでカナダ、オーストラリア、ニュージーランドに滞在し、英語力を磨いた後現在は目標だったニューヨークに住んでいます。

現地の演劇学校に2年通った後、1年間の労働ビザが下りてオーディションを今月受ける予定です。

演劇学校での歌のクラスでも現地のオープンマイクでも私の歌は誰にも聴いてもらえないのではないかとずっと思っていましたが、そもそも聞いてもらいたいよりも先に私は100%で歌いたい、届けたいと思っているのかな?ということにみすみさんの今回のビデオレターで気づきました。

きっと自分の「純粋に歌が大好きで歌いたい」にブレーキをかけてたのは自分自身だったんじゃないかな?と思います。

ニューヨークでの初オーディション、緊張しますが歌えることを純粋に楽しみたいと思います。

ありがとうございました。

 


 

遠い昔の、ニューヨーク時代の自分から来た手紙のような感覚で読ませていただきました。

鳥が鳴くのは求愛活動であると言います。

人が歌うのも、
誰かに自分の存在を認めて欲しいから。
自分はここにいるよと。
愛を求めているよと。

こどもの頃から抱えるトラウマを癒すのは、
そう簡単ではありません。

許すとか、受け入れるとか、
自分を愛するとか・・・

私もたくさん、たくさん試しました。

でもね。
やっぱり難しい。

過去の自分はそう簡単に今の自分を手放してくれません。

 

しかしです。

Everything happens for a reason.

自分自身をそこまで連れてきた、
内なる力、エネルギーは
いつか必ず、人生の理由を教えてくれます。

私自身、どん底の精神状態のとき、
いきなり、目の前がぱーっと開けるように、
「私には声がある。声が私をここまで連れてきてくれたのだ。」という、
悟りに似た感覚が芽生えました。

 

歌は力です。

歌いたいと思う気持ちこそがメッセージ。

 

異国の地で、
外国語を話しながら、
挑戦を続けることの難しさは、
痛いほど知っています。

 

一歩ずつ。
噛みしめるように、進んでくださいね。

You are not the only one.

MISUMIからの無料ビデオレターのお申込はこちらから↓
最初の一歩を踏み出せないでいるあなたへ、5日間のメッセージ。

◆4日間でヴォイトレのすべてを学べる、第8期MTL12、10月開講

 - B面Blog, ご感想, 夢を叶える

  関連記事

前途洋々な若者に思わずアドバイスしてしまう5つのこと

時間は年齢とともに加速する。   噂には聞いていたけど、 そして、20 …

ネガティブ・スパイラルを抜け出す。

私たちが日常的に心の中で繰り返していることばが、 自らのセルフイメージをつくり、 …

世界観を限定するほど、多くの人に刺さる!

先日『THE GUILTY ギルティ』というデンマーク映画を見ました。 あまり詳 …

人生は「パッション」がつくるのだ。

ある時期、心から夢中になって、 一度でも自分のカラダの中を通り過ぎたものは、 自 …

「歌うことをはじめる」はじめの一歩をどう踏み出すか。

「ずっと歌をやりたかった。」 そんな風に思っている人は、数え切れないほどいるよう …

成長痛を抱えて走れ。

今年前半は、 とにかくいろんなことが重なって、 頭の中がパツパツな状態が続いてい …

プロの世界で活躍できる子たちの5つの違い

学年の終わりが見えてくるこの時期、 口には出さないけれど、みんな、心の中で 将来 …

「選ばれる基準」

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」とは、 日本の最高額紙幣に印刷され …

「学び」とは、夢を叶えるためにあるのだ。

「先生はさぁ、こどもの頃、何になりたかった? パイロット〜?それとも、プロ野球選 …

自分自身を幸せにすることなんて、 本当はめちゃくちゃシンプルなことなんだ。

ロンドンに長期滞在したい、という思いは、 もう何年も前からあります。 最低でも半 …