大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自分が生きてきた時間を過小評価しない。

   

誰にでも、自分が取るに足らないと感じるときはあるものです。

傍からは、順風満帆に見えている人だって、

PCに顔を突っ込んで、
SNS上のキラッキラ活躍する友人、
知人の姿をサーフィンしながら、

あー、あたしって、しょぼいなぁ。
この人、かっこいいなぁ。。。と、

自分自身の力のなさにウンザリしたり、
頭打ちと感じられるキャリアにがっかりしたり・・・。

 

そうやって気持ちが弱くなっているときほど、
自分自身を激しくディスる人間に出会ったりもします。

思いあまって人に意見を求めれば、

とんちんかんな助言をされたり、
愛のない訓話をされたり。

そうやって、いろいろ気持ちが一周すると、

結局、自分以上に自分を理解できる人間なんか、
どこにもいない、ということが、
ますますくっきりとわかってきます。

 

「天は自ら助くる者を助く」。

小学校6年生のクリスマス、
サンタクロースから届いたカードに書かれていたことばです。

 

自分と向き合うことから逃げていては、
結局どこにも行かれません。

 

そんなとき、やるべきことは、
自分というコンテンツ、
自分のキャリアという資源の徹底的な棚卸し。

そして、それらに対して正統な評価を下していくという作業。

 

自分自身が生きた歴史、過ごした時間は、
どんなものにも代えがたい、自分自身の圧倒的な財産です。

誰にも奪えない。
誰にも見下したりできない。

「時間」というものの特別さ、大切さは、
絶対の絶対に不変だからです。

自分自身を、自分のキャリアを、
自分が生きてきた時間を、過小評価しないこと。

価値がないと思っていたようなことが、
思いがけない宝物だった、ということもあります。

忘れかけていた自信や自己愛を
取り戻すきっかけをくれたりもします。

 

答えは自分の中にしか見つけられないのですね。
いつだって。

◆世界初のヴォイトレ自己啓発小説、“Lennon〜ボクの声が叶えてくれたこと〜”、無料プレゼント中。詳しくはこちら
◆ ビジネスマンのためのヴォイトレ・ワークショップBizLab(ビズラボ) 開講!詳細はこちら
◆2019年7月7日(日)
MTLワークショップ in 鹿児島 vol.3『ボヘミアン・ラプソディー』開催!

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

人間関係は「見極め」と「覚悟」なのだ。

最近、「あぁ、なんでこの人は、わかんないんだろう。」と、 苛立つことが立て続けに …

走りながら学ぶ。

情報がなかった時代でも、 情報があふれている時代でも、 本物の情報のパーセンテー …

才能ってなんだ?

こどもの頃から、カラダをつかって表現したり、 スポーツで才能を発揮したりしている …

「あたり前」を極める

「自分があたり前にやっていることで、 他の人が絶対にマネできないことに注目しなさ …

「明日っからがんばろう」の「明日」は一生来ない。

「明日っからダイエットしよう」 「明日っから練習がんばろう」 「明日っから早起き …

ひっぱたかれても納得できないことはやらない!

  まだ幼稚園に通っていた頃。 つまりとんでもなく昔のお話ですが。 & …

恋するように、バンドする。

棚卸し週間にて、 これまでにやってきたバンドを ひとつひとつ思い出してみました。 …

「もっとうまくなってから」と言う『完璧主義のぐず』

バンド、どうして組まないの? 「もうちょっと、うまくなってからメンバー探そうと思 …

人生で大事なことは、みんなバンドから教わった

バンドって、うまく行ってるときは、 「これほど素敵なものはない!」と思えるくらい …

ハードでもソフトでもなく、「ヒューマン」ですね。

現在、マジカルトレーニングラボのサイトのリニューアルで、 才能あふれるデザイナー …