大槻水澄(MISUMI) Blog 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自分が生きてきた時間を過小評価しない。

   

誰にでも、自分が取るに足らないと感じるときはあるものです。

傍からは、順風満帆に見えている人だって、

PCに顔を突っ込んで、
SNS上のキラッキラ活躍する友人、
知人の姿をサーフィンしながら、

あー、あたしって、しょぼいなぁ。
この人、かっこいいなぁ。。。と、

自分自身の力のなさにウンザリしたり、
頭打ちと感じられるキャリアにがっかりしたり・・・。

 

そうやって気持ちが弱くなっているときほど、
自分自身を激しくディスる人間に出会ったりもします。

思いあまって人に意見を求めれば、

とんちんかんな助言をされたり、
愛のない訓話をされたり。

そうやって、いろいろ気持ちが一周すると、

結局、自分以上に自分を理解できる人間なんか、
どこにもいない、ということが、
ますますくっきりとわかってきます。

 

「天は自ら助くる者を助く」。

小学校6年生のクリスマス、
サンタクロースから届いたカードに書かれていたことばです。

 

自分と向き合うことから逃げていては、
結局どこにも行かれません。

 

そんなとき、やるべきことは、
自分というコンテンツ、
自分のキャリアという資源の徹底的な棚卸し。

そして、それらに対して正統な評価を下していくという作業。

 

自分自身が生きた歴史、過ごした時間は、
どんなものにも代えがたい、自分自身の圧倒的な財産です。

誰にも奪えない。
誰にも見下したりできない。

「時間」というものの特別さ、大切さは、
絶対の絶対に不変だからです。

自分自身を、自分のキャリアを、
自分が生きてきた時間を、過小評価しないこと。

価値がないと思っていたようなことが、
思いがけない宝物だった、ということもあります。

忘れかけていた自信や自己愛を
取り戻すきっかけをくれたりもします。

 

答えは自分の中にしか見つけられないのですね。
いつだって。

◆世界初のヴォイトレ自己啓発小説、“Lennon〜ボクの声が叶えてくれたこと〜”、無料プレゼント中。詳しくはこちら
◆ ビジネスマンのためのヴォイトレ・ワークショップBizLab(ビズラボ) 開講!詳細はこちら
◆2019年7月7日(日)
MTLワークショップ in 鹿児島 vol.3『ボヘミアン・ラプソディー』開催!

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

「向いてない」んじゃない、「イケてない」んだ。

「お前、無理してそんな歌、歌うなよ。 お前には似合わないぞ。」 「MISUMIち …

言わなくていいこと。言うべきこと。

言わなくてもいいことを、 「これはあなたのためだから」と、 上から言う人がいます …

「好き」を極める。

「好き」にもいろいろあります。 なんとなく好き。 どちらかと言えば好き。 結構好 …

セルフ・プロデュース時代を勝ち抜ける

「事務所に入りたい」 「メジャーデビューしたい」 そんな夢を抱いて、オーディショ …

「明日っからがんばろう」の「明日」は一生来ない。

「明日っからダイエットしよう」 「明日っから練習がんばろう」 「明日っから早起き …

「ケツかっちん」を利用する。

「ライブやりたいなら、とりあえず、小屋から押さえちゃえばいいのよっ!」 &nbs …

「がんばれる」仕組みをつくる

世の中にはがんばれる人と、そうでない人がいます。 がんばれる人からすると、がんば …

ホンモノか?ニセモノか?

「あいつはホンモノだよ」 「なんか、あの子、ウソくさいのよね」 一般の人たちがど …

リスペクトくださいっ!

私の通った女子校には、なんとも不思議な風習がありました。 学校のある駅を降りた瞬 …

「所詮同じ人間」という前提に立つ。

誰かにできて、自分にできないことを、 生まれや育ちの違いのせいにしてしまうのは、 …