大槻水澄(MISUMI)ブログ 『声出していこうっ!』

ボイストレーナー大槻水澄(MISUMI)が、歌、声、音楽、そして「生きること」をROCKに語ります。

*

自分が生きてきた時間を過小評価しない。

   

誰にでも、自分が取るに足らないと感じるときはあるものです。

傍からは、順風満帆に見えている人だって、

PCに顔を突っ込んで、
SNS上のキラッキラ活躍する友人、
知人の姿をサーフィンしながら、

あー、あたしって、しょぼいなぁ。
この人、かっこいいなぁ。。。と、

自分自身の力のなさにウンザリしたり、
頭打ちと感じられるキャリアにがっかりしたり・・・。

 

そうやって気持ちが弱くなっているときほど、
自分自身を激しくディスる人間に出会ったりもします。

思いあまって人に意見を求めれば、

とんちんかんな助言をされたり、
愛のない訓話をされたり。

そうやって、いろいろ気持ちが一周すると、

結局、自分以上に自分を理解できる人間なんか、
どこにもいない、ということが、
ますますくっきりとわかってきます。

 

「天は自ら助くる者を助く」。

小学校6年生のクリスマス、
サンタクロースから届いたカードに書かれていたことばです。

 

自分と向き合うことから逃げていては、
結局どこにも行かれません。

 

そんなとき、やるべきことは、
自分というコンテンツ、
自分のキャリアという資源の徹底的な棚卸し。

そして、それらに対して正統な評価を下していくという作業。

 

自分自身が生きた歴史、過ごした時間は、
どんなものにも代えがたい、自分自身の圧倒的な財産です。

誰にも奪えない。
誰にも見下したりできない。

「時間」というものの特別さ、大切さは、
絶対の絶対に不変だからです。

自分自身を、自分のキャリアを、
自分が生きてきた時間を、過小評価しないこと。

価値がないと思っていたようなことが、
思いがけない宝物だった、ということもあります。

忘れかけていた自信や自己愛を
取り戻すきっかけをくれたりもします。

 

答えは自分の中にしか見つけられないのですね。
いつだって。

◆世界初のヴォイトレ自己啓発小説、“Lennon〜ボクの声が叶えてくれたこと〜”、無料プレゼント中。詳しくはこちら
◆ ビジネスマンのためのヴォイトレ・ワークショップBizLab(ビズラボ) 開講!詳細はこちら
◆2019年7月7日(日)
MTLワークショップ in 鹿児島 vol.3『ボヘミアン・ラプソディー』開催!

 - Life, 夢を叶える

  関連記事

「うまくいかないとき」のことを一生覚えていよう

ときどき、うまく行かなかったときのことを数え上げてみたりします。   …

「可能」を生きる

「一体いつから、できない理由を先に数えるようになったんだろう。 可能性に胸躍らせ …

「弾き語り」は自分の存在感をアピールできる、 最高にクールな飛び道具だ!

カナダはトロントの郊外の、とあるエージェント宅に居候していた時のことです。 週末 …

「認められたい」という思いを叶える方法

「音楽ビジネスって、社交クラブみたいなものなのよ。 一度中に入れば、そこから自然 …

スランプに陥ったとき、やってはいけない3つのこと

スランプに陥ることは、誰にでもあります。 なんだか不調で、何をやっても調子が上が …

「何言ってやがんでぇ」と吠えてみる。

かれこれ10年近く前のこと。 さる著名な文筆家が主催する食事会に参加させていただ …

「自分」というジャンルを極める

「らしくあれ」。 女子高生時代、創立者のありがたきおことばとして、 朝礼などで、 …

「誰かにまかせるなら100%その人を信頼すること」

愛犬の病気と死を通じて、さまざまなことを学びました。 昨年9月、悪性リンパ腫と診 …

一瞬一瞬を大切に、大切に生きる。

ブログを書くようになって、 日々、自分の過去の記憶をたどっています。 ところが、 …

「僕、ミュージシャンでやっていけるでしょうか?」

「僕(私)、ミュージシャンでやっていけるでしょうか?」 という質問に、即座に「も …